スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Hiace Australian TV Commercial (1970) 0'36"

トップページTOYOTAカテゴリーHiace Australian TV Commercial (1970) Toyota Hiace - Australian TV commercial _1970.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代モデルは1967年に登場した。かつてはショートホイールベース(標準ボディ)やトラックもラインナップされていたが、現在は消滅し、ロングとスーパーロングのワゴン、ライトバン、コミューター(マイクロバス)のみとなっている。日産・キャラバンが最大の競合車種。  価格はやや高いが耐久性の高さや、エンジンパワー、積載量が多いことなどで、宅配業をはじめ多くの企業に貨物車として広く用いられる他に、社用車やジャンボタクシー、救急車、送迎バス、寝台車など、乗用目的としても利用されている。

個人ユースでは趣味の道具:競技用オートバイ(ロードレーサー・モトクロッサー)やラジコン飛行機などを輸送するトランスポーター(通称:トランポ)としてよく使われているほか、バニングやキャンピングカーのベース車としても重宝されている。そのため、中古車店の中には「ハイエースの専門店」も存在する。耐久性が高いことから新興国や途上国での人気は特に高い。損害保険協会による保険金支払い事案を対象にした調査結果では、ハイエースは2007年から3年連続で自動車盗難のトップとなっている。

初代 H10系(1967年-1977年)
1967年2月 トヨエースの小型版として、FR方式のキャブオーバーレイアウトを持つ初代モデルのトラック発売。テールビューのデザインは後に登場するY10系トヨエースにも流用される。エンジンはコロナと同じ1.3Lの3P型であるが、コロナの70馬力に対し、ハイエースでは低回転域のトルクを重視した56馬力仕様となっている。

1967年10月 ワンボックスボディーのワゴンを追加。エンジンはコロナと同じ1.5L・77馬力の2R型のみで、9人乗りのワゴンのみ。全幅以外の外寸とホイールベースは以後の4代目とほぼ同じ。ワゴンのリアドアはスライド式ではなく、ヒンジ式。

1968年4月 スライドドアを持つ6人乗りのデリバリーバンを追加。定員は前席3名・後席3名の2列シートで、最大積載量は850キログラム。左のみのリアドアは前述のとおりスライド式で、バックドアは跳ね上げ式とドロップゲート(あおり)を組み合わせた上下2分割式となる。

1969年2月 ホイールベースとリヤのオーバーハングを延ばした15人乗りと、先に発売されたワゴンをベースにした、4列シートの12人乗りのコミューターシリーズ(2ナンバー登録のマイクロバス)を追加。ロングホイールベース仕様が救急車仕様としてトヨタ・救急車の名で発売された(英語で救急車を表す"Ambulance"のエンブレムが付いていた)。救急車仕様のエンジンは2.0L・98馬力の5R型が搭載された。スペースユーテリティに優れることから、以後はクラウンベースのボンネット型救急車(それまでのトヨタ・救急車)の代替を行った。

1970年 安全対策を中心としたマイナーチェンジを行う。

1971年2月 マイナーチェンジでフロントグリルのデザインが変更(3分割→一体化)され、屋根にプレスのリブが付いた。ワゴン、コミューターの1.5Lは、コロナと同様の1.6L、12R型に変更。ワゴンに1.3L搭載車追加。

1971年11月 シリーズ初の1ナンバー登録車でもある、コミューターと同じホイールペースのロングバンを追加。
BR> 1972年10月 マイナーチェンジでフロントグリルのTOYOTAマークが右側のヘッドライト上に移動と同時にグリルのデザイン変更。バンに右側スライドドア装備の5ドアを設定。

1975年10月 最後の小変更で昭和50年排出ガス規制に適合。ワゴン廃止。1.3Lエンジン搭載車を廃止し、代わりに1.8L・95馬力の16Rエンジン搭載車を追加。バンのフロントドア以降を380mm伸ばしたロングバンを追加。

スポンサーサイト
[ 2010/03/12 20:35 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。