FC2ブログ

Stanza A10 0'15"

トップページNISSANカテゴリーStanza A10 nissan_stanza_1
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
バイオレットとオースターの姉妹車で、サニー店(後のレッドステージ店)で販売されていた。姉妹車たちよりも、内外共に「豪華」に設えられており「ミニ・セドリック」もしくは、「ミニ・グロリア」的な「小さな高級車」という性格付けがなされていた。位置付け的にはサニーの上級版にある。ボディは、4ドアセダンと5ドアハッチバック(初代、2代目前期)である。なお、2代目の後期には5ドアに替わって3ドアハッチバックが設定されていた。

初代 A10型系(1977年 - 1981年)
1977年8月8日 - 初代登場。3ヶ月前に登場した姉妹車のバイオレットがファミリーカー、オースターがスポーティな若者向けの車として性格付けられていたのに対し、扱い店舗のサニー店の旗艦車として小さな高級車の位置付けとされた。B110-210サニーに設定されていたサニー・エクセレントを発展させたモデルでもある。エンジンは、長年にわたって多くの日産車に用いられてきたL型(4気筒)が用いられ、当初1600ccのL16のみ(キャブレターとEGI付きの2種)。駆動方式は後輪駆動、サスペンションはフロントがストラット、リアは4リンク式リジットと、当時としては一般的(あるいはやや古い)レイアウトであった。ボディは4ドアセダンのみで、330型セドリック/グロリアのハードトップと共通の角型ライトが特徴。高級なイメージを強調するためか、先発の姉妹車に設定していたハッチバッククーペとバン(貨物車)は用意されず、1400ccエンジンの設定も無かった。また、A10系3姉妹は、北米市場でボディスタイルが不評で販売が伸び悩んだブルーバードU(Datsun 610)の挽回を狙い、大ヒット作の510型ブルーバード(Datsun 510)のイメージを強く意識したモデルとして急遽、企画、開発され、510型の後継車と称し輸出された。

1978年5月 - 53年排出ガス規制適合でE-PA11型へ。エンジンはZ16・Z16Eに変更。

1978年11月 - 1800cc車登場。型式はE-RA11。エンジンはZ18・Z18E。大型ウレタンバンパーを装着し、1600車との差別化を図った。

1979年6月 - マイナーチェンジ。1600ラグジャリーを除く全車にフロントグリル埋め込みフォグランプを採用。3姉妹中で唯一パワーウィンドを装備した1800マキシマX-Eを追加。

1979年8月 - 5ドアハッチバックの「スタンザ・リゾート」が追加された。

1980年4月 - 5ドアのリゾートに脱着式サンルーフ付の1600SX/1800SX-Tとセダンに女性仕様の1600エレガントエクストラを追加。エレガントエクストラは専用のオレンジメタリックの車体色を採用。

スポンサーサイト



[ 2010/03/10 18:45 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ