スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Daihatsu Delta 750 ad 0'30"

トップページDAIHATSUカテゴリーDaihatsu Delta 750 ad daihatsu_delta_750_ad
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ダイハツ・デルタ ( DAIHATSU DELTA ) はダイハツ工業で販売されていた、2 t - 3.5 t クラスのトラック(初期には1t以下クラスも)、ダイハツ・デルタワイド ( DAIHATSU DELTA WIDE ) は、750 kg 積トラック、ライトバンおよびワンボックスワゴンである。

1967年11月9日にトヨタ自動車と業務提携を締結し日野自動車と共にトヨタ自動車グループの一員となったダイハツ工業は、グループ親会社のトヨタ自動車とのOEM供給の相互関係が強まる事となる。

歴代のトヨタのライトエースとタウンエースは、トヨタとダイハツの共同開発でダイハツの工場で受託生産されていた。

トヨタからの受託生産を担当していたダイハツの自社ブランドのOEM車種として、デルタ750(セブンハーフ)、デルタワイド、デルタバン&ワゴンとして販売されていた。

ダイハツ・デルタ750 / デルタワイド / デルタバン & ワゴン
1971年3月、ニューラインキャブの後継として、約3年ぶりに「デルタ750(セブンハーフ = 750kg積み)」が発売された。トヨタとの提携によりライトエーストラックのOEM車となるが、コンソルテや、前述のデルタ1500 / 2000とは異なり、ダイハツ製エンジンの搭載はなく、トヨタ・3K 型エンジンのみの設定であった。

1976年11月、タウンエースのOEM車種として「デルタワイドバン / ワゴン」が発表される。以降第3世代まで、タウンエースの姉妹車種として販売されてきたが、2代目の4WD車だけは発売がタウンエースよりも9年遅れた。

1979年、フルモデルチェンジ。以降、1982年まで2世代に渡り、ライトエーストラックの兄弟車種として販売された。

1996年10月、トヨタ・ライトエースノア・ライトエースバン / タウンエースノア・タウンエースバンのフルモデルチェンジに伴い最終型のOEM車種として発表される。名称も「デルタバン & ワゴン」となった。一部箇所はダイハツ開発で、製造も受託生産でダイハツが行っていた。

2001年11月、トヨタ・ライトエースノア / トヨタ・タウンエースノアのフルモデルチェンジに伴い、デルタバン / ワゴン共に生産中止となった。これにより、ダイハツの小型1BOX車はアトレー7とグランカーゴのみになるが、共に2004年12月で生産を終了している。

スポンサーサイト
[ 2010/03/07 17:19 ] DAIHATSU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。