スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Yokohama G.T.Special Soft Line Ad 1979 0'30"

トップページYOKOHAMAカテゴリーYokohama G.T.Special Soft Line Ad 1979 1979 YOKOHAMA G.T.SPECIAL SOFT LINE Ad_1_0001.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Yokohama G.T.Special Soft LineのCMはあの山田康雄が声優として登場している

横浜ゴム株式会社(よこはまゴム、英文社名 : The Yokohama Rubber Co., Ltd.)は、古河グループのタイヤ・ゴムメーカー。

ドイツのコンチネンタルタイヤの輸入元(一部は日本国内でOEM生産も手がける)でもあり、ヨコハマタイヤのブランド名で知られる。

自動車用タイヤ
* ADVAN(アドバン)シリーズ - レース指向のタイヤブランド。SUPER GTや世界ツーリングカー選手権(ワンメイク)に出場している車両にタイヤを提供している。往年のキャッチコピーは”Get A Step Ahead”だった。現在の主力商品はADVAN NEOVA。

* AVS - Advanced Vehicle Systemの略で、ADVANよりプレミアム志向のスポーツブランド。現在タイヤは輸出用のみ存在するが、同ブランドのアルミホイールはカスタムカー愛好者などの間で人気が高い。尚、AVS Sportの後継はADVAN Sportになっている。
* GRANDPRIX(グランプリ) - ADVANとASPECの中間に位置するスポーティーカー向けのタイヤブランドであった。1990年代には「M3」「M5」「M7」「M7R」が発売され大好評を得たが、後にDNAシリーズに統合されて「DNA GP(GRANDPRIX)」となり、現在は「DNA S-drive」で発売されている。なお、輸出用タイヤには「C-drive」「A-drive」というブランドもある。

* ASPEC(アスペック) - コンフォート志向のタイヤブランド。かつてはポール・フレールやニキ・ラウダらが、サーキットで走行テストするCMが話題になった。寺尾聰や稲垣潤一、果てはもんたよしのりの CMソングも大ヒットした。商品としては「ASPEC dB(デシベル)」及び同社初のミニバン専用タイヤの「ASPEC MV」が最後となっており、DNAシリーズの一つである「DNA dB」を経て現在はADVANブランドのひとつとなる「ADVAN dB」となっている。ミニバン専用タイヤもその後DNAシリーズに組み込まれ「DNA map-RV」→「DNA map」となっている。ただし、自動車メーカー向けにOEM供給している(新車に最初から取り付けてある)タイヤにはASPECのブランドは残っている。
* DNA(ディーエヌエー)シリーズ - 「Driving NVH Assessment」の略である。CMに巨大な風力発電施設を始めとした雄大な地球の風景を採用、MONKEY MAJIK(2007年)、MEGARYU(2006年)が歌うCMソングも話題になっており、かつてはDef TechがこのCMのおかげで大ヒットした。DNAブランドは基本的に国内専用。DNAシリーズには省燃費を詠ったエントリーモデルの「DNA ECOS」(エコス)、オレンジオイルを配合し地球環境に配慮した「DNA EARTH-1」(アース・ワン。なお2011年に登場した「BluEarth-1」は後述の「BluEarth」シリーズであり、DNAシリーズではない)、左右非対称パターンのワゴン・ミニバン用の「DNA map(小型車)」(マップ)および「DNA GRAND map(中・大型車)」(グランド・マップ)、前述の「DNA dB」および「DNA S-drive」(エス・ドライブ)がある。

* BluEarth(ブルーアース) - 2010年7月発売。「DNA ECOS」の実質的な後継ブランドであり「DNA EARTH-1」の普及版にあたる。ただし英文の綴りは「Blue Earth」ではないので注意。

* AVID(エイビッド)- ASPECの下位に位置する同社のエントリーブランドであった。現在は先述の「DNA ECOS」や「BluEarth」がかつてにAVIDシリーズに近いポジションを担っている。

* PARADA(パラダ) - トレッドパターンに特徴のあるファッション性重視のブランド。一時は輸出向け専用になっていたが近年になって国内向けが復活(SUV用)。

* GEOLANDAR(ジオランダー・シリーズ) - SUV(スポーツ用多目的車)用タイヤブランド。

* アイスガード - スタッドレスタイヤ。ガーデックスの後継スタッドレス用タイヤブランドでCMキャラクターに織田裕二を起用している。輸出用には「W-drive」というのもある。

* デリバリースター - 小型トラック用のタイヤブランド。

* JOB(ジョブ) - 同上。

* プロフォース - 大型トラック用のタイヤブランド。

オートバイ用タイヤ(現在は撤退)
* プロファイヤー - 二輪車用バイアスハイグリップタイヤの草分け的存在。スクーター用から大排気量車用までラインナップ

* ゲッター 二輪車用ラジアルハイグリップタイヤブランド。国内レース界ではチームゲッターとして活躍。

その他
* PRGR(プロギア)-ゴルフ用品ブランド。

* ハマタイト - 建築用防水資材

主要事業所
* 茨城工場 - 茨城県小美玉市
* 平塚製造所、平塚東工場、ハマタイト工場 - 神奈川県平塚市
* 長野工場 - 長野県下伊那郡高森町
* 三島工場 - 静岡県三島市
* 新城工場、新城南工場 - 愛知県新城市
* 三重工場 - 三重県伊勢市
* 尾道工場 - 広島県尾道市

※1995年までは上尾工場(埼玉県上尾市)が存在したが、現在は「上尾物流センター」として機能している。

沿革
* 1917年10月 - ?濱電線製造(現在の古河電工)とアメリカ合衆国のBFグッドリッチの合弁で、横浜市に?濱護謨製造株式會社として設立。
* 1950年4月 - 東証と大証の第一部に上場。
* 1961年10月 - 名証の第一部に上場。
* 1963年10月 - 商号を横浜ゴム株式会社に変更。
* 1969年11月 - アメリカにヨコハマタイヤコーポレーションを設立。
* 1970年7月7日 - ハマゴムエイコム株式会社を設立。
* 1973年7月 - アメリカのエイロクイップ社と合同で横浜エイロクイップを設立。
* 1983年11月 - 株式会社スポーツコンプレックスを設立。
* 1986年4月 - 株式会社ユアーズを設立。
* 1988年11月 - 東洋ゴム工業とアメリカのゼネラルタイヤ社と合弁でGTYタイヤカンパニーをアメリカに設立。
* 1989年10月 - アメリカのモホークラバーカンパニーを買収。
* 1992年7月 - モホークラバーカンパニーをヨコハマタイヤコーポレーションと合併。
* 1996年5月 - 株式会社アライズを設立。
* 1996年6月 - フィリピンに川鉄商事株式会社と合弁でヨコハマタイヤ・フィリピンINC.を設立。
* 1996年7月 - タイ王国にヨコハマラバー(タイランド)CO.,LTDを設立。
* 1997年11月 - ベトナムに三菱商事やサザン・ラバー・インダストリー・カンパニーと合弁でヨコハマタイヤ・ベトナム・カンパニーを設立。
* 2002年4月 - ドイツのコンチネンタル社と合弁でヨコハマコンチネンタルタイヤ株式会社を設立。
* 2004年1月 - タイにティー・サイアム・コマーシャル・カンパニーと合弁でヨコハマタイヤ・マニファクチュアリング(タイ)CO.,LTDを設立。
* 2004年10月 - 子会社の横浜ハイデックス株式会社を吸収合併。
* 2005年11月 - 上海に横浜橡胶(中国)有限公司を設立。
* 2006年1月 - 中国に横浜橡胶(中国)有限公司と山東躍馬胶帯有限公司の合弁で山東横浜橡胶工業有限公司を設立。
* 2006年4月 - 横浜橡胶(中国)有限公司の出資により、中国に蘇州横浜輪胎有限公司を設立。
* 2007年1月 - インドにヨコハマ・インディアを設立。
* 2009年3月 - 航空機用タイヤの生産・販売から撤退することを発表。
* 2009年7月 - 各地域ごとのタイヤ販売会社を統合し、「ヨコハマタイヤジャパン」を設立。
* 2010年10月-各地域の工業用ゴム製品販売会社(横浜ゴムMBX)を統合し「横浜ゴムMBジャパン」を設立。

国内グループ企業
* タイヤガーデン
* グランドスラム
* タイヤタウン

海外グループ企業
* YOKOHAMA TIRE CORPORATION(アメリカ)
* YOKOHAMA TIRE (CANADA) INC(カナダ)
* YOKOHAMA TYRE AUSTRALIA PTY., LTD.(オーストラリア)(A.C.N.001-361 459)
* YOKOHAMA EUROPE GmbH(ドイツ)
* YOKOHAMA TIRE PHILIPPINES, INC.(フィリピン)
* YOKOHAMA TYRE VIETNAM INC.(ベトナム)
* HANGZHOU YOKOHAMA TIRE CO., LTD(中国)
* YOKOHAMA TIRE MANUFACTURING(THAILAND) CO.,LTD.(タイ)
* YOKOHAMA RUBBER(THAILAND) CO., LTD(タイ)

関連項目
* マカオグランプリ

* Sound Cruising with YOKOHAMA TIRE / Driving Navigator by ADVAN - TOKYO FMのラジオ番組

* ジャンクSPORTS(~2010年3月) →爆笑レッドカーペット(2010年4月~)- テレビ番組でのスポンサー番組 フジテレビ。これ以外にも日本テレビ系のサプライズ→SUPER SUPRISE→1900の水曜(1900は「脱出ゲームDERO!」分)、テレビ朝日系の報道ステーション→水曜21時枠刑事ドラマのスポンサー番組が2010年4月現在ある。

* 藤倉肇 - 現北海道夕張市長。関連会社の「十勝ヨコハマタイヤ」「北海道ヨコハマタイヤ販売」の元社長

* ニュルブルクリンク - 2008年から5年間の予定でコーナー名の命名権(2箇所)を獲得

* ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ - 2008年から横浜ゴムの主催で開催される女子プロゴルフトーナメント

* スマイレッジ - かつてトレードマークとなっていたタイヤホイールに笑顔がはめ込まれていた図案。もともとはスマイレッジ(Smileage) というBFグッドリッチ社の登録商標だったものである。

* 旧横浜ゴム平塚製造所記念館

* 少年アシベ

* スピード・レーサー - 契約を結んでおり、主役のマッハ号にADVANタイヤが装着されているほか各所にヨコハマのロゴが登場する。

* 古河グループ

スポンサーサイト
[ 2010/02/17 20:26 ] YOKOHAMA | TB(0) | CM(0)

Yokohama Advan commercial 1981 0'32"

トップページYOKOHAMAカテゴリーYokohama Advan commercial 1981 Yokohama Advan commercial 1981.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
横浜ゴム株式会社(よこはまゴム、英文社名 : The Yokohama Rubber Co., Ltd.)は、古河グループのタイヤ・ゴムメーカー。

ドイツのコンチネンタルタイヤの輸入元(一部は日本国内でOEM生産も手がける)でもあり、ヨコハマタイヤのブランド名で知られる。

自動車用タイヤ
* ADVAN(アドバン)シリーズ - レース指向のタイヤブランド。SUPER GTや世界ツーリングカー選手権(ワンメイク)に出場している車両にタイヤを提供している。往年のキャッチコピーは”Get A Step Ahead”だった。現在の主力商品はADVAN NEOVA。

* AVS - Advanced Vehicle Systemの略で、ADVANよりプレミアム志向のスポーツブランド。現在タイヤは輸出用のみ存在するが、同ブランドのアルミホイールはカスタムカー愛好者などの間で人気が高い。尚、AVS Sportの後継はADVAN Sportになっている。
* GRANDPRIX(グランプリ) - ADVANとASPECの中間に位置するスポーティーカー向けのタイヤブランドであった。1990年代には「M3」「M5」「M7」「M7R」が発売され大好評を得たが、後にDNAシリーズに統合されて「DNA GP(GRANDPRIX)」となり、現在は「DNA S-drive」で発売されている。なお、輸出用タイヤには「C-drive」「A-drive」というブランドもある。

* ASPEC(アスペック) - コンフォート志向のタイヤブランド。かつてはポール・フレールやニキ・ラウダらが、サーキットで走行テストするCMが話題になった。寺尾聰や稲垣潤一、果てはもんたよしのりの CMソングも大ヒットした。商品としては「ASPEC dB(デシベル)」及び同社初のミニバン専用タイヤの「ASPEC MV」が最後となっており、DNAシリーズの一つである「DNA dB」を経て現在はADVANブランドのひとつとなる「ADVAN dB」となっている。ミニバン専用タイヤもその後DNAシリーズに組み込まれ「DNA map-RV」→「DNA map」となっている。ただし、自動車メーカー向けにOEM供給している(新車に最初から取り付けてある)タイヤにはASPECのブランドは残っている。
* DNA(ディーエヌエー)シリーズ - 「Driving NVH Assessment」の略である。CMに巨大な風力発電施設を始めとした雄大な地球の風景を採用、MONKEY MAJIK(2007年)、MEGARYU(2006年)が歌うCMソングも話題になっており、かつてはDef TechがこのCMのおかげで大ヒットした。DNAブランドは基本的に国内専用。DNAシリーズには省燃費を詠ったエントリーモデルの「DNA ECOS」(エコス)、オレンジオイルを配合し地球環境に配慮した「DNA EARTH-1」(アース・ワン。なお2011年に登場した「BluEarth-1」は後述の「BluEarth」シリーズであり、DNAシリーズではない)、左右非対称パターンのワゴン・ミニバン用の「DNA map(小型車)」(マップ)および「DNA GRAND map(中・大型車)」(グランド・マップ)、前述の「DNA dB」および「DNA S-drive」(エス・ドライブ)がある。

* BluEarth(ブルーアース) - 2010年7月発売。「DNA ECOS」の実質的な後継ブランドであり「DNA EARTH-1」の普及版にあたる。ただし英文の綴りは「Blue Earth」ではないので注意。

* AVID(エイビッド)- ASPECの下位に位置する同社のエントリーブランドであった。現在は先述の「DNA ECOS」や「BluEarth」がかつてにAVIDシリーズに近いポジションを担っている。

* PARADA(パラダ) - トレッドパターンに特徴のあるファッション性重視のブランド。一時は輸出向け専用になっていたが近年になって国内向けが復活(SUV用)。

* GEOLANDAR(ジオランダー・シリーズ) - SUV(スポーツ用多目的車)用タイヤブランド。

* アイスガード - スタッドレスタイヤ。ガーデックスの後継スタッドレス用タイヤブランドでCMキャラクターに織田裕二を起用している。輸出用には「W-drive」というのもある。

* デリバリースター - 小型トラック用のタイヤブランド。

* JOB(ジョブ) - 同上。

* プロフォース - 大型トラック用のタイヤブランド。

オートバイ用タイヤ(現在は撤退)
* プロファイヤー - 二輪車用バイアスハイグリップタイヤの草分け的存在。スクーター用から大排気量車用までラインナップ

* ゲッター 二輪車用ラジアルハイグリップタイヤブランド。国内レース界ではチームゲッターとして活躍。

その他
* PRGR(プロギア)-ゴルフ用品ブランド。

* ハマタイト - 建築用防水資材

主要事業所
* 茨城工場 - 茨城県小美玉市
* 平塚製造所、平塚東工場、ハマタイト工場 - 神奈川県平塚市
* 長野工場 - 長野県下伊那郡高森町
* 三島工場 - 静岡県三島市
* 新城工場、新城南工場 - 愛知県新城市
* 三重工場 - 三重県伊勢市
* 尾道工場 - 広島県尾道市

※1995年までは上尾工場(埼玉県上尾市)が存在したが、現在は「上尾物流センター」として機能している。

沿革
* 1917年10月 - ?濱電線製造(現在の古河電工)とアメリカ合衆国のBFグッドリッチの合弁で、横浜市に?濱護謨製造株式會社として設立。
* 1950年4月 - 東証と大証の第一部に上場。
* 1961年10月 - 名証の第一部に上場。
* 1963年10月 - 商号を横浜ゴム株式会社に変更。
* 1969年11月 - アメリカにヨコハマタイヤコーポレーションを設立。
* 1970年7月7日 - ハマゴムエイコム株式会社を設立。
* 1973年7月 - アメリカのエイロクイップ社と合同で横浜エイロクイップを設立。
* 1983年11月 - 株式会社スポーツコンプレックスを設立。
* 1986年4月 - 株式会社ユアーズを設立。
* 1988年11月 - 東洋ゴム工業とアメリカのゼネラルタイヤ社と合弁でGTYタイヤカンパニーをアメリカに設立。
* 1989年10月 - アメリカのモホークラバーカンパニーを買収。
* 1992年7月 - モホークラバーカンパニーをヨコハマタイヤコーポレーションと合併。
* 1996年5月 - 株式会社アライズを設立。
* 1996年6月 - フィリピンに川鉄商事株式会社と合弁でヨコハマタイヤ・フィリピンINC.を設立。
* 1996年7月 - タイ王国にヨコハマラバー(タイランド)CO.,LTDを設立。
* 1997年11月 - ベトナムに三菱商事やサザン・ラバー・インダストリー・カンパニーと合弁でヨコハマタイヤ・ベトナム・カンパニーを設立。
* 2002年4月 - ドイツのコンチネンタル社と合弁でヨコハマコンチネンタルタイヤ株式会社を設立。
* 2004年1月 - タイにティー・サイアム・コマーシャル・カンパニーと合弁でヨコハマタイヤ・マニファクチュアリング(タイ)CO.,LTDを設立。
* 2004年10月 - 子会社の横浜ハイデックス株式会社を吸収合併。
* 2005年11月 - 上海に横浜橡胶(中国)有限公司を設立。
* 2006年1月 - 中国に横浜橡胶(中国)有限公司と山東躍馬胶帯有限公司の合弁で山東横浜橡胶工業有限公司を設立。
* 2006年4月 - 横浜橡胶(中国)有限公司の出資により、中国に蘇州横浜輪胎有限公司を設立。
* 2007年1月 - インドにヨコハマ・インディアを設立。
* 2009年3月 - 航空機用タイヤの生産・販売から撤退することを発表。
* 2009年7月 - 各地域ごとのタイヤ販売会社を統合し、「ヨコハマタイヤジャパン」を設立。
* 2010年10月-各地域の工業用ゴム製品販売会社(横浜ゴムMBX)を統合し「横浜ゴムMBジャパン」を設立。

国内グループ企業
* タイヤガーデン
* グランドスラム
* タイヤタウン

海外グループ企業
* YOKOHAMA TIRE CORPORATION(アメリカ)
* YOKOHAMA TIRE (CANADA) INC(カナダ)
* YOKOHAMA TYRE AUSTRALIA PTY., LTD.(オーストラリア)(A.C.N.001-361 459)
* YOKOHAMA EUROPE GmbH(ドイツ)
* YOKOHAMA TIRE PHILIPPINES, INC.(フィリピン)
* YOKOHAMA TYRE VIETNAM INC.(ベトナム)
* HANGZHOU YOKOHAMA TIRE CO., LTD(中国)
* YOKOHAMA TIRE MANUFACTURING(THAILAND) CO.,LTD.(タイ)
* YOKOHAMA RUBBER(THAILAND) CO., LTD(タイ)

関連項目
* マカオグランプリ

* Sound Cruising with YOKOHAMA TIRE / Driving Navigator by ADVAN - TOKYO FMのラジオ番組

* ジャンクSPORTS(~2010年3月) →爆笑レッドカーペット(2010年4月~)- テレビ番組でのスポンサー番組 フジテレビ。これ以外にも日本テレビ系のサプライズ→SUPER SUPRISE→1900の水曜(1900は「脱出ゲームDERO!」分)、テレビ朝日系の報道ステーション→水曜21時枠刑事ドラマのスポンサー番組が2010年4月現在ある。

* 藤倉肇 - 現北海道夕張市長。関連会社の「十勝ヨコハマタイヤ」「北海道ヨコハマタイヤ販売」の元社長

* ニュルブルクリンク - 2008年から5年間の予定でコーナー名の命名権(2箇所)を獲得

* ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ - 2008年から横浜ゴムの主催で開催される女子プロゴルフトーナメント

* スマイレッジ - かつてトレードマークとなっていたタイヤホイールに笑顔がはめ込まれていた図案。もともとはスマイレッジ(Smileage) というBFグッドリッチ社の登録商標だったものである。

* 旧横浜ゴム平塚製造所記念館

* 少年アシベ

* スピード・レーサー - 契約を結んでおり、主役のマッハ号にADVANタイヤが装着されているほか各所にヨコハマのロゴが登場する。

* 古河グループ

[ 2010/02/18 20:41 ] YOKOHAMA | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。