スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Alfa Romeo 147 0'47"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo 147 Alfa Romeo 147
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
147は、イタリアの自動車会社アルファ・ロメオで製造、販売するハッチバック型の乗用車である。

145/146の後継車種で、2000年のパリ・オートサロンでデビューを飾り、2001年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。2004年に大幅な改良が加えられた。

トランスミッションは、セレスピードと呼ばれるセミオートマチックトランスミッションを採用した。156で初めて採用されたセレスピードは、この間に細部の改良が進み、格段に故障が少なくなったばかりか、変速時のタイムラグも若干ながら改善された。またステアリングの表側に設置されていた変速ボタンは、ステアリングホイール裏側のコラムにパドルの形で移設された。

6エアバッグや高級オーディオ、各種の走行安全装置を搭載することから価格は200万円台後半~400万円台後半となり、コンパクトカーとしては非常に高価な部類になる。しかし、各社も追随して同様の車種を販売していることから、プレミアムコンパクトという乗用車の中のカテゴリーを築くことに貢献したと言える。

駆動方式は、全グレードFFである。

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン、リヤにマクファーソンストラットを採用し、前後ともにコイルばねである。

デザインはアルファ・ロメオ・デザインセンターのワルテル・デ・シルヴァ(現フォルクスワーゲングループ)、アンドレアス・ザパティナス(その後スバルに移籍)、ウォルフガング・エッガー(現アウディ)の共同作業による。2004年に行われたフェイスリフトはジョルジェット・ジウジアーロが担当した。

因みにASL・ガライヤのテールランプは前期型のものを使用している。

ボディサイズ
* 全長4170×全幅1730×全高1420、ホイールベース2545(単位はmm)
* フェイスリフト後は、全長4225×全幅1730×全高1450、ホイールベース2545(単位はmm)
* GTAは、全長4200×全幅1765×全高1460、ホイールベース2545(単位はmm)

グレード
* 1.6TSは1600ccの直列4気筒ツインスパークエンジンを搭載した、下位グレードである。2.0TSから一部の安全装置と、BOSE社製のサラウンドシステムを省略したものとなっている。トランスミッションはマニュアルのみ。グレード名の「TS」は、1シリンダーに2本のスパークプラグを配したツインスパークエンジンから来ている。2.0TSも同様。

* 2.0TSは2000ccの直列4気筒ツインスパークエンジンを搭載した、標準グレードである。VDC(横滑り防止機構)、MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、アンチロック・ブレーキ・システム等の安全装置とBOSE社製のサラウンドシステムを搭載している。トランスミッションはマニュアルと5速セレスピードの2つが選べる。ドア枚数は3枚/5枚。

* 2.0TIは2.0TSにディスチャージヘッドライトと17インチアロイホイール、革製の内装を装備したグレード。特別仕様であったが、継続して販売されている。TIは Turismo Internazionale の頭文字を取ったものである。

* GTAはボディサイズを横に拡大し、3200ccのV型6気筒エンジンをフロントに横置きに搭載した最上級グレード。アルファロメオ・GTと並び、アルファロメオ伝統のV6エンジン“6(セイ)”最後の搭載車となる。次期モデルからはGM社製ブロックにアルファロメオ製ヘッドを組み合わせる予定となっている。

フロントグリル脇にエアインテークを追加。専用バンバーはターンシグナルの位置を変更し、GTA専用の意匠となっている。車幅は他のグレードよりワイド化。全長約4.2mのコンパクトカーらしからぬ大排気量、高出力エンジンを搭載したことで、ドライバーの理性と運転技術を問う車となっている。トランスミッションはマニュアル(左ハンドルのみ)と6速セレスピード(右ハンドルのみ)の2つが選べる。3ドアのみ。内装にGTAのロゴマークを配置し、インストルメンタルパネルも濃い灰色を基調にデザインされており、他の147とは差別化が図られている。ホイールはスピードライン製17インチGTA専用アロイホイール。フロントブレーキキャリパーはブレンボ製(ブレーキローター径が年式により大型化されている)。147カップではチューンナップした2.0でもノーマルGTAにはかなわないというまさに現在のスーパーホットハッチ。ライバル車にフォルクスワーゲン・ゴルフR32、BMW130iM-Sport等がある。

日本での販売
日本へは2001年に上陸を果たし、「2002年度インポートカーオブザイヤー」や「2002-2003グッドデザイン賞」を受賞するなど、日本国内での評価は高い。

主に、フィアット&アルファロメオ・モータース・ジャパンにより輸入され、種類も1600ccのエンジンを積んだものから、3200ccのエンジンを積んだものまであり、ハンドル位置やドア枚数などを含めて輸入車としては異例の幅広さで用意されている。

スポンサーサイト
[ 2009/09/24 07:58 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Romeo 8C Competizione 1'42"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo 8C Competizione Alfa Romeo 8C Competizione
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アルファロメオ・8Cコンペティツィオーネ(8C Competizione)は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが販売するクーペ型のスポーツカーである。

「8C」は1930-1940年代のレーシングカーのコード名、「コンペティツィオーネ」は1949年と1950年にミッレミリアで活躍した「6C 2500 コンペティツィオーネ」に由来している。

2003年のフランクフルトモーターショーでコンセプトモデルを発表。マセラティ・3200GTをベースに第二次世界大戦前のアルファ・ロメオを彷彿とさせるエクステリアデザインが与えられた。エンジンは3200GTと同じマセラティ製の3.2L V8 ツインターボエンジンをフロントに搭載していた。

2006年のモンディアル・ド・ロトモビルで量産型を発表。全世界500台の限定生産で、アルファ・ロメオにとっては久々の2シーターFRクーペである。

アルファデザインセンターによるデザインに大きな変更はなく、生産はイタリアはモンツァのマセラティの工場で行われる。

エンジンはコンセプトモデルから変更され、4.7L V8 自然吸気エンジン(450ps/7000rpm、470Nm/4750rpm)となった。最大トルクの80%を2500rpmで発生する一方、レブリミットは7500rpmと高回転型のエンジンに仕上がっている。

トランスミッションはフェラーリの「F1マチック」、マセラティの「カンビオコルサ」と同じ6速セミATの「Qセレクト」である。

2006年10月、日本で予約受付を開始。価格は2200万円。200人以上の応募があったため、早々に締め切られた。[2]結局日本への割り当て台数を増やし、イタリアに70台、アメリカ合衆国に99台、日本には70台が割り当てられた。

2007年4月、日本で初披露されたが、この時にはすでに完売しているという異例の事態となった。

クーペボディの他、オープンモデルも発売された。 フルカーボンボディモデルの他、少量だが数種類のボディ(FRP製)も試作され、市場に出回っている様だ。

[ 2009/09/25 08:46 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Romeo 159 SW Spot Il Cuore ha sempre ragione 2006 1'00"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo 159 SW Spot Il Cuore ha sempre ragione 2006 Spot Alfa Romeo 159 SW Il Cuore ha sempre ragione 2006
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アルファロメオ・159(アルファ159とも)は、イタリアの自動車メーカー・アルファ・ロメオが製造、販売する中型セダン。

ヒット作アルファ156の後継にあたり、2005年から生産が開始された。外観デザインはジョルジェット・ジウジアーロとアルファ・ロメオ・デザインセンターとの共同作業によるもので、フロントフェイスは、先立ってコンセプトカーが公開されたアルファロメオ・ブレラのイメージを色濃く反映している。

GMと共同開発されたプラットフォームが用いられ、これは上述のブレラも同様である。エンジンは1.9、2.2もしくは3.2リッターのガソリンエンジンと、1.9もしくは2.4リッターのディーゼルエンジンがラインナップされ、3.2リッターガソリンのみV型6気筒、それ以外は直列4気筒となる。

駆動方式はフロントエンジン・フロントドライブを基本とし、Q4と呼ばれる四輪駆動も用意される。アルファ156にも設定されていたスポーティグレードGTAは2006年に追加される予定であると発表されている。

カラビニエリのパトカーや在外公館(大使館)、官庁の専用車としても多く使用されている他、アルファ・ロメオがトリノオリンピックのオフィシャルスポンサーとして参画した際、数十台のアルファ159が組織委員会のオフィシャルカーとして提供された。

MT車、及び2.2L selespeed装着車には坂道発進をスムーズにする「ヒルホールドシステム」が搭載されている。

[ 2009/09/26 09:01 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Romeo 166 Rusia Commercial 1'16"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo 147 Alfa Romeo 166 Rusia commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アルファ・ロメオ 166(Alfa Romeo 166)は1998年から製造されているイタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオのフルサイズセダンである。

1999年のモンディアル・ド・ロトモビルで164の後継車として登場。156や159の上位に位置するフラッグシップモデルである。ピニンファリーナのデザインであった164に対し、デシルバのデザインによる特異的な面構えは賛否両論であった。

欧州には2.0L 直4 ツインスパークや2.0L V6 ターボ、3.2L V6のガソリンエンジンや2.4L 直5のディーゼルエンジンを搭載するモデルも存在していたが、日本に正規輸入されたのは3.0L V6および2.5L V6のガソリンエンジンのみ。

また、トランスミッションは欧州では6速/5速MT、アイシン精機製5速ATもラインナップされているが、日本にはZF製4速ATを搭載したモデルが導入されている。

2001年、日本への2.5L V6エンジンモデルの輸入を中止するとともに、3.0L V6エンジンを36101型に変更。

2004年、マイナーチェンジ。フェイスリフトを行い、ジョルジェット・ジウジアーロによってデザインされた大きな盾型のグリルを採用するなどフロント周りのデザインを変更した。

[ 2009/09/27 09:33 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Romeo 156 SportsWagon Commercial Catherine Zeta Jones 0'45"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo 156 SportsWagon Commercial Catherine Zeta Jones
Catherine Zeta Jones - Commercial Alfa Romeo 156 sportswagon
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
156は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが1997年から2005年にかけて製造、販売していた中型セダン。155の後継にあたり、スポーツワゴンもラインナップする。アルファ156とも呼ばれる。アルファ・ロメオ史上、最も成功したモデルとの呼び声も高い。

2005年には、後継車である159セダンの生産、販売が開始された。

セダン
1997年のフランクフルトモーターショーで生産型が発表され、日本では1998年5月に1度発売された。1998年度のグッドデザイン賞を受賞している。デザインはワルター・ダ・シルバが担当。

日本仕様車のエンジンは2リッター直列4気筒と、2.5リッターV型6気筒の2種類。トランスミッションは当初2リッターには5段MT、2.5リッターには6段MTが組み合わされ、後にそれぞれセレスピード(フェラーリのF1ギアシステムを元にしたセミオートマ)、2.5リッターには4段Qシステム(MTのようなシフトレバーを持つAT)が追加された。

2002年7月には、2リッターエンジンはそれまでのツインスパークから三菱自動車のGDIエンジンのパテントを獲得した直噴エンジンJTSに換えられ、さらに3.2リッターV6エンジン搭載のスポーティモデルGTAがラインナップに追加された(詳細は後述)。しかしツインスパークが姿を消した事によって「アルファらしいエンジンが無くなってしまった」と嘆くファンも存在している。

2003年9月に外観を変更し、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインしたアルファロメオ・ブレラに似たフロントマスクが採用された。

2004年にはスポーティグレードTI(伊:Turismo Internahydezionaleの略)を設定。これは、2リッター、および2.5リッターモデルをベースに外観やホイール、サスペンションにスポーティな装備を施したものである。また同時に、2リッターモデルにMTが設定された。

スポーツワゴン
日本での発売は2000年9月。当初は156の名を持たず、単にアルファ・スポーツワゴンと名乗っていたが、2002年9月からアルファ156スポーツワゴンと改称。ワゴンとしての利便性よりもスタイルを重視したモデルで、トランク容量などは小さい。なお、日本向けにはMTの設定はない。

エンジン、サスペンション形式などはセダンと共通。ただし、荷物積載時の姿勢変化を抑えるため、セダンにはないセルフレベリング機構を採用している。

GTA
GTAはセダン、スポーツワゴンの両方に設定されたスポーティクレードである。 旧来のアルファ・ロメオにおけるGTAのAはイタリア語で軽量化を意味するAlleggeritaの頭文字で、1965年に登場したジュリア・スプリントGTAではベースモデルからおよそ200kgの軽量化を実現していた。

しかし、156GTAでは逆に全ラインナップ中で最も重くなっており(セダン<セレスピード>2リッターモデルの1300kgに対し、同GTAは1420kg)、あくまでもイメージ先行の命名である。そのためエンスーな自動車評論家の中には、似非GTAと称して否定的な態度を取る者もある。

とはいえ、183kW=250馬力を発生する3.2リッターV6エンジンは前輪駆動車としてはこれ以上望むべくもないスペックであり、専用設計のサスペンション、エアロパーツなどとも相俟って、一定の人気を博している。

日本では2002年からセダンは6速MT、ワゴンは6速セミAT(セレスピード)仕様のみが導入されていたが、2005年2月にセダンにもセレスピードが設定された。

[ 2009/09/28 12:12 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Romeo GT Q2 0'30"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Romeo GT Q2 Alfa Romeo GT Q2
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アルファロメオ・GTは、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオ社が製造、販売していたクーペ型の自動車である。

2003年のジュネーブ・モーターショーで発表。 2ドア+ハッチゲートを持つ車体はベルトーネ社のデザイン。 『アルファGT』と呼ばれることが多い(フィアット・オート・ジャパンの公式HPなどでも『アルファGT』と呼称されていた)。 主要部分を147と156の部品を流用して作られた。プラットフォームを含めた主要コンポーネンツは156の発展系だが、フロントサスペンションは147GTA、リアサスペンションは156スポーツワゴン用がベースとなっている。またフロントフェンダーは147GTAの物を、ドアやダッシュボード、シート等は147のデザインを採用している。特にダッシュボードは147と殆ど変わらないデザインだが、センターコンソールとメーターリングの色を 147GTA仕様にし、シフトノブ周辺のデザインもGT専用にアレンジする事で上手い具合に高級感を演出している。 クーペではあるが、独立したトランクではなくハッチバックを採用しており、またスペース効率に優れたリアサスペンションを採用している事もあり、荷室容量は156スポーツワゴンに匹敵するほど大きい。後部座席もあり、長距離の移動でなければ大人2人が普通に過ごせる空間はある(乗車定員は5人)。スポーツカーというよりは(その名の通り)グラントゥーリズモとしての性格が強い。

エンジン
日本仕様に設定されたエンジンは以下の2種類。いずれにもガソリンエンジンである。

* 2.0L 直列4気筒 DOHC JTS直噴エンジン
* 3.2L V型6気筒 DOHCエンジン(2008年8月をもってラインナップから消滅)

3.2LのV6エンジンは147GTAや156GTAに積まれる物とベースは同じだが、出力は若干デチューンされている。尚、欧州では1.8Lのガソリンエンジンや1.9Lのディーゼルエンジンも設定されている。

グレード構成
日本では2004年6月より導入開始。デビュー当初のライナップはエンジンや装備の違いにより3種類あり、2.0Lエンジンを積んだ「2.0JTSセレスピード」とその豪華装備版たる「2.0JTSセレスピード・エクスクルーシブ」、3.2Lエンジンを積んだ「3.2V6 24V」。変速機は直4モデルには5段セレスピード、V6モデルには6段MTが組み合わされる。なお、日本の純正仕様では、直4モデルは右ハンドル、V6モデルは左ハンドルのみの設定となっている。

2004年11月には「2.0JTSセレスピード」をベースに内外装に手を加えた「ディスティンクティブ」、及び「プログレッション」が限定車として追加された。

2006年4月には「2.0JTSセレスピード」をベースに内外装に手を加えた「スポルティーバ」、及び「コレッツィオーネ」が限定車として追加された。

2008年3月には「2.0JTSセレスピード」をベースに内外装に手を加えた「スポルティーバII」、及び「コレッツィオーネII」が受注生産の形で追加された。

2006年、ブレラの登場により日本市場からの撤退も噂されたが、幾度かの限定モデル追加等を経て2008年8月で販売は終了した。

[ 2009/09/29 13:16 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)

Alfa Brera 0'33"

トップページALFA ROMEOカテゴリーAlfa Brera Alfa brera 02.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アルファロメオ・ブレラ(Alfa Romeo Brera)は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが販売するクーペ型の自動車である。アルファ ブレラとも呼ばれる。

2002年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトでコンセプトモデルを発表。ジョルジェット・ジウジアーロによってデザインされたボディにマセラティ製の4.0L V8エンジンを搭載し、豪華なGTを意識したモデルであった。

また、大きな盾型のグリルが最初に採用されたモデルでもあり、その後多くの車種で同様のグリルが採用された。

2005年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで量産型を発表。ジウジアーロによるエクステリアのデザインに大きな変更はないが、ノーズ部分は搭載するエンジンに合わせて短くなった。

エンジンは2.2L 直4 DOHC JTS(直噴)と3.2L V6 DOHC ツインフェザー(可変バルブ機構)のガソリンエンジン、2.4L 直5の直噴ディーゼルエンジンが搭載された。

また、駆動方式は3.2L V6エンジンを搭載するモデルが「Q4」と呼ばれるフルタイム4WD、それ以外はFFである。

2006年4月、日本で発売開始。導入されたのは2.2Lモデルと3.2Lモデルである。トランスミッションは全車6速MT。最廉価の「2.2 JTS」を除いて大型のサンルーフ「Sky Window」を標準装備とした。

2007年3月、3.2Lモデルにマニュアルモード付き6速AT(Qトロニック)を設定。

同年5月、2.2Lモデルに6速セミAT(セレスピード)を設定。ステアリングのパドルによる変速も可能である。

[ 2009/12/16 21:37 ] ALFA ROMEO | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。