スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dodge Charger TV Commercial 1966 1'00"

トップページDODGEカテゴリーDodge Charger TV Commercial 1966 1966_Dodge_Charger_TV_Commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ダッジ・チャージャー (Dodge Charger) は1966年に初代が登場したクライスラー・ダッジのスポーツカー。いわゆるマッスルカーの1つである(一般的な乗用車にスポーツカー風のボディを架装したスペシャルティカーとする場合もある)。2007年6月30日からは日本市場でも発売されている。

初代(1966-1978年)
チャージャーはダッジが当時大人気を博していたフォード・マスタングなどのマッスルカーに対抗するために開発された。当時、ダッジのラインナップに存在したコロネットというセダンのシャーシ(Bプラットフォーム)をベースにV型8気筒エンジンを搭載。グレードは幾つか存在したが最上級のモデルには426Hemiという高性能なレース用エンジンのストリートバージョンを搭載した。このモデルは400馬力を超えるパワーを持ち、停止状態から時速60マイル(約 96km)まで6秒弱で加速するという当時としては強烈なパワーを誇った。翌1967年には排気量440キュービックインチ(=7210cc)のマグナム V8エンジンを搭載するチャージャーR/Tが登場、独特な外装が与えられたモデルだが、今でもチャージャーを特徴付けるものとして人気が高い。また、チャージャーはスーパー・ビーというマッスルカーのベースにもなった。

強力なエンジンを積んだチャージャーはレース関係者の目も留まることとなり、NASCARなどのアメリカンレースでの使用を意識したモデルチェンジがなされるようになる(当時、NASCARは本当の意味でストックカーレースであった)。特に 1969年に登場したチャージャー500はレース指向が強く、これをベースにダッジ・ディトナが(兄弟ブランドのプリマスからもプリマス・スーパーバードとして)発売された。これらがダッジに「レースと市販車の距離が近い」というイメージを付けていく。この初代チャージャーはモデルチェンジを繰り返しながら1978年まで生産された。なお、この初代チャージャーはスティーブ・マックイーンが主演した1968年の映画『ブリット』にも登場、マックイーンが運転するマスタングGT390とカーチェイスを演じている。

スポンサーサイト
[ 2009/03/23 01:13 ] DODGE | TB(0) | CM(0)

Dodge Charger SE Commercial 1969 1'00"

トップページDODGEカテゴリーDodge Charger SE Commercial 1966 1969_Dodge_Charger_SE_Commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ダッジ・チャージャー (Dodge Charger) は1966年に初代が登場したクライスラー・ダッジのスポーツカー。いわゆるマッスルカーの1つである(一般的な乗用車にスポーツカー風のボディを架装したスペシャルティカーとする場合もある)。2007年6月30日からは日本市場でも発売されている。

初代(1966-1978年)
チャージャーはダッジが当時大人気を博していたフォード・マスタングなどのマッスルカーに対抗するために開発された。当時、ダッジのラインナップに存在したコロネットというセダンのシャーシ(Bプラットフォーム)をベースにV型8気筒エンジンを搭載。グレードは幾つか存在したが最上級のモデルには426Hemiという高性能なレース用エンジンのストリートバージョンを搭載した。このモデルは400馬力を超えるパワーを持ち、停止状態から時速60マイル(約 96km)まで6秒弱で加速するという当時としては強烈なパワーを誇った。翌1967年には排気量440キュービックインチ(=7210cc)のマグナム V8エンジンを搭載するチャージャーR/Tが登場、独特な外装が与えられたモデルだが、今でもチャージャーを特徴付けるものとして人気が高い。また、チャージャーはスーパー・ビーというマッスルカーのベースにもなった。

強力なエンジンを積んだチャージャーはレース関係者の目も留まることとなり、NASCARなどのアメリカンレースでの使用を意識したモデルチェンジがなされるようになる(当時、NASCARは本当の意味でストックカーレースであった)。特に 1969年に登場したチャージャー500はレース指向が強く、これをベースにダッジ・ディトナが(兄弟ブランドのプリマスからもプリマス・スーパーバードとして)発売された。これらがダッジに「レースと市販車の距離が近い」というイメージを付けていく。この初代チャージャーはモデルチェンジを繰り返しながら1978年まで生産された。なお、この初代チャージャーはスティーブ・マックイーンが主演した1968年の映画『ブリット』にも登場、マックイーンが運転するマスタングGT390とカーチェイスを演じている。

[ 2009/03/24 01:26 ] DODGE | TB(0) | CM(0)

Hemi Commercial Original 0'30"

トップページDodgeカテゴリーHemi Commercial Original hemi_commercial_original
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ヘミエンジン(Hemi Engine)とはV字形の給排気バルブ配置とセンタープラグの半球型燃焼室を持ったクロスフローOHV方式のハイパフォーマンスエンジンのことである。HemiはHemispherical(ヘミスフェリカル:半球状の~)の短縮形であり、燃焼室形状がそのままエンジンの通称となった。

市販自動車用OHVエンジンでは吸気バルブと排気バルブが1列に並びバルブ挟み角がほぼ0°のウェッジシェイプ(楔形)型燃焼室のエンジンが一般的であった。これによりエンジン構造が単純になり、コストダウンが可能であった。ただし、それではバルブ開口面積が大きく取れず、高回転での効率が悪くなり高出力化には不向きであった。ヘミエンジンではバルブ挟み角を大きく取ることにより、レース用のDOHCエンジンのように大きなバルブを採用することによって、OHVエンジンながら高出力を発生することが可能になった。従来のOHVエンジンよりも構造はやや複雑になるものの、DOHCやOHCのようにエンジン上部のカムシャフトを駆動する機構が必要でないために比較的安価に出来た。このコンセプトのエンジンはフランスのゴルディーニ(例・アルピーヌ・A110用のOHV・クロスフローエンジン)やマツダ(1960年代当時・東洋工業)の初代キャロル用のエンジンやトヨタの初代センチュリー用のエンジンおよび初代カリーナ(2000ccは除く)、初代セリカ(2000ccは除く)、2代目(1200ccは除く)および3代目(1200cc、1300ccは除く)カローラ、5代目コロナ(ごく一部)、初代タウンエース(ごく一部)等に搭載されたパッションエンジン(トヨタ・T型エンジン。ただし2T-Gや3T-GTEU等のDOHCヘッドのT型エンジンは除く)をはじめ、多くのメーカーが用いているが、「HEMI」はクライスラー社の商標となっている。

アメリカでも、もちろん「ヘミ」で通じるが、一部では「ヘムアイ」と発音する場合(地域)がある。

第二次世界大戦中に開発した航空機用エンジンであるIV-2220に採用した技術を元に1951年に高性能車用のスペシャルエンジンとして開発され、クライスラー・ニューヨーカーに搭載されて発売された。その後、デ・ソート、ダッジ、の各デビジョンにも拡大され、クライスラー各車の高性能バージョンの代名詞ともなった。レースにも積極的に投入され、NASCAR、ル・マン24時間レースなどで活躍する。しかし、1959年をもって、一旦はコスト高で製造が中止される。しかし1960年代のスペシャルティカーブームの際にヘミエンジンを搭載したスポーツモデルがNASCARで大活躍し一時代を築く。1970年代からは社会を取り巻く事情によって再び歴史の表舞台から姿を消したが、近年になってクライスラーの象徴的エンジンとして再びヘミエンジンが注目されている。

最新のV8 HEMIエンジンは、2001年1月のデトロイトショーで発表された「ダッジ スーパー 8 Hemi」コンセプトと共に発表された。

2003年、ダッジ・ラム2500に市販車として初めて搭載された。

新世代にふさわしく、MDSと呼ばれる、軽負荷時に4気筒を休止させる可変シリンダーシステムを持ち、出力、燃費、エミッションを高次元でバランスさせている。 V8ゆえに搭載性も良く、多くの縦置きエンジンモデルにラインナップされている。

新世代「HEMI」搭載モデル
6.1L SRT HEMI V8
* ダッジ
o ダッジ・マグナム SRT8
o ダッジ・チャージャー SRT8
* クライスラー
o クライスラー・300C SRT8
* Jeep
o ジープ・グランドチェロキー (WK) SRT8

5.7L HEMI V8 With MDS
* クライスラー
o クライスラー・300C
o クライスラー・アスペン
* ダッジ
o ダッジ・マグナム R/T
o ダッジ・チャージャー R/T、DAYTONA R/T
o ダッジ・デュランゴ SLT以上にOpt.
* Jeep
o ジープ・グランドチェロキー (WK) LIMITEDにOpt OVERLAND
o ジープ・コマンダー LIMITED

5.7L HEMI V8
* ダッジ
o ダッジ・ラム 1500 QUAD CAB LARAMIEは標準 他はOpt.
o ダッジ・ラム 2500/3500

※クライスラー・ヘミエンジン参照
[ 2009/03/26 09:58 ] DODGE | TB(0) | CM(0)

Hemi Commercial Dream 0'30"

トップページDodgeカテゴリーHemi Commercial Dream hemi_commercial_dream
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ヘミエンジン(Hemi Engine)とはV字形の給排気バルブ配置とセンタープラグの半球型燃焼室を持ったクロスフローOHV方式のハイパフォーマンスエンジンのことである。HemiはHemispherical(ヘミスフェリカル:半球状の~)の短縮形であり、燃焼室形状がそのままエンジンの通称となった。

市販自動車用OHVエンジンでは吸気バルブと排気バルブが1列に並びバルブ挟み角がほぼ0°のウェッジシェイプ(楔形)型燃焼室のエンジンが一般的であった。これによりエンジン構造が単純になり、コストダウンが可能であった。ただし、それではバルブ開口面積が大きく取れず、高回転での効率が悪くなり高出力化には不向きであった。ヘミエンジンではバルブ挟み角を大きく取ることにより、レース用のDOHCエンジンのように大きなバルブを採用することによって、OHVエンジンながら高出力を発生することが可能になった。従来のOHVエンジンよりも構造はやや複雑になるものの、DOHCやOHCのようにエンジン上部のカムシャフトを駆動する機構が必要でないために比較的安価に出来た。このコンセプトのエンジンはフランスのゴルディーニ(例・アルピーヌ・A110用のOHV・クロスフローエンジン)やマツダ(1960年代当時・東洋工業)の初代キャロル用のエンジンやトヨタの初代センチュリー用のエンジンおよび初代カリーナ(2000ccは除く)、初代セリカ(2000ccは除く)、2代目(1200ccは除く)および3代目(1200cc、1300ccは除く)カローラ、5代目コロナ(ごく一部)、初代タウンエース(ごく一部)等に搭載されたパッションエンジン(トヨタ・T型エンジン。ただし2T-Gや3T-GTEU等のDOHCヘッドのT型エンジンは除く)をはじめ、多くのメーカーが用いているが、「HEMI」はクライスラー社の商標となっている。

アメリカでも、もちろん「ヘミ」で通じるが、一部では「ヘムアイ」と発音する場合(地域)がある。

第二次世界大戦中に開発した航空機用エンジンであるIV-2220に採用した技術を元に1951年に高性能車用のスペシャルエンジンとして開発され、クライスラー・ニューヨーカーに搭載されて発売された。その後、デ・ソート、ダッジ、の各デビジョンにも拡大され、クライスラー各車の高性能バージョンの代名詞ともなった。レースにも積極的に投入され、NASCAR、ル・マン24時間レースなどで活躍する。しかし、1959年をもって、一旦はコスト高で製造が中止される。しかし1960年代のスペシャルティカーブームの際にヘミエンジンを搭載したスポーツモデルがNASCARで大活躍し一時代を築く。1970年代からは社会を取り巻く事情によって再び歴史の表舞台から姿を消したが、近年になってクライスラーの象徴的エンジンとして再びヘミエンジンが注目されている。

最新のV8 HEMIエンジンは、2001年1月のデトロイトショーで発表された「ダッジ スーパー 8 Hemi」コンセプトと共に発表された。

2003年、ダッジ・ラム2500に市販車として初めて搭載された。

新世代にふさわしく、MDSと呼ばれる、軽負荷時に4気筒を休止させる可変シリンダーシステムを持ち、出力、燃費、エミッションを高次元でバランスさせている。 V8ゆえに搭載性も良く、多くの縦置きエンジンモデルにラインナップされている。

新世代「HEMI」搭載モデル
6.1L SRT HEMI V8
* ダッジ
o ダッジ・マグナム SRT8
o ダッジ・チャージャー SRT8
* クライスラー
o クライスラー・300C SRT8
* Jeep
o ジープ・グランドチェロキー (WK) SRT8

5.7L HEMI V8 With MDS
* クライスラー
o クライスラー・300C
o クライスラー・アスペン
* ダッジ
o ダッジ・マグナム R/T
o ダッジ・チャージャー R/T、DAYTONA R/T
o ダッジ・デュランゴ SLT以上にOpt.
* Jeep
o ジープ・グランドチェロキー (WK) LIMITEDにOpt OVERLAND
o ジープ・コマンダー LIMITED

5.7L HEMI V8
* ダッジ
o ダッジ・ラム 1500 QUAD CAB LARAMIEは標準 他はOpt.
o ダッジ・ラム 2500/3500

※クライスラー・ヘミエンジン参照
[ 2009/03/27 10:08 ] DODGE | TB(0) | CM(0)

Dodge Magnum XE 1978 Commercial 0'30"

トップページDodgeカテゴリーDodge Magnum XE 1978 Commercial 1978 Dodge Magnum XE Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マグナム (Magnum) はクライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売していた自動車。

マグナムの名を持つモデルは2種類存在する。 初代は1978年から1年間だけチャージャーの後継モデルとして生産された2ドアハードトップで、2代目は2004年から生産されたステーションワゴンである。

スタイルが大きくかけ離れた両者だが、どちらにも共通していることはチャージャーとプラットフォームを共有し、ハイパワーなエンジンの設定がある点である。

2004 年に復活したマグナムであったが、2008年に300ツーリングへ一本化、販売の芳しくなかった北米ではマグナムの販売は終了した。

また、「マグナム」の名は南米では別の車種に宛がわれていた。

初代(1978年-1979年)
マグナムはNASCAR参戦のために、チャージャーSEをベースに生み出されたモデルである。

1978 年当時、クライスラーはNASCARにチャージャーSEで参戦していた。 チャージャーSEは市販モデルとしては優秀であったが、そのベースは1974年から大きく変化しておらず、レースカーのベースとして鑑みた場合、デザインなどが旧態化しており空力面などでいささか不利になる要素を含んでいた。そこでチャージャーをベースにデザインを見直し、性能を向上させたモデルとしてマグナムが企画された。

マグナムとチャージャーSEとの大きな違いはフロントマスクである。 マグナムはヘッドライトの透明カバーがリトラクタブルになっており、ヘッドライト点灯とともにカバーが隠れるというユニークな構造であった。 このリトラクタブルの透明ヘッドライトカバーは1979年から販売されるダッジ・セントレジスにも採用されていた。 また、ボディデザインは空力を優先し細長いオペラ・ウィンドウを備えており、ボディタイプはT-バーかパワーサンルーフを選択できた。

こうして誕生したマグナムであったが、ベースになったチャージャー自体の設計が10年以上前の物で既に相当旧態化が進んでおり、またビッグブロック V8エンジンの生産も終了していたことから、わずか1年でダッジ・ミラーダに置き換えられた。

マグナムはBプラットフォームを搭載した最後のモデルであった。

なお、NASCARに投入されたマグナムはエンジントラブルなどが続いたこともあり、芳しい成績を上げることは出来なかった。

[ 2009/12/17 23:56 ] DODGE | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。