スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Top Gear Car Football VW Fox vs Aygo 8'07"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear Car Football VW Fox vs Aygo Car_Football_-_VW_Fox_vs._Aygo
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
VW FOX VS TOYOTA AYGO
VW FOX VS TOYOTA AYGOでフットボール(サッカー)をしてみました。勝者はどちらに!

VW FOXとTOYOTA AYGOの解説もつけておきました。

VW Fox
日本未投入モデル
フォックス(Fox) は、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲン社が製造、販売するコンパクトカー。

ブラジルで開発と製造され、中南米とヨーロッパで販売されている。開発コードは"P24Q"。デビューは2004年で、ボディ形式は3ドアハッチバックで乗車定員は5名もしくは4名。ポロより小さなクラスに位置し(全長はポロ比で20cm以上短く、フィアット・パンダなどと同等)、ルポ販売時のラインナップのうちで最も小さなモデルである。

製造は2004年に開始されており、欧州や中南米ではルポからフォックスにバトンタッチされている。ただし、メキシコではフォックスもルポの名で販売されている。

TOYOTA AYGO
アイゴ(Aygo)はトヨタが欧州で販売するAセグメント乗用車である。

欧州における市場拡大を図るトヨタが、Aセグメントに低コストで車種を投入するために、思惑の一致したPSA・プジョーシトロエンと合弁会社であるTPCAを設立し、新型車を共同開発する運びとなり、2005年2月28日よりチェコの工場で生産が開始され、同年3月のジュネーブモーターショーで披露された。

エクステリアデザインは各社ごと独自となっており、差別化されているが、インテリアは三車種が共通であり、三社の競作により最終的にトヨタ案が採用された。

リアウィンドウは下がらず、リアハッチ自体がガラスハッチとなっているなど、徹底した低コスト化がなされ、またドアの鉄板をむき出しにし、ドア形状の違うプジョー・107、シトロエン・C1と内装トリムを共有している。

車名の由来は、英語の「I go」より。朝鮮語の「アイゴー」とは無関係。

スポンサーサイト
[ 2008/06/22 09:08 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

Top Gear Changes Lada into Sportcar 7'27"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear Changes Lada into Sportcar Top_gear_changes_Lada_into_Sportcar.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
旧ソ連で販売されたいたラーダ。この車をロータス専門のチューンドショップにもって行き、どこまで早い車に仕上げられるか?というのが今回の企画。完成度はかなり高いぞ!この車だったら欲しくなるかも・・・

ラーダ(LADA;ロシア語:ЛАДАラーダ)は、ロシアの自動車メーカーのアフトヴァーズ(ヴォルガ自動車製作所、AvtoVAZ)社が生産している自動車の国外向けブランドである。国内向けには「ジグリー」ブランドで展開している。

1977年に発売されたクロスカントリータイプの「ニーヴァ」は、1980年代から日本にも輸入されていたことがあり、根強いファンがいる。

AVTOVAZは2001年にGMとの合弁会社GM-AvtoVAZを設立した。そして、GMとの共同開発により2003年にニーヴァが全面改良されて「シボレー・ニーヴァ」として発売された(なお、旧型のニーヴァも引き続きラーダブランドで販売されている)。GM-AVTOVAZではこのほかに「シボレー・ヴィヴァ(Chevrolet Viva)」(一世代古い「アストラ」)も製造している。

また、2004年にはBセグメントの小型車「ラーダ・カリーナ (Lada Kalina)」が発売され、2006年に西欧への輸出が計画されている。ソ連時代から生産されていたが、現在は韓国のGM大宇と合同で開発を行っている。合同開発以降品質と安全性は向上し、2007年に発売された「サマーラ」の後継車種である「プリオラ」はほぼ欧州の安全及び環境レベルに達し、総合性能でも韓国車に勝るとも劣らない性能を持っている。

新型のラーダは西欧の乗用車に見劣りしないデザインとなっているが、旧ソ連圏では旧ソ連製品への嫌悪から、相変わらず「悪い車」の代名詞になってしまっている。しかしながら、価格の安さと整備性(構造が単純なため、壊れてもすぐ直せる)によって、現在も非常に多くの新・旧ラーダが旧ソ連圏や東欧で使用されている。また、旧型車も依然として生産されている。

LADA RIVA
ラダ・リヴァ(LADA RIVA)は1980年に導入されて、 サロンと ステーションワゴン用紙の ラダブランドの下で販売された ロシアのメーカー AvtoVAZからの中型のファミリーカーです。それはいくつかの(すべてでない) 欧州諸国の ラダNovaとして カナダの ラダ1500と ラダSignetとして売り出されました。 ブラジルで、 ラダライカ犬としてそれを販売しました。

1980年に導入しますが、リヴァの起源は、より古いです: それは Fiatの124ベースの ラダType VAZ-2101/"Zhiguli" サロンのモデルチェンジされたバージョンです。(それは、1970年に導入されました)。リヴァ自身がVAZ-2105(ベースサロン)、VAZ-2104(地所)、およびVAZ-2107として公式に任命される、デラックスである、サロン、 BA3-2105(VAZ-2105)、BA3-2107(VAZ-2107)、'Pyatyorka'('Five')または Semyorka('Seven')として時々知られている( 東欧圏国で)大きいクロム格子で。ロシアでは、VAZ-2105、VAZ-2104、およびVAZ-2107が異形よりむしろ異なった車であると考えられます。それにもかかわらず、それらのすべてがVAZ-2101'Kopeika'などの、より年取ったモデルに伴う単独の'Klassika'('古典的')の家族に非公式に含まれています。

機械的に、第一世代VAZ-2101モデルには、車は実際には同じです、後輪の上のFiatによって派生させられたエンジン、トランスミッション、すべてが一周させる コイルバネのサスペンション、およびアルミニウムドラムブレーキを特徴として。 主要な機械的な変化はただ一つのポイント 燃焼室への燃料噴射と 触媒コンバーターが放出法律について行く試みで指定された1990年代に来ました。

安全と放出法律をきびしくするのは1997年までにほとんどの西洋のヨーロッパの市場から引き下がるリヴァに通じました、それがまだ生産ロシアのAvtoVAZ工場で中ですが。 2005年に、地所モデルの生産は Izhによって引き継がれました、 Bogdan Groupの LuAZプラントにアセンブリを移す前に。 2107年のモデルがAutoVAZにあるだけではなく、まだ生産、 ウクライナの ZAZ工場、および エジプトの 鈴木の工場にもあります。

イギリスでは、ラダ・リヴァが販売で最もポピュラーな予算提供のひとりでした。 spartan内部、時代遅れのスタイルの、そして、時代遅れの版下台紙は実際に フォードSierraなどのマーケットリーダーの同様サイズの製品の買い手を決して対象にしなかったことを意味しました。, ボクソール騎士と オースチンモンテゴ。 それは シュコダのような造からの仲間 東ヨーロッパの、そして、 極東の車のための競争相手でした。, Yugo, FSOと ヒュンダイ。売り上げは初めは非常に強かったです、ラダが1987年に初めてイギリスの車の売上表で2万マークを通過していて。競争の残りが、より現代のデザインを思いついていた時の変化の不足はリヴァの財産に不利となりました、そして、リヴァは1990年代前半にまだよく売れていましたが、販売は下がりました。より厳しい放出規則に車を適合させる必要性に結合されています、1997年にイギリス(ラダ範囲の残りに伴う)から引き下がって、これはそれに通じました。

モデル異形はリヴァSignet、リヴァ1200、リヴァ1300、リヴァ1500、およびリヴァ1600を含んでいました、きちんとしたレベル「E」と「L」で。 Turboは、モデルラダ2107Turboが フィンランドで販売されたと宣言しました。

エジプトでは、オモールForeign Trade社とラダの親会社AvtoVAZが2000年に 北部のアフリカの市場にラダスを集まらせる合弁事業協定に調印しました。 しかしながら、彼らにそれら自身の工場がなかったとき、スペースは カイロの地方の 鈴木プラントで2107年の リヴァのバージョンを組み立てるのがわかりました。 2006年の時点で、生産は 鈴木で生産されるのに 2110、追加モデル、続きました。 プランは、別々の工場が今年ラダの生産のためにエジプトにオープンするように進行中です。

[ 2008/06/23 10:41 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

Top Gear Hill Climb Challenge 5'30"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear Hill Climb Challenge Top_Gear__Hill_Climb_Challenge.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
旧式車(1961年型 車種不明)VS現代車(ガルウィング、ウーハー、プレステ、油圧車高調整キット付、車種不明)。

場所はプレスコットヒルのヒルクライム(Hill Climb)。ヒルクライムとは上り坂を上っていくレース。

結果は見え見えですが、お楽しみを・・・

[ 2008/06/24 11:30 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

Top Gear Ford Transit on the Nurburgring 11'45"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear Ford Transit on the Nurburgring Top_Gear_-_Ford_Transit_on_the_N_rburgring_Part_2_of_2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
FORD トランジット(商用バン)での走行。目標タイムは10分。あのR35GT-Rが7分台をただきだしたニュルブルクリンクでのタイムトライアルです。

パート1では主にフォードトランジットの主要説明で、パート2では実際にニュルブルクリンクのタイムトライアル映像です。

フォード・トランジットとは・・・
ドイツ・フォードが開発した、多目的トラック。小型のバンから中型のバスまで様々な種類があり、1950年代に初代が登場以来、英国でも生産され現在もヨーロッパの商用バンのスタンダードである。

Nurburgring(ニュルブルクリンク)とは・・・
ニュルブルクリンク(ドイツ語:Nürburgring)はドイツ北西部ラインラント=プファルツ州・ケルンの南方ニュルブルクにあるサーキット。北コースと南コースがある。

1995年以降毎年、F1グランプリが行われている。(1997年、1998年はルクセンブルクGP、それ以外はヨーロッパGPとして開催。) 1995年から1997年にかけてはロードレース世界選手権(WGP)も開催された。なお、ここで開催された1964年のF1ドイツグランプリでホンダが日本の車として初めてF1に出走した(当時は北コース)。

モータースポーツの他にも、マラソン大会、自転車レース、ロックイベントなどが行われている。

第一次世界大戦に敗れたドイツで、当時の政府が失業者に職を与えるために建設した。1927年の開設当初は全長が22.8kmの巨大な北コース(ドイツ語:Nordschleife)と全長7.7kmの南コース(ドイツ語:Südschleife)の2つに分かれており、現在は北コースが20.8km、南コースが5.1kmとなっている。名称はNürburg-Ringだったが、1933年、ナチスが政権につくと国力高揚のためにアドルフ・ヒトラーはモータースポーツに資金援助をおこなった。ニュルブルクリンクもその一環で改修され、また名称もこのときハイフンが取られ、Nürburgringとなった。第二次世界大戦前まで、ドイツ、フランス、イタリアなどの欧州諸国はレーシングカーの開発に力を入れメルセデス・ベンツ、アウトウニオン、ブガッティ、アルファ・ロメオなどが争ったグランプリが行われたが、ナチスの強力な資金援助のためにドイツ勢が優勢となっていった。戦後は、1951年から76年の大事故(レースの項参照)までF1GPが開催された。

豊かな森の中にある古城ニュルブルク城を囲む北コースは、高低差300メートルで坂の連続、カーブ(コーナー)の数は超高速から超低速まで172(うちコンクリート舗装のバンクがついたカーブが2ヶ所ある)もあり、その多くはブラインドコーナーとなっていて、カーブがどのくらい回り込んでいるか見えない。それでいて、コース全体の平均スピードが高く、波打ち蛇行し、路面は埃っぽく滑る。加えて、コース幅は一般のサーキットより狭く、エスケープゾーン(安全地帯)も無きに等しい位狭く、コース両脇が壁になっているところもある。また、一番長い直線は約2100メートルあり(途中ゆるいカーブがある)、富士スピードウェイよりも長い。そこではレーシングカーなどでは最高時速300kmを超える。以上の事から、車の各パーツ等への負担が大きく、また、何よりドライバーに多大な負担がかかる。狭く荒れた道を高速で長時間車を走らせるには、相当の腕前と経験、集中力さらには勇気と体力も必要とされる。まず、コースを覚える事自体大変である。またその過酷さから、車両の総合的な性能が求められ、走行する車両のボディーが良くないと良いタイムが出ない事から、スポーツカー等自動車開発時にテストサーキットとしてよく利用されている。日本車ではホンダ・NSX、日産・スカイラインGT-R(R35型GT-R)、スバル・インプレッサWRX、三菱・ランサーエボリューションなどの開発テストコースに用いられたことで知られる。世界の自動車メーカーのほとんどはここでテスト走行を行ったことがあるが、フェラーリはニュルブルクリンクでロードカーのテスト走行を行ったことはない。

北コースのラップタイムは、300馬力程度のスポーツカーで8分前後、それ以上、またはレーシングカーでは約7分程度である。コースレコードは、F1マシンでは1975年のドイツGPでニキ・ラウダの記録した6分58秒6(改修前の南コースを含むためL=22.835km)、スポーツカーでは南コース改修中の1983~1984年暫定コース(L=20.832km)で行われた1983年の1000km耐久レース予選時、ステファン・ベロフがワークスのポルシェ956で記録した6分11秒13である。因みに市販車のコースレコードはマイケル・バーガーの走らせるラディカル・SR8により記録され、6分55秒である。最近ではパガーニ ゾンダFが7分27秒で走った。

なお、北コースは法的には一般有料道路に位置づけられており、貸し切り日以外は一般の人も料金(1周19€/2007年11月現在)を支払えば自分の車でサーキットを走行することが可能だが、北コースで起きた事故に関しては自動車保険が適用されない。

またコースのアスファルト上に、テストを行ったメーカーやドライバーなどがチョークで書いた、自動車会社のエンブレムなどの落書きがいたる所に見られる。

ニュルブルクリンクでF1が行われ始めたころは北コースを使用していたが、上記にもある通り起伏が激しく車がジャンプする地点があるなど、車の性能が上がるにしたがって危険になっていった。そして1976年のドイツGPとして行われるレースをもって北コースでのF1開催を終了することが決まった。そのレース中にフェラーリのニキ・ラウダが大事故を起こし、北コースの危険性を改めて浮き彫りにした。その後ドイツGPは、ホッケンハイムリンクで行われることになった。そして1984年に全長4.5kmの新たな南コースが建設され、翌1985年のドイツGPはこの南コースで開催された。1986年以降のドイツGPはホッケンハイムに戻るが、1995年に再度ニュルブルクリンクでのF1グランプリが行われた。ビートルシケインの形状が小変更された後、2002年に1コーナーが大きく改修されたため、南コースの全長は5.1kmとなった。現在のF1ではこの南コースを使用しており、北コースは現在でもニュルブルクリンク24時間レース等で使用されている。(ほぼDTM仕様と言って差し支えない車両からアマチュア所有のオペルマンタやディーゼルエンジンのベンツ190Eなどありとあらゆる車両が1分程度の時差でスタートし狭いコースを混走する様はまさに圧巻)。また、24時間レースでは、北・南両コースをつなげて使用され、スタート・ゴール、ピットは南コースが使用される。他に、カミオン(トラック)レースも行われている。

なお、北コースにおける現役F1マシンの走行は長らく行われていなかったが、2007年4月28日に開催されたイベントのデモンストレーションにおいて、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドが、31年ぶりに北コースを走行した(使用したのは2006年仕様のマシン、F1.06)。過酷な北コースの路面を近代F1マシンで走行するのはいささか無謀ではあるが、車高を最大に上げ、タイヤもバースト回避のため非常にハードなものを使用することでマシンを適応させ、コースを3周した。デモのための安全重視の走行で、ギア比もショートレシオに設定していたため、ファステスト・ラップは8分34秒、トップスピードは275km/hにとどまっている。

ジェンソンバトン選手がホンダCIVICを使ったニュルブルクリンク(北コース)のオンボード映像です。

[ 2008/06/25 11:11 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

TopGear 2007 Bugatti Veyron Top Speed Test 9'30"

トップページTOP GEARカテゴリーTopGear 2007 Bugatti Veyron Top Speed Test TopGear_2007_Bugatti_Veyron_top_speed_test.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ブガッティ・ヴェイロン(Bugatti Veyron 16.4)は、ブガッティ オトモビル SASが製造・販売するスーパーカーである。 2005年、フォルクスワーゲングループによって設立された新生ブガッティブランド初の市販車であり、同グループのフラグシップともなっている。2005年に世界最高時速の407キロを記録したが、2007年にShelby Super Cars社のアルティメット・エアロに破られている。

ドイツのフォルクスワーゲンが獲得したブガッティの商標権(ブランド)および製造販売権に基づいて1998年に設立された同社の完全子会社である。

ヴェイロンの名を持つモデルが世に出たのは、1999年の東京モーターショーが最初(このときのモデル名称はEB18/4ヴェイロン)。翌2000年のモンディアル・ド・ロトモビル(パリサロン)で搭載エンジンがW18気筒からW16気筒に変更され、現在の名称が採用されると同時に、大まかな仕様(最高出力1000馬力以上、最高速400km/h以上)が発表された。2001年には量産化にゴーサインが出ていたが、高速走行時の空力特性、スタビリティーの問題や、大型エンジンの採用による排熱の問題もあり、開発は難航していた。

正式車名の「16.4」はv8気筒×2のW16気筒+4ターボチャージャーであることを表している。ミッドシップマウントされた8.0リットルの排気量を持つW型16気筒エンジンは4基のターボチャージャーにより過給され、1001馬力を発生する。このエンジンはすべて8時間のベンチテストにかけられた後、6500rpmのレッドラインで数分間回される。4輪駆動で、発進から100km/hまで2.5秒で加速し、 200km/hまでは7.5秒、300km/hまでは16.7秒で加速が可能である。(ただし最高速に達するまでには11km、そこからのブレーキングに 500mが必要なため、最高速を出すには最低11.5kmの直線が必要になる。)最高速度は407km/hに達すると発表されている。燃料タンク容量は 100リッターで407km/hのトップスピード時の燃費は0.8km/Lで、12分後にはガス欠になる。この場合の走行距離はたったの80kmである。組み合わされる変速機は7段DSG。クラッチ操作を必要としないため、日本のオートマチック限定免許でも運転できる。 フルオートマチックモードとセミオートマモードが備わる。セミオートマモードのときはステアリングホイール裏側のパドルで操作する。エンジニアリングを担当したのはイギリスのリカルド社。

ヴェイロンで実際に407km/hを出すには、一旦停車して、ブレーキを踏んだ状態で専用のキーを運転席横のサイドシルに差し込まなければならない。これにより車高が最低位置まで下がり、リアウィングの水平からの角度が最低の2度まで下げられる。(215km/hで自動展開)リヤウィングが展開した状態では370km/hまでしか出せなくなる。

また、高速走行する際に車高とリアウィングを3段階調整することが出来る。車高はノーマルが120mmなのに対し、「ハンドリングモード」に切り替えると80mmになり、さらに「トップスピードモード」に切り替えると60mmにまで低くなる。ウィングは油圧式で最大でルーフを越えるまで上昇する。

2005年の東京モーターショーで生産型が正式に発表され、2006年6月からデリバリーが始まった。300台を上限として限定生産される。

たとえ300台を超える受注があっても増産する事は無く、受注が300台に満たない場合でも生産期間を引き伸ばす事は無いと言う。このうち日本への割り当ては5%の15台である。ただ、これはあくまで予定ということで、もし日本で15台を超える受注があった場合、世界全体の受注が300台に満たない状態であれば販売していくとの事。

ブガッティ社から指名された日本の正規発売代理店(アルピナの輸入先として知られる)ニコル・レーシング・ジャパンは車両価格1億6300万円(税込)で販売開始した。これは100台単位で生産される自動車としては世界最高額であるが、日本ではこれまで3度の値上げを経て、2007年7月以降の定価は1億9900万円(税込)となっている。最大の市場であるアメリカ合衆国でのメーカー希望小売価格は125万ドルである。

実際に購入するに当たって、ブガッティ社およびその車のイメージが崩される事を避ける為の審査が行われる。(投機目的、反社会的とされる職業の人は省かれる事がある)まず日本の代理店であるニコルレーシング・ジャパンが顧客の情報を事前に確認、問題は無いと判断された上、職業、購入目的等(審査がくだんの目的の為年収審査は存在しない)の情報をブガッティ本社に送り、社の基準に則した審査が行われ最終的に選定される。これらの審査を通過した時点で購入の事前確認が完了し、約5千万円の予約金を支払うと、航空券(ファーストクラス)を伴った招待状が届き、モールスハイムのブガッティ本社へ招待される。そこで車の内外装、他オプション等を決め、シートの形状、サイズ、位置などオーナーに合わせ、ブガッティ社の用意したテストコース(サーキットや公道など)で試乗をし、納車までの間に残りの金額を支払い最終的に納車となる。本社に行かずに日本で仕様を決めることも可能である。又購入した場合、顧客にはブガッティのオーナークラブへの入会資格があり、クラブではオーナー同士が400km/hオーバーを目指すレース等のイベントが行われる。

2007年、日本で新規登録されたブガッティは3台であった。

* 2007年9月13日 - アルティメィト・エアロ TT(Ultimate Aero) - Shelby Super Cars社(本社ワシントン州)…時速414.3キロ(ギネス登録)
* 2005年 - ブガッティ・ヴェイロン…時速407キロ(非公式)
* Koenigsegg CCR - ケーニグセグ(Koenigsegg) - スウェーデン…時速395キロ

[ 2008/07/06 00:50 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

Top Gear - Jeremy's Level Crossing Safety Message 4'40"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear - Jeremy's Level Crossing Safety Message Top_Gear_-_train_hits_car
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
実際に踏み切りに内で車が立ち往生した状態を想定して、車が列車と衝突する瞬間映像です。くれぐれも真似などしないように・・・

[ 2008/07/07 01:16 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

TopGear - お笑い韓国車 KOREAN CAR 字幕版 15'48"

トップページTOP GEARカテゴリーTopGear- お笑い韓国車 KOREAN CAR 字幕版 _______KOREAN_CAR_______-1.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
値段が激安の車たちの辛口評価。結構面白い。。。

[ 2008/09/05 20:30 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

お笑いストレッチリムジン TOPGEAR 10'35"

トップページTOP GEARカテゴリーお笑いストレッチリムジン TOPGEAR Comedy stretch limousine_TOPGEAR
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
自作?特注のリムジンでVIPをお出迎え。なかなか面白い

[ 2008/10/24 18:17 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(1)

Top Gear - killing a Toyota BBC 10'34"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear - killing a Toyota BBC Top_Gear_-_killing_a_Toyota_pt_1_-_BBC
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
TOYOTA HILUXがどれだけ耐えられるかのテスト映像。過激過ぎる!

[ 2008/10/25 20:22 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

TopGear - R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 8'50"

トップページTOP GEARカテゴリーTopGear - R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 TopGear_Series11_Episode4_____GTR1_1_.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
日本横断R35 GT-R 対 新幹線。わざわざ日本に来てやっちゃいました。

[ 2008/12/04 11:33 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)

Mercedes-Benz S600(W100 1965年型) vs Rolls Royce Silver Shadow(1965年型) Old Car Challenge partⅠ 8'13"

トップページTOP GEARカテゴリーMercedes-Benz S600(W100 1965年型) vs Rolls Royce Silver Shadow(1965年型) Old Car Challenge partⅠ Grosser vs. Corniche old car challenge part 1 - Top Gear - B.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1965年型のMercedes-Benz S600とRolls Royce Silver Shadowの対決。
スラロームから最高速までありとあらゆるテストで競い合う

[ 2010/02/05 01:59 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。