スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Infiniti G35 (日産スカイライン) 2007 CM 0'36"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti G35 (日産スカイライン) 2007 CM 20071030104038.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
12代目(V36型、2006年-)
キャッチコピー:日本のクルマに、ときめきが帰ってくる。(セダン)、日本に、クーペのときめきを。(クーペ) シフトワード:SHIFT_passionときめきをシフトする。

2006年4月 ニューヨーク国際オートショーで輸出仕様である新型インフィニティG35セダンが出展される。この時点でクーペはコンセプトモデルの発表だった。

2006年11月20日 日本発売。
駆動方式はFRの他にAWD(アテーサE-TS)が設定され、エンジンは改良型VQエンジン(約80%の部品が新設計)のVQ35HR・V6・DOHC・3500cc 315馬力(232kW)/6800rpm 36.5kgm(36.5N・m)/4800rpm とVQ25HR・V6・DOHC・2500cc 225馬力(165kW)/6800rpm 26.8kgm(26.8N・m)/4800rpm を搭載[9] 。 北米仕様のインフィニティG35セダン向けVQ35HRは2007年1月米ワーズ社の「10ベストエンジン」を受賞した。VQエンジンとしては13年連続の受賞で、このような長い期間の連続受賞は単一のエンジンとしてはきわめて異例のことである。

スポーツグレードである350GT typeSPと350GT typeSには世界初搭載の四輪制御システム「四輪アクティブステア(4WAS)」をメーカーオプション設定。ミッションは5AT(北米向けG35は6MTもある)で、パドルシフトの設定もある。このパドルシフトはマグネシウム製とすることで軽量化と剛性の強化を、本革張りとすることで質感の向上を図っている。一方で位置に関しては、誤操作を防ぐ配慮かステアリングホイールからやや遠い位置にあるが、一部の批評家にはこのことが不評である。ほかにスイッチ照明付きプッシュエンジンスターターを全車標準装備としている。

全高は2WDモデルでV35より20mm低くなり、スポーティな印象がました。各所にインフィニティのデザインモチーフや歴代スカイラインのモチーフをあしらい、フロントのデザインはフーガを連想させるようなデザインになっている。グレード間の外観差はフーガのGT系とXV系のように明確ではないが、スポーツグレードの350GT typeSPと350GT typeSは専用スポーツバンパー及び専用スポーツバンパーグリルとなる。

ナビゲーションは日産初のHDDタイプが設定される。エンターテイメント機能として内蔵HDD(30GB)に最大約3000曲分もの音楽データを収録可能なミュージックボックスとDVD及びコンパクトフラッシュの再生機能がある。ディーラーオプションのナビゲーターは設定されていない。オーディオにはBOSE社製のシステムを採用し、車内7組11個のスピーカーをスカイライン専用に新設計。これはHDDナビとのセットオプションとなる。基本の再生システムは 250GT/250GT FOURにはスカイラインホログラフィックサウンドシステムII、他のグレードはスカイラインホログラフィックサウンドシステムIが標準装備される。Iと IIの違いははCDプレイヤー(II)かインダッシュ6チェンジャーCDプレイヤー(I)かだけである。インテリアには本木目と本アルミのパネルにエクリュ、ブラック、フォーブの内装色が選べる。また、フーガで好評のインパネ アナログ時計を全車標準装備する。

2007年4月のニューヨーク国際オートショーでG37クーペが発表された。
BR> 2007年10月2日クーペ発売開始。エンジンはVVEL(ブイベル)[10]を採用した3700ccのVQ37VHR(333ps/7000rpm)を搭載。セダンには無かった6速MTも設定され、日本初となる歩行者との衝突時に瞬時にボンネットを浮かせる「ポップアップエンジンフード」も搭載された。

2007年11月27日、セダンに「250GT Type S」追加。同時に、スカイライン生誕50周年記念として専用の刺繍入り赤本革シートとシリアルナンバープレート等が付いた期間限定車「50th Limited」を設定。2008年3月までの期間限定受注販売。

日産のプレスリリースによると、発売から約1ヶ月間のごく好調な新型スカイラインの受注は中高年層に支えられており、29歳以下の購入者は3%程度となっている。かつてのスカイラインファンを再び呼び戻すことには成功したものの、スポーツカー離れの進む若い層をいかに獲得するかがV36型スカイラインの次の課題となっている。

スポンサーサイト
[ 2008/02/03 13:27 ] INFINITI | TB(1) | CM(0)

Infiniti QX56 CM 0'31"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti QX56 CM Infiniti_QX56_cm.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティQX (INFINITI QX) は、日産自動車の高級車部門である「インフィニティ」のSUVであり、現在のQX56は北米で生産されている。

初代はR50型系パスファインダー(R50型系「テラノ」)をインフニティ向けに仕立て直したQX4であり、2代目は日産ブランドのフルサイズSUVである「アルマーダ」をインフィニティ向けとしたQX56である。

2代目(JA60型 2004年-)QX56
2004年1月の北米国際オートショーに出展。

ベースは北米製フルサイズピックアップであるタイタンで、3列シートの8人乗り、および7人乗りのワゴンボディーが与えられている。エンジンはVK56DE型 5.6L V8 DOHCエンジンで、5速ATが組合わされる。

現在は、車体は米国ミシシッピ州のキャントン工場、エンジンがテネシー州のデカード工場にて生産されているが、2008年から2009年にかけて日産車体へ生産を移管することが発表されている。

2007年1月の北米国際オートショーに2008年モデルを出展。内装の意匠を変更し、質感の向上を図っている。

インフィニティ・FX同様、日本の輸入SUVディーラーが逆輸入(並行輸入)という形で販売している。

[ 2008/06/16 13:46 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infiniti Q45 Presidential Commercial in San Fransisco 0'46"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti Q45 Presidential Commercial in San Fransisco 0'46" Infiniti_Q45_Presidential_Commercial_in_San_Fransisco.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティ (INFINITI) は日産自動車がアメリカ合衆国・カナダ・韓国・中華民国(台湾)・中東地域で展開する高級車ブランド。

日産ブランドに比べ、高級ブランドとして付加価値の高い商品性はもちろんのこと、スポーティさを強調している点が特徴である。その証拠に、2007年現在ラインナップされている車種全ての駆動方式がFRもしくはFRベースの4WDとなっている。ただし、2005年まではIシリーズ(日本名:日産・セフィーロがベース)のようにFFベースのクルマも存在していた。

また、デザイン上の特徴として「オーセンティック」な面を強調し、日産ブランドと比べてラグジュアリーでスポーティ、かつクラシカルな要素も持ち合わせたスタイリングを目指している。具体的には、フロントグリルのダブルアーチ、L字型のヘッドランプとテールランプの形状、さらに、新型Gシリーズでは、日本刀からモチーフを取り入れたグリル内の4本横線などが挙げられる。しかし、それらインフィニティブランドの特徴的デザインの多くは、日産ブランドの車種でも取り入れられており、現時点では明確な特徴とはなっていない様子である。

インフィニティ・ブランド確立や日本市場導入のために独自の開発がさらに必要になるとの判断から、2006年春に行われた日産内部の組織改正でインフィニティ専門の担当部署が多く新設されており、今後はより高価格・高付加価値型車両に特化した商品開発が進むことが予想されている。

1989年にアメリカ市場向けの高級ブランドとして設立された。設立当初は流通システムの不備などから、トヨタ自動車のレクサスや、本田技研工業のアキュラほどの人気は勝ち得ず、1990年代後半には販売台数が非常に低迷した。

しかし、ルノーと提携後のカルロス・ゴーン体制下では、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしてテコ入れする方針が打ち出され、販売網整備と車両のデザイン等を核とした抜本的な見直しが図られた。

その後、比較的手頃な価格でリリースされたV35型インフィニティ・G35(日本名:日産・スカイライン)が大ヒットしたこともあり、現在ではアメリカでも高級車ブランドの一つとして認知されるだけのシェアを得ることができるようになった。

ちなみに、なぜ表記が"INFINITY"でなく"INFINITI"なのか、という点については、「英語ではなく、イタリア語であるから」とアナウンスされている。

車種一覧
* セダン
o Q (FR)
+ Q45は、2006年北米での販売を終了。現在韓国で販売。
o M (FR/4WD)
o G (FR/4WD)

* クーペ
o Gクーペ (FR)

* SUV
o QX (FR/4WD) (日本未発売モデル)
o FX (FR/4WD) (日本未発売モデル)
o EX (FR/4WD) (日本未発売モデル)

車種名について
車種名の末尾に2桁の数字を付け、Q45→4500cc、QX56→5600ccの様におおよそのエンジン排気量を表す。車種名をつけるにあたって、規則性や、意味が特にあるわけではないが、セダン系の場合、Qを頂点にM→J→I→Gとアルファベットの順序が早いほうが下級で、遅い方が上級のようである。同じくSUV系でもQXを頂点にFX→EXという順序でグレードわけされているようだ。ちなみに、Qシリーズに限っては、英語のCue=きっかけという意味があると言われている。

2代目 FY33型 (1997-2001年)
1997年 海外向けインフィニティQ45のモデルチェンジが実施され、FY33型シーマの姉妹車となる。この年、台湾で発売。

[ 2008/08/16 14:57 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infiniti FX 0'30"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti FX INFINITI FX.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティ・FX (INFINITI FX) は、日産自動車のインフィニティ・ディビジョンで北米、台湾、韓国、中東、中国、ロシア、EU諸国などで販売されているクロスオーバーSUVである。

ンフィニティが2003年に北米市場へ送り出した、スポーツカーとプレミアムSUVのクロスオーバーをコンセプトとしたモデル。BMW X5やポルシェ・カイエンなどのハイパフォーマンスSUVをライバルとしている。

2001年のデトロイトショーを皮切りに、FXのコンセプトモデルを2台送り出し、市販化に漕ぎ着けている。インフィニティブランドでは、先代G 35クーペに続き成功を収めたモデルであり、一時期北米市場では月販6000台を超える台数を記録するなど、インフィニティのブランドイメージをさらに高めたモデルである。

アメリカ、カナダ、中東、韓国、ロシア、中国、台湾、EU諸国(フランス、イタリア、ポーランドなど)に輸出されている。現在のところ右ハンドル仕様がないため、日本を初めとする左側通行の諸国には投入はされていないが、2代目となるS51型系は右ハンドル化が考慮された設計となっている。なお、イギリスへの右ハンドル車製造・輸出は、2009年4月以降に予定されている。

初代 S50型系
デザイン
スタイリングのテーマは「バイオニックチーター」。野性のチーターが持つ躍動感と優美さを狙っている。デザイン開発は、日産テクニカルセンターで行われた。2001年に初めて発表されたFXコンセプトは、翌2002年には大きく姿を変えており、市販車のスタイリングは2002年のものをベースとしている。

エクステリア
2003年の登場時から、現在に至るまで外観における大幅な変更はない。2005年にリアコンビランプがLED + クリアーレンズに変更され、2006年にはフロントグリルと20インチアルミホイールのデザインが変更されている。

ボディーカラー
現在北米仕様に設定されているボディカラーは全9色。

* アイボリーパール
* リキッドプラティウム
* ダークブルー
* オータムカッパー
* シェアプラティウム
* シャンパンシルバー
* スーパーブラック
* ベリリウム
* ダイアモンドグラファイト

インテリア
現在北米仕様に設定されているトリムカラーは6種類。シートはすべて本革。トリムカラーはグラファイト / エスプレッソ / ブリックの3種類。インストゥルメントパネルは、本木目(ローズウッド) / アルミニウム / エッチングアルミニウムの3種類。

メカニズム
シャーシ
プラットフォームは、先代Gシリーズ(V35スカイライン)と同じFR-Lプラットフォームを採用。サスペンションは、フロント:マクファーソンストラット、リア:マルチリンクとなっている。フロントサスペンションの形式がストラットになった背景には、V8エンジン + 4WDの組合せのためのスペース確保がある。

当初からFX45には、20インチアルミホイールが設定(FX35にはオプション)されており、大径ホイールを履きこなせるサスペンションの設定がなされている。

ドライブトレイン
トランスミッションは5速ATのみの設定で、駆動方式はFRと4WDがあり、後者はスカイラインGT-Rで定評のあるATTESA E-TSを採用している。なお、FX45は4WDのみの設定である。

安全
車間制御技術としてインテリジェントクルーズコントロール及びプレビューブレーキングが採用され、車線逸脱防止技術としてレーンディパーチャーウォーニングが採用されている。

生産
平塚市、日産車体湘南工場。

その他
FXの開発には、日産・GT-R(R35型)のCVE / CPSを担当した水野和敏がCVEとして参加している。

社内の走行実験では、スラロームで、FX45が350Zのタイムを上回った。

日本での販売
このモデルは、ついに日産自動車による日本国内販売がされなかった。これは車体の大きさがほぼ同じで、室内がより広いムラーノ(FF-Lプラットフォームを採用)と競合し、価格ではそれを上回るためである。一方で、海外専売車の希少性から一部の並行輸入業者によりアメリカから逆輸入され、日本国内でも主要な都市を中心に時折見かける。

東京オートサロンなどのカスタムカーショーで披露するショップも多い。

[ 2009/07/07 13:16 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infiniti M Commercial 0'32"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti M Commercial Infiniti M Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティM (INFINITI M) は、日産自動車の高級車部門である「インフィニティ」のクーペ(初代)およびセダンである。MはBMWがチューンアップしたスポーツモデルの名称(BMW・M3等)でも使っている。そのことから、その名称使用権をめぐりBMWに告訴されていたが、2007年、カナダの裁判所はこの告訴を却下した。

3代目(2005年-)M35/M45
2005年5月、フルモデルチェンジ。2代目M45の後継車であり、セドリック、グロリアの後継車に当たるフーガをベースにしたセダンである。フーガとの違いとして、2.5Lモデルが用意されない。Q45の購入層も巻き込んだため、Q45の販売を終了するまでに至らせた。

V8エンジンモデルは、2005年8月に日本でデビューした。ただしXV系のグレードには搭載されず、GT系のみである。また、M45にはスポーティ・パッケージのM45スポーツも用意されており、こちらはフロントライトにブラックアウト処理が施され、19インチホイール、スポーツチューンドサスペンション、リアアクティブステアなどが装備されている。なお、2008年モデル以降はスポーツパッケージとしてM35/M45に設定される。

アメリカのコンシューマーレポートやポピュラー・メカニックス誌、テレビ番組のモーター・ウィークなどでは高級セダン部門で、レクサス、BMW、メルセデスベンツなどの競合を抑えて最高評価を得るなど、非常に高く評価されている。

2007年8月、マイナーチェンジが行われ、2008年モデルとなる。フロント・リアのデザインが一新され、同時に日本仕様にはないVK45DE搭載モデルの四輪駆動車である「M45x」が設定された。

2008年9月、一部改良で2009年モデルとなる。3.5L車に新型のVQ35HRエンジンが搭載され、二輪駆動の3.5L車には7速オートマチックトランスミッションが採用された。なお他のモデルについては5速オートマチックトランスミッションが引き続き採用される。

中国ではフーガが風雅 (FUGA) という名称で輸出され、日産ブランドで販売されていたが、2007年にインフィニティ・ブランドに移管された。但しM35のみ導入となった。

[ 2009/07/08 16:07 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infiniti I30 0'30"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti I30 INFINITI I30.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティI (INFINITI I) は、日産自動車の高級車部門である「インフィニティ」でかつて販売されていたセダンで、日産・セフィーロの姉妹車である。

初代(1996年-1999年)I30
1996年6月26日からJ30の後継車種として発売が開始された中型高級車である。ただし、レパードJフェリーがベースのJ30とは違い、駆動方式はFFであった。また、セフィーロをベースとするもエアコン送風口を中心としたインパネ形状やセンターコンソール周辺のデザインには若干の違いがあった。エンジンはVQ30DEを搭載。生産は日産自動車追浜工場。1999年にG20が復活するまでは、インフィニティブランドのエントリーカーであった。

グレードは、I30のほかに、スポーティーモデルの「I30s」が用意され、スポイラーやBBS製ホイールなどが装備された。また、途中、特別仕様車の「Limited」も用意された。北米日産でも取り扱われていた日産・マキシマとも姉妹関係にあり、また同じエンジンを搭載していたため(価格帯にこそ若干の違いがあったが)自社同士の競合となることもあった。

大規模なマイナーチェンジは行われず、BOSEオーディオシステムやサイドエアバッグの追加などが行われた。

[ 2009/07/09 16:25 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infiniti I35 Hummingbird 0'30"

トップページINFINITIカテゴリーInfiniti I35 Hummingbird Infiniti I35 Hummingbird.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティI (INFINITI I) は、日産自動車の高級車部門である「インフィニティ」でかつて販売されていたセダンで、日産・セフィーロの姉妹車である。

2代目(2000年-2004年)I30/I35
2000年にマキシマと共にフルモデルチェンジを行った。初代同様にセフィーロの姉妹車である。

標準モデルのほかに、ツーリングモデルの「I30t」および高級指向モデルの「I30l (I30 Luxury)」が用意された。インフィニティ立て直しの際にFF車は売らないと宣言されたが、結局は2004年まで販売された。また、国内では2003年にセフィーロに代わってティアナを発売したが、これは2004年まで販売が継続された。

2001年後期にはマイナーチェンジを行い、インテリアの小変更や、安全性の向上、エンジンの変更が行われ、VQ35DEを搭載したため名称がI30からI35になった。また、同時にATがゲート式に変更され(ただし、4ATのままであった)、エクステリアデザインが日本仕様後期型と差別化された。

2004年9月に生産終了。Iのモデル廃止が発表される。後継車はM45

[ 2009/07/10 17:04 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

INFINITI M45 0'30"

トップページINFINITIカテゴリーINFINITI M45 INFINITI M45.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティM (INFINITI M) は、日産自動車の高級車部門である「インフィニティ」のクーペ(初代)およびセダンである。MはBMWがチューンアップしたスポーツモデルの名称(BMW・M3等)でも使っている。そのことから、その名称使用権をめぐりBMWに告訴されていたが、2007年、カナダの裁判所はこの告訴を却下した。

2代目(2003年-2005年)M45
2002年3月に第102回ニューヨーク国際オートショーに出品され、2003年に発売が開始された。

およそ10年ぶりにMの名前が復活したM45は、I30/I35の後継車として、初代とは大きくコンセプトを変え、グロリアおよびセドリックをベースにシーマに搭載されるVK45DEエンジンを搭載したセダンである。なお、VK45DEを搭載したのは既にQ45に搭載されていたエンジンだったため、コストが削減できるからであった。

エクステリアデザインはグロリア(後期型)とほぼ同一であるが、デザインが地味であり、北米市場には不評であったため、販売は不振となった。

また、インテリアデザインは、Q45(シーマ)と同じデザインに変更された。

なお、生産拠点はM30の追浜工場から日産自動車栃木工場に移管され、M35/45もここで生産される。

[ 2009/07/11 17:20 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)

Infinity Q45 World Trade Center in Backround 1992 0'30"

トップページINFINITIカテゴリーInfinity Q45 World Trade Center in Backround 1992 0'30" 1992_Infinity_Q45_World_Trade_Center_in_Backround.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティ (INFINITI) は日産自動車がアメリカ合衆国・カナダ・韓国・中華民国(台湾)・中東地域で展開する高級車ブランド。

日産ブランドに比べ、高級ブランドとして付加価値の高い商品性はもちろんのこと、スポーティさを強調している点が特徴である。その証拠に、2007年現在ラインナップされている車種全ての駆動方式がFRもしくはFRベースの4WDとなっている。ただし、2005年まではIシリーズ(日本名:日産・セフィーロがベース)のようにFFベースのクルマも存在していた。

また、デザイン上の特徴として「オーセンティック」な面を強調し、日産ブランドと比べてラグジュアリーでスポーティ、かつクラシカルな要素も持ち合わせたスタイリングを目指している。具体的には、フロントグリルのダブルアーチ、L字型のヘッドランプとテールランプの形状、さらに、新型Gシリーズでは、日本刀からモチーフを取り入れたグリル内の4本横線などが挙げられる。しかし、それらインフィニティブランドの特徴的デザインの多くは、日産ブランドの車種でも取り入れられており、現時点では明確な特徴とはなっていない様子である。

インフィニティ・ブランド確立や日本市場導入のために独自の開発がさらに必要になるとの判断から、2006年春に行われた日産内部の組織改正でインフィニティ専門の担当部署が多く新設されており、今後はより高価格・高付加価値型車両に特化した商品開発が進むことが予想されている。

1989年にアメリカ市場向けの高級ブランドとして設立された。設立当初は流通システムの不備などから、トヨタ自動車のレクサスや、本田技研工業のアキュラほどの人気は勝ち得ず、1990年代後半には販売台数が非常に低迷した。

しかし、ルノーと提携後のカルロス・ゴーン体制下では、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしてテコ入れする方針が打ち出され、販売網整備と車両のデザイン等を核とした抜本的な見直しが図られた。

その後、比較的手頃な価格でリリースされたV35型インフィニティ・G35(日本名:日産・スカイライン)が大ヒットしたこともあり、現在ではアメリカでも高級車ブランドの一つとして認知されるだけのシェアを得ることができるようになった。

ちなみに、なぜ表記が"INFINITY"でなく"INFINITI"なのか、という点については、「英語ではなく、イタリア語であるから」とアナウンスされている。

車種一覧
* セダン
o Q (FR)
+ Q45は、2006年北米での販売を終了。現在韓国で販売。
o M (FR/4WD)
o G (FR/4WD)

* クーペ
o Gクーペ (FR)

* SUV
o QX (FR/4WD) (日本未発売モデル)
o FX (FR/4WD) (日本未発売モデル)
o EX (FR/4WD) (日本未発売モデル)

車種名について
車種名の末尾に2桁の数字を付け、Q45→4500cc、QX56→5600ccの様におおよそのエンジン排気量を表す。車種名をつけるにあたって、規則性や、意味が特にあるわけではないが、セダン系の場合、Qを頂点にM→J→I→Gとアルファベットの順序が早いほうが下級で、遅い方が上級のようである。同じくSUV系でもQXを頂点にFX→EXという順序でグレードわけされているようだ。ちなみに、Qシリーズに限っては、英語のCue=きっかけという意味があると言われている。

2代目 FY33型 (1997-2001年)
1997年 海外向けインフィニティQ45のモデルチェンジが実施され、FY33型シーマの姉妹車となる。この年、台湾で発売。

[ 2010/04/29 00:59 ] INFINITI | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。