スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Opel Astra GTC 0'30"

トップページOPELカテゴリーOpel Astra GTC Mensnewbestfriend.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アストラとはラテン語で「星、新星」を意味する。 欧州でオペル(Opel)、英国でヴォクソール(Vauxhall)、豪州でホールデン(Holden)、ラテンアメリカ諸国ではシボレー(Chevrolet)とGM傘下のブランド名で展開されている。また、2008年モデルイヤーからは北米でもサターン(Saturn)ブランドで販売を開始した。

アストラは、元々はヴォクソールの車種に対して使われていた名称であり、オペルではカデット(Kadett)という名称を用いていた。 1991年にゼネラルモータースのコーポレートアイディンティティ(CI)政策により、世界的に車名がアストラに統一された。(その際にオペル開発の乗用車は、末尾に「A」がつくものに改められた。現在ではその限りではない。)カデットF=アストラFとなりその流れで現在でもアストラF、アストラG、アストラHと呼ばれている。なお英国では逆にカデットの流れとして、アストラF=アストラMk- II/III、 アストラG=アストラMk-IV、アストラH=アストラMk-Vと呼んでるユーザも見られる。

1991年にドイツ・リュッセルスハイム本社工場(サルーン、ワゴン)、ボーフム(ワゴン)、ベルギー・アントワープ(ハッチ)で製造が開始された。 1994年にイタリア・トリノのベルトーネの工場でカブリオレの製造が開始された。南アフリカのデルタモーターズがライセンス製造、これにより世界80個所で270万台を販売し、GMグループで最高の販売台数になるとともに、カローラに次いで世界第2位の販売台数を誇る車種となり、1997年には西ヨーロッパにおける販売台数で第1位を記録した。

競合であるフォルクスワーゲン・ゴルフにはワゴンモデルが存在しなかったため、1994年からの欧州、日本のワゴンブームにのり、ワゴン車でもドイツでは第1位を記録した。この影響により、その後、フォルクスワーゲンはゴルフにワゴンモデルを投入するに至っている。

Astra-Gが登場してからも、一部地域ではアストラ・クラシックとしてサルーンモデルを生産していた。

日本仕様
3または5ドアハッチバック、4ドアサルーン、5ドアワゴン、2ドアカブリオレのガソリンエンジンのモデルが輸入された。

1993年から1996年モデルまでは、全ボディともにC20NEと呼ばれる2.0LのSOHCエンジンに4ATを組み合わせたものが基本となった。

1997年モデルより全車エコテック (ECOTEC) と呼ばれるDOHCエンジンを搭載した。(SPORTグレードのみ前年からの搭載) それまではグレードによるエンジンの違いはスポーツモデルを除き無かったが、この年よりGL系は1.6L、CDX/ワゴンクラブ/カブリオは1.8L、SPORT系は2.0Lとなった。

1998年モデルは限定車のワゴンクラブスペシャルのみで、これを最後にAstra-Gにバトンタッチした。

外装が大きく変わったのは1995年モデルからである。 グリルや灯火類、サイドモール、エンブレムが全車変更され、ワゴン以外の車種にリヤガーニッシュ追加、ハッチバックはリヤスポイラーとリヤバンパー形状がそれぞれ変更された。

1994年モデルまでは、瞬間燃費などが表示されるマルチインフォメーションディスプレイ(MID)が装備(GL/ワゴンGLS/カブリオ除く)されたが、1995年以降は時計やオーディオ情報のみ表示のトリプルインフォメーションディスプレイ(TID)に全車変更された。

運転席エアバッグは1994年モデルから、助手席エアバッグは1995年モデルより全車種に標準装備された。なおABSは初年度(1993年)より全車標準装備である。

カブリオと1997年の限定車コンフォートエディションを除き、後席の窓は手動だった。

ECOTEC搭載車はリヤエンブレムに"16V"とあるのが、外装からの判別ポイントになる。

  • ハッチバックGLの右ハンドル車には5MT(2.0Lワイドレシオ、1,6Lクロスレシオ)の設定あり。
  • 3ドアGsi-16V(1993-1994)と5ドアSPORT(1995)にはC20XEと呼ばれるF3ベースの2.0LDOHCエンジンに5MT(クロスレシオ)が搭載された。なおGsi-16VとSPORTではギヤ比が変更されている。(ただし1994年モデルのみ4ATも選択できた。)これらは左ハンドルのみの設定だった。
SPORTグレードは、年式(モデルイヤー)によって全く違う内容になっている。

  • 1994年(XD200) 5ドアハッチバックGLの4AT車をベースにした限定車。読み方はシュポルト。
  • 1995年(XD200) C20XEエンジンに5MTを組み合わせたモデル。5ドアハッチバックのみ。
  • 1996年以降(XD202/XD202W) X20エンジンに4ATを組み合わせたモデル。5ドアハッチバックとワゴン。
Astra-G
1997年に発表。1998年に発売開始。 アルミニウム製のサブフレーム、シボレー・コルベットが採用した高水圧高張力ボディにより、ボディ剛性が2倍に引き上げられた。その他、クリアスルーテールランプを装備したほか、アクティブヘッドレスト(同じGMグループのサーブが開発)、ブレーキペダル脱落装置(特許取得)など、安全面の強化が図られた。2001年以降のスポーツモデルに搭載される、サターン製の2.2LDOHCエンジンはGMグループでもっとも成功したエンジンといわれ、スピードスターやトラヴィックなどにも搭載されている。

日本仕様
5ドアハッチバック、4ドアサルーン、5ドアワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレのガソリンエンジンモデルが輸入された。全車ニュートラルコントロール付き4ATのみだった。

大きく分けて、1998-2000年モデルのXエンジン搭載車と2001-2003年モデルのZエンジン搭載車に分けることができる。

グレード(ハッチ、ワゴン)
  • LS
  • CD
  • SPORT

  サルーンはCDのみ、クーペとカブリオはベルトーネエディションというサブネームが付くモノグレード。

後期のLS(Z16エンジン)とCD(Z18エンジン)のみレギュラーガソリン仕様である。

Astra-H
2003年に発表。2004年に販売開始。ボディ剛性が1.5倍に引き上げられた。欧州で圧倒的な支持を受け、2004年には40万台、2005年には51万台が登録され、その内の8カ国で登録台数トップとなり、発売開始からわずか2年で全世界で100万台の販売を達成すると言う記録的ヒット車となった。

ボディタイプは当初5ドアハッチバックから販売がスタートし、次いでワゴン、3ドアクーペ(GTC)、ツイントップと称するクーペカブリオレが投入された。 7種類のガソリンエンジンと4種類のディーゼルエンジンを揃えた豊富なエンジンラインナップ。学習機能によって常に最適な運動性能を発揮するIDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)プラス、コンパクトカー初の可動式コーナーリングライトなど、数々の装備が選択可能で人気を呼んだ。ADAC誌読者による「カーオブザイヤー2005」を獲得。

2006年11月にはイスタンブール・モーターショーでセダンが発表された。生産はポーランドの工場で行われ、主に東欧で販売が行われる。特筆すべき点として、アストラセダンの全長は4618mmでベクトラCセダンのそれを上回る。

2008年モデルイヤーからは北米でもサターンブランドで販売が開始された。

シボレーブランドが展開されているブラジルおよびアルゼンチンでは「ベクトラ」(セダン)および「ベクトラGT」(5ドアハッチバック)の車名で、Astra-Gの上位車種として販売されている。エンジンは2.4Lが搭載される。なお、セダンはオペル版より一足早く2005年から販売が開始されている。

日本仕様
2004年11月にまず5ドアハッチバックが発売され、翌年1月にワゴンが追加。

ガソリンエンジンの右ハンドル仕様車のみが輸入された。

ABSやESPなどの電子制御システムを統合制御させるインタラクティブ・ドライビング・システム(IDS)がCDに装備されている。さらにSPORT系のグレードにはコンティニアス・ダンピング・コントロール・ダンパー(CDCダンパー)が追加されたIDS-plusが標準装備だった。

CDはマニュアルエアコンや16インチスチールホイール+カバーなどが装備されたスタンダードグレード。 SPORT系はフルオートエアコンや17インチアルミホイールが装備された。

日本では2006年でオペル車の正規輸入が終了したため、以降の販売は無し。

Astra-I
慣例から、I(英文字;アイ)は1(数字;イチ)と混同されるため、飛ばされてAstra-Jになると考えられる。

スポンサーサイト
[ 2007/10/31 18:14 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Rekord A Werbung 0'45"

トップページOPELカテゴリーOpel Rekord A Werbung Opel_Rekord_A_Werbung
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1950年代の代表的小型車。2ドアながら故障が少なかったため、タクシー業界では人気であった。1200はカデット復活までの大衆車市場対策モデルだった。また、史上初めてステーションワゴンがセダンのほかに用意された。

[ 2008/06/15 12:50 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Pub Ope Corsa ECO 1996 0'20"

トップページOPELカテゴリーPub Ope Corsa ECO 1996 Pub__Opel_Corsa_ECO_-_1996.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
コルサ (Corsa) は、GMグループの小型乗用車である。1982年発売。 オペル(ドイツなど)、ヴォクスホール(イギリス)などGMグループ各国のブランドで販売されている。 GMのサラゴサ工場(スペイン)をはじめ、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、インドなどでも製造されている。

日本では『Corsa』(トヨタ・コルサ)が商標登録され販売されていたので、『Vita』(オペル・ヴィータ)として販売された。2008年現在では日本では販売されていない。

コルサ-C (日本名:ヴィータC)
* 欧州:2001年販売開始
* 日本:2001年~2003年モデルをGMが輸入販売、ヤナセでも併売。日本でのCMキャラクターにhitomiを起用。

[ 2009/02/03 18:58 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Corsa A Werbung - Vauxhall Nova Labamba 0'41"

トップページOPELカテゴリーOpel Corsa A Werbung - Vauxhall Nova Labamba Opel_Corsa_A_Werbung_-_Vauxhall_Nova_Labamba.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
コルサ (Corsa) は、GMグループの小型乗用車である。1982年発売。 オペル(ドイツなど)、ヴォクスホール(イギリス)などGMグループ各国のブランドで販売されている。 GMのサラゴサ工場(スペイン)をはじめ、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、インドなどでも製造されている。

日本では『Corsa』(トヨタ・コルサ)が商標登録され販売されていたので、『Vita』(オペル・ヴィータ)として販売された。2008年現在では日本では販売されていない。

コルサ-A(日本名:オペル100i/130GT)
* 欧州:1982年発売開始。後期型のCMにはトムとジェリーのキャラを使用(ちなみに、場面に、天国と地獄や、勝利は我がにや、メリークリスマスの一部が登場。)。

* 日本:東邦モーターズが少量輸入

[ 2009/02/04 11:26 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Calibra Werbung - Vauxhall launch ad - 1989 1'00"

トップページOPELカテゴリーOpel Calibra Werbung - Vauxhall launch ad - 1989 Opel_Calibra_Werbung_-_Vauxhall_launch_ad_-_1989.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カリブラ(Opel Calibra)とは、ドイツのオペルが開発した自動車のこと。

スペシャリティークーペという位置づけで、1989年に登場。日本では1994年から発売開始。

カリブラはベクトラをベースに開発された車両で、基本的なメカニズムはベクトラと同じ。ボディはCd値が0.26という、空力性能に優れた設計となっている。クーペにしては居住性も高く、6:4分割可倒式シートバックを採用しラゲッジスペースの容量を拡大。実用性も問題無い様に設計されている。

エンジンは2.0L直4のSOHC/DOHCと、FF/フルタイム4WDの駆動方式をそれぞれ選択できた。1991年のマイナーチェンジでは、2.0LDOHCエンジンをベースに独KKK社(Kühnle Kopp und Kausch)製ターボチャージャーによって204psを発生するエンジンと独ゲトラグ社(GETRAG)製6速MTを搭載し4WDで駆動する「ターボ」が、1994年には170psを発生するエコテックV6DOHCがそれぞれ追加された。日本導入モデルは、16V(DOHC+FF・4速AT)とターボの2つ。サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアーム式を採用。

日本導入モデルにはエアバッグ(1994年モデルは運転席のみ)とABSが標準装備され、オプションにはレザーシートとサンルーフを用意した。

1997年に生産終了。

モータースポーツ
DTM(ドイツツーリングカー選手権) カリブラをベースにしたツーリングカーで1994年より本格参戦。チーム運営はヨーストが担当した。マシンには自然吸気2.5LV6エンジン(500ps)を搭載。ドライバーには元F1ドライバーのK.ロズベルグやJ.J.レートなどを選んだ。95年以降のマシンにはF1のコンストラクター、ウィリアムズも開発に参加し、戦闘力もアップした。

1995年にはK.ルートヴィヒがドライブするマシンがシリーズ3位、翌年にはM.ロイターがドライブするマシンがシリーズタイトルを獲得した。

[ 2009/02/05 11:40 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Werbung Deutschland 1995 Ope Calibra Turbo 0'30"

トップページOPELカテゴリーWerbung Deutschland 1995 Ope Calibra Turbo Werbung_Deutschland__95_Opel_Calibra_Turbo.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カリブラ(Opel Calibra)とは、ドイツのオペルが開発した自動車のこと。

スペシャリティークーペという位置づけで、1989年に登場。日本では1994年から発売開始。

カリブラはベクトラをベースに開発された車両で、基本的なメカニズムはベクトラと同じ。ボディはCd値が0.26という、空力性能に優れた設計となっている。クーペにしては居住性も高く、6:4分割可倒式シートバックを採用しラゲッジスペースの容量を拡大。実用性も問題無い様に設計されている。

エンジンは2.0L直4のSOHC/DOHCと、FF/フルタイム4WDの駆動方式をそれぞれ選択できた。1991年のマイナーチェンジでは、2.0LDOHCエンジンをベースに独KKK社(Kühnle Kopp und Kausch)製ターボチャージャーによって204psを発生するエンジンと独ゲトラグ社(GETRAG)製6速MTを搭載し4WDで駆動する「ターボ」が、1994年には170psを発生するエコテックV6DOHCがそれぞれ追加された。日本導入モデルは、16V(DOHC+FF・4速AT)とターボの2つ。サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアーム式を採用。

日本導入モデルにはエアバッグ(1994年モデルは運転席のみ)とABSが標準装備され、オプションにはレザーシートとサンルーフを用意した。

1997年に生産終了。

モータースポーツ
DTM(ドイツツーリングカー選手権) カリブラをベースにしたツーリングカーで1994年より本格参戦。チーム運営はヨーストが担当した。マシンには自然吸気2.5LV6エンジン(500ps)を搭載。ドライバーには元F1ドライバーのK.ロズベルグやJ.J.レートなどを選んだ。95年以降のマシンにはF1のコンストラクター、ウィリアムズも開発に参加し、戦闘力もアップした。

1995年にはK.ルートヴィヒがドライブするマシンがシリーズ3位、翌年にはM.ロイターがドライブするマシンがシリーズタイトルを獲得した。

[ 2009/02/06 11:54 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Alte Werbung - Opel Vectra Caravan 0'30"

トップページOPELカテゴリーAlte Werbung - Opel Vectra Caravan Alte_Werbung_-_Opel_Vectra_Caravan.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ベクトラ(Vectra)はゼネラルモーターズ (GM) 傘下のオペル(イギリスではヴォクスホール)が販売する中型乗用車。欧州ではDセグメントに属し、オペルの最上級車に位置づけられる。

ベクトラは欧州以外のオペルブランドが展開されていない地域でも販売されているものの、ホールデン(オセアニア)向けをはじめとしてGM大宇製のシボレー・エピカへの置き換えが進んでいるため、現在では中南米のいくつかの国(メキシコ、チリなど)でシボレーのブランドで販売されているに留まる。なお、ブラジルとアルゼンチンではアストラHがベクトラの名称で販売されている。

Vectra-B
2代目モデルであるVectra-Bは1995年に登場。このモデルからステーションワゴンがボディラインナップに加わる。

直列4気筒もしくはV型6気筒ガソリンエンジンを搭載し、駆動方式はFFである。ディーゼルエンジンは引き続きいすゞ製が搭載された。

ヴォクスホールブランドとの呼称統一化を図っていたイギリスではこのモデルから「ヴォクスホール・ベクトラ」となる。

サターン・Lシリーズはベクトラのプラットフォームをもとに開発された。

日本へはセダンが1996年から、ワゴンが1997年から導入されたが、ハッチバックは導入されなかった。 グレードは両ボディ共に、直列4気筒のGLとCD、V型6気筒のCDXが用意された。 組み合わされるトランスミッションは、全車ニュートラルコントロール付き4速オートマチックである。

1998年モデルより全車にサイドエアバッグが標準装備された。またキーホルダー型のキーレスリモコンからリモコン一体型のエンジンキーに変更された。そして2000年モデルより、モール類のボディ同色化、グリルのクロームメッキ化、ドアミラーの大型化がなされた。2001年モデルより全エンジンの刷新が図られ、CDとCDXについては排気量が拡大している。

エンジンはモデル年式によって数種類存在する。

直列4気筒
* 1996年~1998年モデル:X18(1.8L)、X20(2.0L)
* 1999年~2000年モデル:X181(1.8L)、C20SEL(2.0L)
* 2001年モデル:Z18(1.8L)、Z22(2.2L)

V型6気筒
* 1996年~2000年モデル:X25(2.5L)
* 2001年モデル:Y26(2.6L)

[ 2009/02/07 16:25 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Speedster Werbung 1'25"

トップページOPELカテゴリーOpel Speedster Werbung Opel_Speedster_Werbung.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・スピードスター (Speedster) は、ドイツの自動車メーカーオペルが2001年から2005年まで販売していた自動車である。

オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、同社の量産車としては初の本格スポーツカーとなる2シーターのオープンカーである。ロータス・エリーゼの基本設計を元にロータスと共同開発され、製造もロータスの工場で行われる。エリーゼよりは100kgほど重いものの、870kgの車重は2座オープンカーとしても軽量である。

1999年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトでプロトタイプ(試作車)が出展され、2001年にはオペルの本拠地であるドイツ、生産工場のあるイギリスを皮切りに販売が開始された。イギリスでの名称はヴォクスホール・VX220だった。

前後ともダブルウィッシュボーン形式のサスペンションや、アルミ押し出し材をエポキシ樹脂接着剤を用いて組み立てる手法、FRP製の外装を持つことなどは、基本となったエリーゼと同様ある。しかしながら、エリーゼと共用するコンポーネンツは1割程度であると公表されており、外観デザインもエッジの利いたオペル独自のもので、いわゆるバッジエンジニアリングの類ではない。エアバッグ、ABS、オーディオなどが標準で備わる点も、サーキット志向のエリーゼとは異なる。

搭載されるエンジン2種は、いずれもECOTEC と呼ばれるGM製直列4気筒で、ミッドシップに横置きされ後輪を駆動する。自然吸気版はアストラやザフィーラなどに搭載されるものと同型である。ターボモデルはボディの軽量さとも相俟って、発進から100km/hまで4.9秒で加速することができる。この値は355馬力の3.8リッターエンジンを積むポルシェ・911カレラS(997型)と同等である。

生産台数限定ではなかったが、記念モデルということでダッシュボードにシリアルナンバーが刻印されたプレートが配される。

2002年のモンディアル・ド・ロトモビルでは、このスピードスターをベースにしたエコ・スピードスター なるコンセプトカーが出展された。1.3リッターのコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載するエコ・スピードスターは元来軽量なスピードスターをさらに軽量化した上で空気抵抗の低いボディ形状を追究し、燃料1リッター当たり40kmの走行が可能で、それでいて最高速度は250km/hに達すると謳われた。

日本での販売
日本での正規輸入においては、右ハンドル仕様の自然吸気モデルのみが2003年に80台限定で受注生産、販売された(当初は100台の予定であった)。受注生産としたのは、外装やシート、ソフトトップ(幌)の色の組み合わせが82通りに上るため、購入者の意向に沿ったモデルを用意できるように、との配慮である。

同年7月には、日本での購入者すべてを無料で招待したイベント Driving Pleasure with Speedster in Ebisu Circuit が日本ゼネラルモーターズ主催で行われた。

GM大宇でのライセンス生産
GM大宇はスピードスター生産終了に伴う製造ラインの売却を受け、韓国でスビードスターのライセンス生産を開始した。 名称は継承し、仕様は基本的にオリジナルに準じる。 韓国では、かつて起亜がロータス・エランをキア・ビガートとして製造したのと同様の手法でライセンス生産している。

[ 2009/02/08 16:41 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Speedster Diesel 2'06"

トップページOPELカテゴリーOpel Speedster Diesel Opel_Speedster_Diesel.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・スピードスター (Speedster) は、ドイツの自動車メーカーオペルが2001年から2005年まで販売していた自動車である。

オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、同社の量産車としては初の本格スポーツカーとなる2シーターのオープンカーである。ロータス・エリーゼの基本設計を元にロータスと共同開発され、製造もロータスの工場で行われる。エリーゼよりは100kgほど重いものの、870kgの車重は2座オープンカーとしても軽量である。

1999年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトでプロトタイプ(試作車)が出展され、2001年にはオペルの本拠地であるドイツ、生産工場のあるイギリスを皮切りに販売が開始された。イギリスでの名称はヴォクスホール・VX220だった。

前後ともダブルウィッシュボーン形式のサスペンションや、アルミ押し出し材をエポキシ樹脂接着剤を用いて組み立てる手法、FRP製の外装を持つことなどは、基本となったエリーゼと同様ある。しかしながら、エリーゼと共用するコンポーネンツは1割程度であると公表されており、外観デザインもエッジの利いたオペル独自のもので、いわゆるバッジエンジニアリングの類ではない。エアバッグ、ABS、オーディオなどが標準で備わる点も、サーキット志向のエリーゼとは異なる。

搭載されるエンジン2種は、いずれもECOTEC と呼ばれるGM製直列4気筒で、ミッドシップに横置きされ後輪を駆動する。自然吸気版はアストラやザフィーラなどに搭載されるものと同型である。ターボモデルはボディの軽量さとも相俟って、発進から100km/hまで4.9秒で加速することができる。この値は355馬力の3.8リッターエンジンを積むポルシェ・911カレラS(997型)と同等である。

生産台数限定ではなかったが、記念モデルということでダッシュボードにシリアルナンバーが刻印されたプレートが配される。

2002年のモンディアル・ド・ロトモビルでは、このスピードスターをベースにしたエコ・スピードスター なるコンセプトカーが出展された。1.3リッターのコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載するエコ・スピードスターは元来軽量なスピードスターをさらに軽量化した上で空気抵抗の低いボディ形状を追究し、燃料1リッター当たり40kmの走行が可能で、それでいて最高速度は250km/hに達すると謳われた。

日本での販売
日本での正規輸入においては、右ハンドル仕様の自然吸気モデルのみが2003年に80台限定で受注生産、販売された(当初は100台の予定であった)。受注生産としたのは、外装やシート、ソフトトップ(幌)の色の組み合わせが82通りに上るため、購入者の意向に沿ったモデルを用意できるように、との配慮である。

同年7月には、日本での購入者すべてを無料で招待したイベント Driving Pleasure with Speedster in Ebisu Circuit が日本ゼネラルモーターズ主催で行われた。

GM大宇でのライセンス生産
GM大宇はスピードスター生産終了に伴う製造ラインの売却を受け、韓国でスビードスターのライセンス生産を開始した。 名称は継承し、仕様は基本的にオリジナルに準じる。 韓国では、かつて起亜がロータス・エランをキア・ビガートとして製造したのと同様の手法でライセンス生産している。

[ 2009/02/09 16:49 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Omega REKLAMA KoDi 0'30"

トップページOPELカテゴリーOpel Omega REKLAMA KoDi Opel_Omega_REKLAMA_KoDi.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オメガ (OMEGA) はオペルが製造、販売するアッパーミドルクラスのセダン型、ステーションワゴン型(キャラバン)の自動車。前身はレコルトである。駆動方式はFR(後輪駆動)を採用し、フラグシップのセネターの次に位置づけられれていた。ライバルはBMW・5シリーズ、メルセデス・ベンツミディアムクラス、アウディ100あたりとなるが、厳密にはこれらの車よりも若干大きいサイズである。

イギリス国内ではヴォクスホールディヴィジョンで販売されていた。 また、オーストラリアのホールデン・コモドアともプラットフォームを共用していた。

OMEGA-A(1987-1994)
初代モデルであるOMEGA Aは、1987年に登場した。前年にデビューした2世代目のセネターをベースとしていた。空力特性に優れており、標準モデルでは空気抵抗係数(Cd値)0.28を達成。1987年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。日本では1988年にオペルの総代理店であった東邦モーターズが輸入を開始したが、翌年(1989年)からはいすゞ自動車も独自に販売を始め、1993年よりヤナセネットワークへ移行した。この頃からオペルが本格的に日本市場を意識し始めたのであるが、特に初期モデルに見られるエアコンの不具合、巨大な固定式ドアミラーを見る限り、つめが甘かったのでは、という見方もある。更にエアロボディ故にエンジン熱がこもりやすく特に日本の夏に於いてはオーバーヒート傾向にあった。

日本に正規輸入されたモデルは以下の通りである。

* オメガCD
直列4気筒SOHCエンジン、1998cc、115馬力 (東邦モーターズ仕様)
直列4気筒SOHCエンジン、2409cc、125馬力 (いすゞ仕様)
直列6気筒SOHCエンジン、2593cc、150馬力 (ヤナセ仕様)
グレード名は全て同じであるが、エンジンは各インポーターともに別の物を採用していた。
1991年からマイナーチェンジ後のモデルに切り替わり、カラードバンパー、電動格納式ドアミラー、スモーク系のテールレンズなどが新たに装備された。

* オメガCDキャラバン
直列4気筒SOHCエンジン、1998cc、115馬力_
ワゴンボディを備えたモデル。2リッターエンジンとの組み合わせは東邦モーターズのみの取り扱いであった。

* オメガ3000
直列6気筒SOHCエンジン、2968cc、175馬力
いすゞディーラーのみで販売されていた。セネターCDと共通の直列6気筒エンジンを搭載。
エアロパーツを身に纏い、1989年当時オペルのイメージリーダー的存在であった。
室内もスポーティに仕上げられ、本革/ファブリックのスポーツシートはレカロ製であった。
また、このクラスの輸入車ながら右ハンドル車や5段マニュアルトランスミッションが選択できたのも特筆すべき点であろう。
こちらも1991年にマイナーチェンジ。電動格納式ドアミラーやスモーク色のテールレンズを採用した。

* オメガ3000 24V
直列6気筒DOHCエンジン、2968cc、200馬力
こちらはヤナセで取り扱っていたモデル。
3000ccのDOHCエンジンはDINで200馬力を発生する。

* オメガ ワゴン24V
直列6気筒DOHCエンジン、2968cc、200馬力
こちらもヤナセのみで取り扱っていたモデル。
オメガ3000 24Vのエンジンをワゴンボディに搭載するが、外装及び内装はラグジュアリー志向のCDモデルに準ずる。

スペシャルモデル
イルムシャーバージョンやロータスオメガ、などのスペシャルモデルも存在。 イルムシャーバージョンはいすゞディーラーでも販売されていた。ロータス・オメガはロータスが開発した3.6リッターの直列6気筒DOHCツインターボエンジン(377馬力)をオメガ3000のボディに積み込み、アルピナB10Bi-TurboやAMGメルセデス300E 6.0Hammer Versionなどの1990年代を代表するスーパースポーツセダンの1台として名高い。なお、英国仕様のロータス・カールトンが「グランツーリスモ4」に収録されている。

[ 2009/02/10 11:20 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Vectra 2000 Commercial 0'30"

トップページOPELカテゴリーOpel Vectra 2000 Commercial Opel_Vectra_2000_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ベクトラ(Vectra)はゼネラルモーターズ (GM) 傘下のオペル(イギリスではヴォクスホール)が販売する中型乗用車。欧州ではDセグメントに属し、オペルの最上級車に位置づけられる。

ベクトラは欧州以外のオペルブランドが展開されていない地域でも販売されているものの、ホールデン(オセアニア)向けをはじめとしてGM大宇製のシボレー・エピカへの置き換えが進んでいるため、現在では中南米のいくつかの国(メキシコ、チリなど)でシボレーのブランドで販売されているに留まる。なお、ブラジルとアルゼンチンではアストラHがベクトラの名称で販売されている。

Vectra-A
初代モデルであるVectra-Aは、1988年に登場した。アスコナの後釜として開発されボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックの2タイプがあった(日本へはセダンのみ輸入)。直列4気筒ガソリンエンジンを搭載(1.6リッターから2.0リッターターボまで存在)。1992年のマイナーチェンジ時にV型6気筒を追加している。 ヨーロッパで発売されているディーゼルエンジン搭載モデルは、いすゞ自動車製の1.7Lエンジン(NA及びターボ)が搭載されていた。

イギリスではヴォクスホール・キャバリエとして販売される。ニュージーランドではホールデンブランドで販売されていたものの、ホールデンの本国オーストラリアでは、同クラスにトヨタ・カムリのOEMモデル「アポロ (Holden Apollo)」を販売していたため、ベクトラは販売されなかった。

日本では1989年からオペルの総代理店である東邦モーターズといすゞ自動車が輸入。2リッターSOHCエンジン(C20NE型)搭載車を販売。「CD」およびABSやサンルーフを備えた豪華版の「CD Diamant(ディアマント)」がラインナップ。ともに左ハンドル仕様であった。ドイツ色を一面に出したテレビCMまで放映するもライバルのベンツ・190E、BMW・3シリーズ、アウディ・80と比べ圧倒的に販売で負けていた。1990年モデルより右ハンドル車が追加。本来右ハンドル車は英国ヴォクスホールの工場で製作されるが、日本仕様車はドイツ本国の工場で生産されてものを輸入していた。また、上級グレード「CDディマント」の名称を「CD-X」に変更(おそらく三菱・ディアマンテの登場による商標の関係だと思われる)。1991年モデルから上級オメガ、セネターと同様に電動格納式ドアミラーが採用され、駐車時の利便性が向上している。

1993年より取扱ディーラーがヤナセに移行し、同時にマイナーチェンジモデルを発売。CIマーク内蔵型のグリルやダーク化されたリアコンビネーションランプにエクステンションが付加される程度で構造的には大きな変更はない。ほぼ同等の装備ながらグレード名がCD/CD-XからGLS/CDに変更されている。1994年モデルから運転席エアバッグが装備され、1995年モデルでは助手席エアバッグも加えて標準となり、2.5リッターV6エンジン(ECOTEC-C25型)搭載車が追加されている。

派生車種としてクーペモデルのオペル・カリブラも発売された。

* GLS/CD系
o 直列4気筒SOHCエンジン、1,988cc、115ps/5,200rpm、17.3kgm/2,600rpm
* V6
o V型6気筒DOHCエンジン、2,497cc、170ps/6,000rpm、23.1kgm/4,200rpm

[ 2009/02/11 11:34 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Der Opel Omega Caravan - Commercial 0'40"

トップページOPELカテゴリーOpel Omega A 24V Werbung Der_Opel_Omega_Caravan_-_commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オメガ (OMEGA) はオペルが製造、販売するアッパーミドルクラスのセダン型、ステーションワゴン型(キャラバン)の自動車。前身はレコルトである。駆動方式はFR(後輪駆動)を採用し、フラグシップのセネターの次に位置づけられれていた。ライバルはBMW・5シリーズ、メルセデス・ベンツミディアムクラス、アウディ100あたりとなるが、厳密にはこれらの車よりも若干大きいサイズである。

イギリス国内ではヴォクスホールディヴィジョンで販売されていた。 また、オーストラリアのホールデン・コモドアともプラットフォームを共用していた。

OMEGA-B(1994-2002)
2代目モデルであるOMEGA Bは1994年(日本での販売は1995年)に登場。より大胆なエアロルックを採用した。 セネターとの統合を兼ねてボディは大型化し、ボディ形状はセダン及びステーションワゴンがラインナップされた。 また、長らく続いた直列6気筒エンジンは新開発のV型6気筒エンジンに置き換えられた。 1996年、1997年、1998年と年ごとに改良され、1999年(日本仕様は2000年から)マイナーチェンジを決行。各部の意匠変更を行いオペルのフラッグシップとして相応しい貫禄を見せ、少々アグレッシブすぎたデザインは、保守層にも受け入れやすい物へ変わった。内装も曲線を多用したインストゥルメントパネルから直線基調のデザインのものに改められた。日本においてマイナー後は俗に2000Bと称される。本国ではシボレー・コルベットと同じV型8気筒5.7リッターエンジン搭載モデルも限定で発売されたこともあった。

日本に正規輸入されたモデルは以下の通りである。尚、全てのグレードでセダン/ワゴンのボディ形状が選択できた。米国では当時、GMのキャデラック部門がBMWやメルセデス、それに新規参入したレクサスに対抗するためカテラという名称でセダンが輸出されたが、販売は芳しくなかった。カテラは2001年モデルで販売を中止し、翌年にはアメリカ人好みのデザインに改めキャデラック・CTSとして生まれ変わった(CTSとは「カテラ・ツーリング・セダン」の略である)。

* オメガGL
直列4気筒DOHCエンジン、1998cc、136馬力
モデルライフ途中で投入され、マイナーチェンジによりカタログ落ちした希少なモデル。

* オメガCD
V型6気筒DOHCエンジン、2497cc、170馬力
オメガBで中核をなすモデル。最量販グレードであった。

* オメガMV6
V型6気筒DOHCエンジン、2962cc、210馬力
セネターと統合された為、事実上オペルブランドのフラッグシップとなる。

* オメガSPORT
V型6気筒DOHCエンジン、2596cc、180馬力
モデル末期に登場、CDをベースに排気量UP、Eg.マネージメント変更等によりカタログ値以上にパワフル。足回り、ブレーキ等も強化。

[ 2009/02/12 11:52 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Werbung Opel Astra Dream 1996 0'30"

トップページOPELカテゴリーWerbung Opel Astra Dream Werbung Opel Astra Dream
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アストラ (Astra) は、現在ゼネラルモーターズ(通称GM)傘下の「オペル」ブランドと「ヴォクソール」ブランド、「サターン」ブランドのコンパクトカーである。「アストラ」とはラテン語で「星、新星」を意味する。

アストラ (Astra) は、現在ゼネラルモーターズ(通称GM)傘下の「オペル」ブランドと「ヴォクソール」ブランド、「サターン」ブランドのコンパクトカーである。「アストラ」とはラテン語で「星、新星」を意味する。

Astra-F
1991年にドイツ・リュッセルスハイム本社工場(サルーン、ワゴン)、ボーフム(ワゴン)、ベルギー・アントウェルペン(ハッチ)で製造が開始された。 1994年にイタリア・トリノのベルトーネの工場でカブリオレの製造が開始された。南アフリカのデルタモーターズがライセンス製造、これにより世界80個所で270万台を販売し、GMグループで最高の販売台数になるとともに、カローラに次いで世界第2位の販売台数を誇る車種となり、1997年には西ヨーロッパにおける販売台数で第1位を記録した。

競合であるフォルクスワーゲン・ゴルフにはワゴンモデルが存在しなかったため、1994年からの欧州、日本のワゴンブームにのり、ワゴン車でもドイツでは第1位を記録した。この影響により、その後、フォルクスワーゲンはゴルフにワゴンモデルを投入するに至っている。

Astra-Gが登場してからも、一部地域ではアストラ・クラシックとしてサルーンモデルを生産していた。

日本仕様
3または5ドアハッチバック、4ドアサルーン、5ドアワゴン、2ドアカブリオレのガソリンエンジンのモデルが輸入された。

1993年から1996年モデルまでは、全ボディともにC20NEと呼ばれる2.0LのSOHCエンジンに4ATを組み合わせたものが基本となった。

1997年モデルより全車エコテック (ECOTEC) と呼ばれるDOHCエンジンを搭載した(SPORTグレードのみ前年からの搭載)。ECOTEC搭載車はリヤエンブレムに"16V"とあるのが、外装からの判別ポイントになる。それまではスポーツモデルを除き、グレードによるエンジンの違いは無かったが、この年よりGL系は1.6L、CDX/ワゴンクラブ/カブリオは 1.8L、SPORT系は2.0Lとなった。1998年モデルは限定車のワゴンクラブスペシャルのみで、これを最後にAstra-Gにバトンタッチした。

なお外装が大きく変わったのは1995年モデルからである。フロントグリルや灯火類、サイドモール、エンブレムが全車変更され、ワゴン以外の車種にリヤガーニッシュ追加、ハッチバックはリヤスポイラーとリヤバンパー形状がそれぞれ変更された。

1994年モデルまでは、瞬間燃費などが表示されるマルチインフォメーションディスプレイ(MID)が装備(GL/ワゴンGLS/カブリオ除く)されたが1995年以降は時計やオーディオ情報のみ表示のトリプルインフォメーションディスプレイ(TID)に全車変更された。

運転席エアバッグは1994年モデルから、助手席エアバッグは1995年モデルより全車種に標準装備された。なおABSは初年度(1993年)より全車標準装備である。カブリオとコンフォートエディション(1997年の限定車)を除き、後席の窓は手動だった。

* ハッチバックGLには5MT(2.0Lワイドレシオ、1,6Lクロスレシオ)の設定あり。1994年モデルの5ドアのみ左/右ハンドルが選べたが、それ以外は右ハンドル。

* 3ドアGsi-16V(1993-1994)と5ドアSPORT(1995)には、C20XEと呼ばれるF3ベースのコスワース製(1994年以降はコスキャスト製)2.0LDOHCエンジンに5MT(クロスレシオ)が搭載された。なおGsi-16VとSPORTではギヤ比が変更されている。これらは左ハンドルのみの設定だった。

* SPORTグレードは、年式(モデルイヤー)によって全く違う内容になっている。
o 1994年(XD200) 5ドアハッチバックGLの4AT車をベースにした限定車。読み方はシュポルト。
o 1995年(XD200) C20XEエンジンに5MTを組み合わせたモデル。5ドアハッチバックのみ。
o 1996年以降(XD202/XD202W) X20エンジンに4ATを組み合わせたモデル。5ドアハッチバックとワゴン。

[ 2009/02/13 12:13 ] OPEL | TB(0) | CM(0)

Opel Astra H Werbung - Vauxhall Horizont 2007 0'30"

トップページOPELカテゴリーOpel Astra H Werbung - Vauxhall Horizont 2007 Opel_Astra_H_Werbung_-_Vauxhall_Horizont_2007.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アストラ (Astra) は、現在ゼネラルモーターズ(通称GM)傘下の「オペル」ブランドと「ヴォクソール」ブランド、「サターン」ブランドのコンパクトカーである。「アストラ」とはラテン語で「星、新星」を意味する。

アストラは、元々はイギリスのGM傘下のヴォクソールブランドの1車種に対して使われていた名称であり、ドイツのオペルでは、ヴォクソール・アストラと同じプラットフォームから作られたものを最初オペル・カデット(Kadett)という名称で販売していた。 1991年にGMのコーポレートアイディンティティ(CI)政策により、世界的に車名がアストラに統一された。そのとき、カデットF=アストラFとなり、その流れで現在でもアストラF、アストラG、アストラHと呼ばれている。

なおイギリスでは逆にカデットの流れとして、アストラF=アストラMk-II/III(シャーシが変更になる大規模なマイナーチェンジを区別する為1上げされた)、アストラG=アストラMk-IV、アストラH=アストラMk-Vと呼んでるユーザも見られる。

Astra-H
* 2003年 - フルモデルチェンジ発表。
* 2004年 - 販売開始。世界で40万台を売る。
* 2005年 - 世界で51万台が登録された。ADAC誌読者による「カーオブザイヤー2005」を獲得。
* 2006年 - 発売2年で100万台を達成した。
* 2008年 - この年からは北米でもサターンブランドで販売が開始された。

ASTRA-G同様に各国で販売され、ボディタイプは投入順にハッチバック、ワゴン、クーペ(GTC)、カブリオ(TwinTop)、セダン。1,7リッターのディーゼルエンジンはいすゞから供給されている。

日本仕様
ハッチバック、ワゴン
* CD:右ハンドル、Z18エンジン(2005年、2006年)
* SPORT:右ハンドル、Z18エンジン(2005年、2006年)
* TURBO:右ハンドル、Z20エンジン(2005年、2006年はハッチバックのみ)

パッケージモデル(純正アクセサリーを装着)
* OPCエアロ: SPORT又はTURBOにエアロを装着(2005年,2006年)
* CDスタイル: CDに16インチアルミ、カバー(ドアミラー、ドアハンドル)、ボディ同色モールを装着(2006年)
* SPORTナビ: SPORTにHDDナビ、ステップシールドを装着(2006年)

[ 2009/02/14 12:46 ] OPEL | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。