スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GM Chevrolet 1'00"

トップページGM CHEVRORETカテゴリーGM Chevrolet ChevetteGMChevroletCommercialTV.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー(Chevrolet、略称シェビー、Chevy)はゼネラルモーターズ(GM)の乗用車のブランドであり、アメリカ合衆国では大衆車とSUV、ミニバン。日本ではスポーティカーやSUVのブランドとして知られる。略称がついた由来は「シボレー」が英語圏の人には発音し難いためであるという。

創業者はスイス出身のレーシングドライバー、ルイ・シボレーとGM設立に大きく関わったウィリアム・デュラントで、1911年に設立した。シボレーのエンブレムはそのデザインからボウタイ(蝶ネクタイ)とも呼ばれる。

1920年代、フォード・モデルTがベストセラーとなると、高級車に似せたより近代的なデザインと、豊富なカラーバリエーション(モデルTは黒1色)展開等で対抗し、実用本位だが旧態化したライバルを圧倒し、以来GMは規模面で常にフォードを凌駕する世界最大の自動車メーカーとなった。

その後第二次世界大戦や1950年代の黄金期を経て、長らくGMのブランド階層の最底辺に位置しながら、ごく真っ当な基本設計と時流を的確に捉えたスタイル戦略でアメリカNo.1ブランドの地位を保っていた。1970年代に入ると、石油ショックの影響を受けて小型、軽量化を余儀なくされ、以後、ドイツのオペルや日本のいすゞやスズキ、さらにはトヨタと連携して行く。

アメリカ合衆国以外の国では主にオペル(中南米など)やGM大宇(ヨーロッパ、アジアなど)のリバッジ車が売られている。

日本ではかつて、1927年に日本ゼネラル・モータースが設立され、大阪に組立工場が建設されたことがあった(1941年に操業中止)。 また1995年から2000年までトヨタ自動車がシボレー・キャバリエのOEM供給を受けてトヨタ・キャバリエとして販売していた。

2000年に、シボレー車の輸入権は日本ゼネラルモーターズ(GMJ)の所有となった。ただし、近年はGMとスズキが販売提携を結んでいたため、スズキが2000年からMWのOEM供給を、2001年からはGMとの共同開発車クルーズの生産をそれぞれ開始し、2003年からはコルベットを除くシボレー車の輸入権をGMJから取得してトレイルブレイザー、アストロ、オプトラの取扱を行った。 しかし、2006年3月にGMがスズキの株式の大半を売却したのを機にスズキは事業の見直しを行い、スズキが保有するシボレー車の輸入権については2006年11月にゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)へと移管すると発表した。アライアンスパートナーとしてのGMとスズキの両社間における戦略的業務提携関係は今後も継続されるため、スズキが生産・販売しているクルーズ、MWは2008年まで生産・販売が続けられる予定。

日本には正規輸入していない車種
  • アヴェオ - GM大宇製
  • セルタ - GMブラジルにて製造・販売
  • プリズマ - GMブラジルにて製造・販売
  • コバルト(「キャバリエ」の後継車)
  • SSR
  • エキノックス
  • キャプティバ - GM大宇製
  • エピカ - GM大宇製
  • マリブ
  • インパラ
  • サバーバン
  • クラシック
  • コロラド
  • モンツァ - GMブラジルにて製造・販売
  • シェベル
  • エルカミーノ
  • ノマド
  • ベル・エアー
スポンサーサイト
[ 2008/01/09 16:55 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

GM Chevrolet Camaro 1970 1'00"

トップページGM CHEVRORETカテゴリーGM Chevrolet Camaro 1970 1970ChevroletCamaro.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売していた2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。
「シボレー カマロ」と呼ぶのが正しいが、一般には単にカマロと呼ばれているために、ここでも呼び方はカマロで統一する。
カマロは全部で4代目まで存在したが、日本に正規輸入されたのはそのうち3代目と4代目のみである。ここでは日本に輸入されなかった初代と2代目についても記述する。

2代目カマロは1970年2月に発売された。ボディはクーペへ変更となり、多少大型化され、重量も増加している。

プラットフォームを初代と同じ、GM Fボディ プラットフォームを採用しただけでなく、途中から追加ランナップされた3.8L V6エンジン搭載モデルを除き、エンジンなど大半のコンポーネントは初代から引き継がれたもので、典型的なスキンチェンジである。グレードは初代と同じSS、RS、Z28、それに1973年にはLTが、1979年にはベルリネッタがラインナップされた。

生産期間の長さとマスキー法への対応から、エンジンのバリエーションはカマロの中でも特に多く、
  • 1970年-1972年: 6.6 L V8
  • 1970年-1973年: 5.0 L V8
  • 1970年-1979年: 4.1 L 直6
  • 1970年-1981年: 5.7 L V8
  • 1976年-1981年: 5.0 L V8
  • 1980年-1981年: 3.8 L V6
  • 1980年-1981年: 3.8 L V6(カリフォルニアモデル)
  • 1980年-1981年: 4.4 L V8
の実に9種類が搭載されている。

この2代目カマロは1982年に3代目が発売されるまで、カマロの中ではもっとも長い12年間にわたり販売され続けたが、これは、段階的に厳しくなる排出ガス規制への対応が優先され、次世代型の開発が後回しとなった結果である。

また、オーストラリア向けの右ハンドル車が初めてラインナップされた。

[ 2008/01/10 16:47 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

GM Chevrolet Station Wagon 1959年 2'05"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーGM Chevrolet Station Wagon 1959年 20071101120013.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代(1958-1970年)
1958年型シボレーの最上級グレード「ベルエア」に「インパラ・スポーツ・パッケージ」という名のスペシャルパッケージが設定された。ボディタイプは2ドアハードトップクーペと2ドアコンバーチブルのみ。ベルエアとの相違点は3連テールランプ、ルーフ後端のエアアウトレット(ダミー)左右クォーターのエアダクト風モール等。 1959年からは最高級グレード名となり、下から「デルレイ」「ビスケイン」「ベルエア」「インパラ」の4グレードとなった。 当初は4ドアハードトップも生産されたが、1965年にインパラ・カプリスに改称、1966年にカプリスとして独立する。

1958年から1966年までの間にインパラは1300万台が生産され、1965年には年間100万台が売れた。1961年に登場したインパラSS(スーパースポーツ)がその牽引役となり、ノーマルのインパラに比べて次のようなチューニングが施された。

  • 排気量348立方インチ(5.7リットル)V8エンジン(最高出力305, 340, 350馬力)
  • または排気量409立方インチ(6.7リットル)V8エンジン(最高出力425馬力)
  • 強化スプリング&ショックアブソーバー
  • 焼結合金製ブレーキライニング
動画はインパラのステーションワゴンモデルです。

[ 2008/02/07 18:01 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Corvette Vintage TV Commercial Ad 1953 1'34"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーCorvette Vintage TV Commercial Ad 1953 1953_Corvette_Vintage_TV_Commercial_Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・コルベット、コーベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されているスポーツカーである。

コルベットは、台頭し始めたヨーロッパ製スポーツカーへの対抗心によって産み落とされた。アメリカン・モータースポーツの象徴として、フォード・マスタングらと並べて語られることも多く、シボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台である。そのイメージはアメリカ車らしく、大排気量エンジンをフロントに積み、太いトルクを後輪に供給する、典型的なフロントエンジン・リアドライブを現代に至るまで貫き通している。また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には走行性能だけではなく、外観を激しく変えるほどのマイナーチェンジが果たされることも珍しくない。一方で太いトルクによる大馬力に固執し、一時期DOHCエンジンを採用した事があったものの、最新型においてもOHVエンジンを採用し、低回転・大トルクがコルベットのアイディンティティとなっている。

コルベットは、その基本性能の優秀さから初代C1型コルベットの時代から様々なレーシング仕様が製作され、数多い功績を挙げた。ワークスでのレース活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。

現在、欧州や日本ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのフラッグシップモデルである事には変わりはない。また日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)によって行われている。

初代(C1 1954年-1963年)
シボレー初の2シーターレイアウトのオープンスポーツカー。1953年にプロトタイプが披露され、翌年に生産を開始する。初期のC1型コルベットは、純粋なスポーツカーというより、スポーツカーと先進的イメージを押し出した雰囲気車のような感は否めず、スチール製バックボーンフレームに、量産車としては初めてとなるFRPボディパネルを貼り付けた、ヨーロッパ車顔負けの先進的な特徴を有していながら、最高出力150馬力と貧弱な3859ccの排気量を持つ水冷直列6気筒OHVエンジン、2速オートマチックトランスミッションなど、少なくとも本質的な走りを重視する人々の琴線を刺激するだけの魅力は持ち合わせていなかった。しかも品質不足での購入者からの苦情も殺到した。これは先進的なFRP素材を使用したがために起こってしまった弊害で、まだ厳密な品質が確立されていなかった時代であったため、温度差によってボディパネルが歪んでしまうことが原因であった。

初期にはこのようなメーカー側の不備から批判を受けたコルベットであるが、しかし、優れた車体特徴を備えたコルベットを見放さなかったのは、チューニングを生業とする者達だった。彼らは市場の不満の声に応えるかのごとく、エンジン・チューニングキットや、マニュアルミッションへの交換などを請け負い、潜在的な需要を満たした。

しかし、コルベットの評価を一転させるマイナーチェンジが行われることとなる。その先鋒に立ったのがゼネラルモーターズ実験部門に所属していたエンジニア、ゾーラ・アンカス・ダントフで、シボレー・セダン用の4343cc水冷V型8気筒OHVエンジンを専用にチューンを施し、コルベットのエンジンルームに押し込むことにより、大幅なパワーアップを達成する。1955年ではオプション扱いだったものの、1956年からは通常ラインアップに加わり、逆に当初の標準だった6気筒エンジンは蹴落とされる格好となった。ちなみに、このエンジンは後々のコルベットにもスモールブロックユニットとして受け継がれていくこととなる。トランスミッションもボルグワーナー製の3速マニュアルトランスミッションが選べるようになり、いよいよ本格的なスポーツカーとしての認知を得るに至る。以降、ドーピングのごとくパワー至上主義路線を貫くようになり、200馬力前半だったパワーは、最後期には300馬力オーバーに達するまでになった。

C1型コルベットは、本格的にレースにも参戦し、そのテストベッドとして1954年にMule(雑種の意)と呼ばれる、レーシングチューンの施されたV型8気筒エンジンを搭載したモデルがあった。Muleは最高速トライアルやデイトナに参戦し、このモデルの活躍がコルベットの名声を高めるきっかけとなった。その後、1956年のセブリング12時間レースに参戦するために手直しされたコルベットSR(セブリング・レーサー)が出走し、クラス優勝に輝く活躍を見せ、1957年以降には数々のレースでアマチュアレーサーの手で走らされるコルベットを見るようになった。また、SRが活躍したとほぼ同時期に、更なるパフォーマンスアップを図ったSR2に発展し、1957年のデイトナでル・マン24時間レースの王者であるジャガー・Dタイプに続く2位に食い込み、その実力を示したが、コルベットのレース活動の指揮を執っていたゾーラ・ダントフの意向により、SR2の現役としての期間は短く、その活動はコルベットの名を冠した、しかしオリジナルとは関連性のない新たなレーシングカーであるコルベットSSに委ねられた。

スティングレイレーサー
C2型コルベットの直接的なデザインスタディとなったのが、スティングレイレーサーと呼ばれる車である。しかし、この車は紆余曲折の末にようやく生まれた車だった。当時のAMA(自動車工業会)は、1957年のNASCARで起こった事故を契機に神経質になり、自動車企業に対し一切のワークスによるレース活動を事実上禁ずる処置を申し合わせていた。そのため、シャシーを完全新設計し、コルベットの名を借りたレーシングカーとしてサーキットでの活躍を確約されていたコルベットSSは、大きな舞台をほとんど経験することなく、テストカーとして生涯を終える運命にあった。 それを阻止したのが、C3型コルベットまで開発の中枢メンバーの一人だったビル・ミッチェルで、彼はコルベットSSのフレームを流用したMule(C1型ベースのものではなく、コルベットSSの計画が立ち上がる際に新規製作されたもの)を僅か1ドルで引き取り、新たなデザインに仕立て直した。デザインを手がけたのは、シェルビー・コブラデイトナクーペの設計を担当したこともあるピート・ブロック。彼は当初、クーペスタイルを主張したが、いくつかの変遷を経てオープンカーとすることになった。

フレームには鋼管スペースフレーム構造が採用され、オープンカーながら剛性の高いシャシーを実現した。サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン式、後ドディオン・アクスル+トレーリングアームが採用された。しかし、デフにLSDを採用せず、ブレーキはレーシングカーとしては性能不足な4輪ドラムブレーキであったため、ハードなコーナーリングをすると内側のタイヤがホイールスピンし、レースを走り終えると必ずフェードを起こす、レーシングカーとしてあるまじき事態を引き起こした。ブレーキに関してはディスクブレーキの性能に懐疑的だったGM首脳陣が採用を認めなかったことが原因と言われている。

[ 2009/01/17 15:30 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Corvette TV Commercial from Corvette 1965 0'34"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーCorvette TV Commercial from Corvette 1965 A_1965_Corvette_TV_Commercial_from_corvette1967_com.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・コルベット、コーベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されているスポーツカーである。

コルベットは、台頭し始めたヨーロッパ製スポーツカーへの対抗心によって産み落とされた。アメリカン・モータースポーツの象徴として、フォード・マスタングらと並べて語られることも多く、シボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台である。そのイメージはアメリカ車らしく、大排気量エンジンをフロントに積み、太いトルクを後輪に供給する、典型的なフロントエンジン・リアドライブを現代に至るまで貫き通している。また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には走行性能だけではなく、外観を激しく変えるほどのマイナーチェンジが果たされることも珍しくない。一方で太いトルクによる大馬力に固執し、一時期DOHCエンジンを採用した事があったものの、最新型においてもOHVエンジンを採用し、低回転・大トルクがコルベットのアイディンティティとなっている。

コルベットは、その基本性能の優秀さから初代C1型コルベットの時代から様々なレーシング仕様が製作され、数多い功績を挙げた。ワークスでのレース活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。

現在、欧州や日本ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのフラッグシップモデルである事には変わりはない。また日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)によって行われている。

2代目(C2 1963年-1967年)
スティングレイレーサーのスタイルを基礎にしてデザインされたC2型コルベットは、原型となったレーサーモデルの名を取ってコルベットスティングレイ(スティングレイは赤エイの意)と呼ばれた。このネーミングは、開発担当者の一人であるビル・ミッチェルが名付け親だが、これは彼が釣りを嗜んでいたことに由来すると言われている。なお、両車の間には構造的共通点はないに等しく、市販にあたって新たにボディ設計がなされている。販売が開始されたのは1963年から。オープンモデルのみのラインナップだったC1型と違い、クーペをメインに据えることとなった。

大きく変貌したスタイリングは、ダイナミックだった先代に対し、先鋭的でエッジの立った独特なスタイリングで、何物にも似ていない。特に1963年に生産されたもののみが有する、「スプリット・ウインドウ」と呼ばれる、ルーフからリアエンドに向かって走るフレームによって二つに寸断されるリアウインドウを持ったモデルは、現在でも人気(と付随するプレミア)を獲得している。また、C5型まで伝統となった、本来とは逆方向から回転する構造を持つリトラクタブル・ヘッドライトが採用されたのは、C2型が最初で、このヘッドライトを備えたモデルは1964年に登場した。

エンジンは基本的に先代に採用されていたものが継承され、それに更にチューニングを加えたもの。排気量は大幅に拡大され5358ccの水冷V型8気筒OHVエンジンで、キャブレターの違いで300馬力、340馬力、インジェクション仕様の360馬力のものが設定された。特に360馬力仕様は事実上のレーシング仕様で、足回りがレースでの出走を前提にして硬く引き締められており、とてもではないが公道での使用に使おうと思わせるものではなかった。デビューから2年後の1965年には、レーシングスペックのZ06が登場。6489ccという排気量を持つ、通称ビッグブロックユニットが搭載され、425馬力、45.5kgmという途轍もないハイパワーを誇った。後にビッグブロックは更なる排気量拡大を受け、427キュービックインチ(6997cc)までスープアップされている。圧巻なのはL88型と呼ばれる、C2型末期の1967年に追加されたエンジンで、レーシングカー用エンジンをデチューンした代物。排気量燃料には103オクタン以上のレース用ガソリンを使用しなければ動かないという、日常的な公道での使用などにはとても堪えられる仕様のものではなく、あくまでGTレースを出走するためのホモロゲーションを取得するためのモデルだった。また、L88型は430馬力と公表されたが、若者の奮起や保険料の問題等で伏せていただけで、実際は500馬力以上の代物だったと言われる。L88型エンジンを積んだコルベットは、20台が市販されるに留まっている。 L88型'を搭載したC2が約7500万円の値が付けられオークションで落札された。

初期C1型で犯してしまったミスを払拭するかのごとく、トランスミッションには力が入り、標準装備の3速マニュアルトランスミッション、オプションで3速オートマチック、ギアレシオをクロスさせた4速マニュアルが設定された。このことからも、コルベットは二代目にして、シボレーの旗持ちを務めるほどのイメージリーダーとなっていた。

ボディは完全な新設計で、堅牢なラダーフレーム構造を採っていた。車高は低くなり、重心も下がっていたが、なによりもC2型コルベットは、フロントエンジン車でありながらリアヘビーという、かなりユニークな前後重量配分を有していた。これは燃料タンクが最も後ろに配置されていたためで、通説では前後 47:53の重量配分といわれている。足回りは前ダブルウィッシュボーン式、後トレーリングアーム式で、後輪にリジッドアクスルを採用していた先代と比較し、前後輪とも独立懸架によって支持されるという進化を遂げた。フロントはコイルスプリングであるが、後輪には本来縦に置くはずのリーフスプリングを横置きにしていた。これは後々のコルベットにも受け継がれることとなるが、実はこのスプリングには設計の妙が込められており、バネ下重量を理論上0に抑えることができる利点があった。ブレーキは当初4輪ドラムブレーキだったが、1965年からは4輪ディスクブレーキに改められている。

[ 2009/01/18 15:45 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Corvette Sting Ray Commercial 0'55"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーCorvette Sting Ray Commercial Corvette_Sting_Ray_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・コルベット、コーベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されているスポーツカーである。

コルベットは、台頭し始めたヨーロッパ製スポーツカーへの対抗心によって産み落とされた。アメリカン・モータースポーツの象徴として、フォード・マスタングらと並べて語られることも多く、シボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台である。そのイメージはアメリカ車らしく、大排気量エンジンをフロントに積み、太いトルクを後輪に供給する、典型的なフロントエンジン・リアドライブを現代に至るまで貫き通している。また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には走行性能だけではなく、外観を激しく変えるほどのマイナーチェンジが果たされることも珍しくない。一方で太いトルクによる大馬力に固執し、一時期DOHCエンジンを採用した事があったものの、最新型においてもOHVエンジンを採用し、低回転・大トルクがコルベットのアイディンティティとなっている。

コルベットは、その基本性能の優秀さから初代C1型コルベットの時代から様々なレーシング仕様が製作され、数多い功績を挙げた。ワークスでのレース活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。

現在、欧州や日本ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのフラッグシップモデルである事には変わりはない。また日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)によって行われている。

2代目(C2 1963年-1967年)
スティングレイレーサーのスタイルを基礎にしてデザインされたC2型コルベットは、原型となったレーサーモデルの名を取ってコルベットスティングレイ(スティングレイは赤エイの意)と呼ばれた。このネーミングは、開発担当者の一人であるビル・ミッチェルが名付け親だが、これは彼が釣りを嗜んでいたことに由来すると言われている。なお、両車の間には構造的共通点はないに等しく、市販にあたって新たにボディ設計がなされている。販売が開始されたのは1963年から。オープンモデルのみのラインナップだったC1型と違い、クーペをメインに据えることとなった。

大きく変貌したスタイリングは、ダイナミックだった先代に対し、先鋭的でエッジの立った独特なスタイリングで、何物にも似ていない。特に1963年に生産されたもののみが有する、「スプリット・ウインドウ」と呼ばれる、ルーフからリアエンドに向かって走るフレームによって二つに寸断されるリアウインドウを持ったモデルは、現在でも人気(と付随するプレミア)を獲得している。また、C5型まで伝統となった、本来とは逆方向から回転する構造を持つリトラクタブル・ヘッドライトが採用されたのは、C2型が最初で、このヘッドライトを備えたモデルは1964年に登場した。

エンジンは基本的に先代に採用されていたものが継承され、それに更にチューニングを加えたもの。排気量は大幅に拡大され5358ccの水冷V型8気筒OHVエンジンで、キャブレターの違いで300馬力、340馬力、インジェクション仕様の360馬力のものが設定された。特に360馬力仕様は事実上のレーシング仕様で、足回りがレースでの出走を前提にして硬く引き締められており、とてもではないが公道での使用に使おうと思わせるものではなかった。デビューから2年後の1965年には、レーシングスペックのZ06が登場。6489ccという排気量を持つ、通称ビッグブロックユニットが搭載され、425馬力、45.5kgmという途轍もないハイパワーを誇った。後にビッグブロックは更なる排気量拡大を受け、427キュービックインチ(6997cc)までスープアップされている。圧巻なのはL88型と呼ばれる、C2型末期の1967年に追加されたエンジンで、レーシングカー用エンジンをデチューンした代物。排気量燃料には103オクタン以上のレース用ガソリンを使用しなければ動かないという、日常的な公道での使用などにはとても堪えられる仕様のものではなく、あくまでGTレースを出走するためのホモロゲーションを取得するためのモデルだった。また、L88型は430馬力と公表されたが、若者の奮起や保険料の問題等で伏せていただけで、実際は500馬力以上の代物だったと言われる。L88型エンジンを積んだコルベットは、20台が市販されるに留まっている。 L88型'を搭載したC2が約7500万円の値が付けられオークションで落札された。

初期C1型で犯してしまったミスを払拭するかのごとく、トランスミッションには力が入り、標準装備の3速マニュアルトランスミッション、オプションで3速オートマチック、ギアレシオをクロスさせた4速マニュアルが設定された。このことからも、コルベットは二代目にして、シボレーの旗持ちを務めるほどのイメージリーダーとなっていた。

ボディは完全な新設計で、堅牢なラダーフレーム構造を採っていた。車高は低くなり、重心も下がっていたが、なによりもC2型コルベットは、フロントエンジン車でありながらリアヘビーという、かなりユニークな前後重量配分を有していた。これは燃料タンクが最も後ろに配置されていたためで、通説では前後 47:53の重量配分といわれている。足回りは前ダブルウィッシュボーン式、後トレーリングアーム式で、後輪にリジッドアクスルを採用していた先代と比較し、前後輪とも独立懸架によって支持されるという進化を遂げた。フロントはコイルスプリングであるが、後輪には本来縦に置くはずのリーフスプリングを横置きにしていた。これは後々のコルベットにも受け継がれることとなるが、実はこのスプリングには設計の妙が込められており、バネ下重量を理論上0に抑えることができる利点があった。ブレーキは当初4輪ドラムブレーキだったが、1965年からは4輪ディスクブレーキに改められている。

[ 2009/01/19 15:54 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

My Favorite Corvette Commercial - Banned 1'01"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーCorvette Sting Ray Commercial My_favorite_Corvette_commercial_-_Banned.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・コルベット、コーベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されているスポーツカーである。

コルベットは、台頭し始めたヨーロッパ製スポーツカーへの対抗心によって産み落とされた。アメリカン・モータースポーツの象徴として、フォード・マスタングらと並べて語られることも多く、シボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台である。そのイメージはアメリカ車らしく、大排気量エンジンをフロントに積み、太いトルクを後輪に供給する、典型的なフロントエンジン・リアドライブを現代に至るまで貫き通している。また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には走行性能だけではなく、外観を激しく変えるほどのマイナーチェンジが果たされることも珍しくない。一方で太いトルクによる大馬力に固執し、一時期DOHCエンジンを採用した事があったものの、最新型においてもOHVエンジンを採用し、低回転・大トルクがコルベットのアイディンティティとなっている。

コルベットは、その基本性能の優秀さから初代C1型コルベットの時代から様々なレーシング仕様が製作され、数多い功績を挙げた。ワークスでのレース活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。

現在、欧州や日本ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのフラッグシップモデルである事には変わりはない。また日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)によって行われている。

6代目(C6 2005年-)
2005年型から生産を開始したC6型コルベットは、「Power,Passion,Precision(よりパワフルに、情熱的に、精緻に)」をコンセプトに掲げ、C5に存在した欠点を洗い出し、改善した正常進化モデルである。そのため、メカニズム的な共通点は多いものの、そのほとんどは新しく設計されている。実際の生産は秋頃から開始され、日本での販売は2005年2月11日から行われている。また、衝突安全性や軽量化の視点からリトラクタブル・ヘッドライトは廃止され、吊り目型の固定式ヘッドライトが採用された。このデザインは、当時GMの傘下であったフィアット(同年に解消)のグループ企業であるフェラーリの影響が色濃く残っており、そのためにバルケッタや360とヘッドライトが似ている。C5にも密接に関わり、その後GMハイパフォーマンスカー設計グループのチーフを務めたデイブ・ヒルが開発リーダーを務めた。

曲面で構成されていたC5と比較し、よりエッジの利いたラインで構成された力強いスタイリングとなった。また、運動性能向上のためダウンサイジングを敢行し、先代より全長100mm、全幅10mm、全高20mmそれぞれ短縮されたが、逆にホイールベースは30mm延長され、オーバーハングを縮小することで安定性を高めている。足回りは前後ダブルウィッシュボーン式、コンポジット材を使用した横置きリーフスプリングという組み合わせは不変であるものの、C5末期に採用された、路面状況に合わせて減衰力をオートマチックに制御するマグネティック・セレクティブ・ライド・コントロールを装備している。

歴代コルベットからフレーム構造を引き継ぎ、C5で採用されたハイドロフォームによって成型される、フロアの周囲にフレームを巡らせたスチール製ペリメーターフレームを基本に、ボックス断面のセンタートンネルなどを組み合わせたフレーム構造を有する。フロアパネルにはコンポジット材を用いるなど、軽量化にも配慮がなされている。

基本的にはキャデラック・XLRとプラットフォームを共有しており、この車の開発にはデイブ・ヒルが指揮を執った経緯が存在する。また、細部形状の適正化により、先代のCD値0.29を更に上回り、0.28と優秀な空力特性を実現している。

パワートレインは先代からの流用で、新型に合わせて改良を施されている。LS2と銘打たれた、5967ccにボアアップされたスモールブロックユニットは404馬力を発生する。ギアボックスがディファレンシャルギアと一体構造となるトランスアクスルも引き継がれており、前51:後49という、スポーツカーとして理想的な前後重量配分を保っている。トランスミッションのバリエーションは2種類で、日本仕様ではクーペにのみ設定される6速マニュアルミッションと4速オートマチックが用意される。また、2006年モデルではオートマチックが6速・パドルシフト付きに変更される。

2008年モデルでは、エンジンのシリンダーブロックの改良を受けると同時に排気量が6156ccに上げられ、最高出力も436馬力に上げられた。また、パドルシフト付き6速オートマチックも反応速度が上がり、同時に6速マニュアルミッションもギアレイアウトが改善され、さらに高いパフォーマンスを発揮することとなった。

なお、ハイパフォーマンス版である「Z06」も用意される。軽量化のためにチタニウム製のコネクティングロッドとインテークバルブを奢られた、 6997ccに排気量が上げられ、511馬力を発揮する、ドライサンプのLS7型スモールブロックエンジンが搭載された。タイヤサイズもパワーの向上に合わせてより大型の、P275/35ZR18F(前輪)、P325/30ZR19(後輪)となると同時に、ブレーキシステムも大型化されたベンチレーテッドクロスドリルローターに、フロント6ピストン、リア4ピストンキャリパーを組み合わせものとなった。なおトランスミッションは、トランスミッションオイルクーラーを備えた6速マニュアルミッションのみとなる。

発売当初、アメリカではガイ・リッチーが監督したテレビコマーシャルが放映されたが、「子供がクルマを運転するのは危険」だと指摘され、すぐに放送中止となった。

[ 2009/01/21 13:18 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Banned Corvette Commercial 0'20"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーBanned Corvette Commercial Banned_Corvette_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・コルベット、コーベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されているスポーツカーである。

コルベットは、台頭し始めたヨーロッパ製スポーツカーへの対抗心によって産み落とされた。アメリカン・モータースポーツの象徴として、フォード・マスタングらと並べて語られることも多く、シボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台である。そのイメージはアメリカ車らしく、大排気量エンジンをフロントに積み、太いトルクを後輪に供給する、典型的なフロントエンジン・リアドライブを現代に至るまで貫き通している。また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には走行性能だけではなく、外観を激しく変えるほどのマイナーチェンジが果たされることも珍しくない。一方で太いトルクによる大馬力に固執し、一時期DOHCエンジンを採用した事があったものの、最新型においてもOHVエンジンを採用し、低回転・大トルクがコルベットのアイディンティティとなっている。

コルベットは、その基本性能の優秀さから初代C1型コルベットの時代から様々なレーシング仕様が製作され、数多い功績を挙げた。ワークスでのレース活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。

現在、欧州や日本ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのフラッグシップモデルである事には変わりはない。また日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)によって行われている。

5代目(C5 1997年-2005年)
C5コルベットは5700cc水冷V型8気筒OHVをそのままに350馬力を手に入れ、馬力だけ見ればヨーロッパのスポーツカーと肩を並べられるハイパフォーマンスカーへと進化した。車重もクーペで1480kgと大きさの割には軽く、フロントフェンダー部分からリアフェンダーにかけては、角を削り落とした現代的な曲線を多用する流麗なスタイルとなった。伝統のリトラクタブルヘッドライト、片側2連の楕円テールライトを受け継いだ。室内の質感はプラスチッキーで安っぽいイメージが残るものの、C4と比べれば大幅に改善されている。タイヤサイズもパワーの向上に合わせてより大型のF245/45-ZR17、R275/40-ZR18サイズとなった。また最高速度は282km/hとなった。

2001年にマイナーチェンジを施し、最大出力が355馬力、トルクも49.8kgとなり、マニュアルモデルのZ-51で51.8kgに向上した。Z51 については、後に紹介する電磁制御ダンパーを装備せず、シボレーレーシングが専用に開発したZ51スエーバーとハードセッティングの専用スプリングを採用し、高速域での安定した走りを実現させた。また軽量なアルミホイールが採用されよりスポーツカーとしての魅力も同時に向上した。シャーシはスポット溶接等を一切行わないペリメーターフレームで構成される。また、シボレーが長期に渡り研究開発を進めてきた電磁制御ダンパーがC5で採用され、1/1000秒単位で路面の衝撃を和らげる制御が行われる。センターコンソールにダンパーの切り替えスイッチがあり「ツアー」と「スポーツ」の二つから選べ、前者は高速道路での繋ぎ目でのショックは皆無となる。後者はサーキットなどでの走行を想定して開発され、路面からのショックをドライバーによりダイレクトに伝え、路面状態をドライバーへ明確に伝えるセッティングとなっている。また、リアデフとミッションを一体化させるトランスアクスルの採用により前後の車重をほぼ 50:50に近いものとした。その他の装備として、電磁ステアとトラクションコントロール、フロントウインドウにエンジンの状況など様々な情報を表示できるヘッドアップディスプレーなどを装備している。

価格は発売当時で、クーペが580万円。最終型の2004年モデルでは730万円に改定された。

[ 2009/01/22 13:30 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Chevrolet Impala Commercial 2005

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevrolet Impala Commercial 2005 Chevy Impala Commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・インパラ(Chevrolet Impala)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されている自動車の車種名。現在、日本では正式発売されていない。

1960年代前半のモデルは、ローライダーと呼ばれるカスタムのベース車として日本、アメリカで人気が高い。

8代目(2000-2005年)
インパラの名は、シボレー・ルミナに代わる車として、2000年モデルとして復活した。以前のインパラとは異なり、これは前輪駆動であって、2種類のV6エンジンが搭載可能であった。この車は、GM W-プラットホームを基に設計された。スーパーチャージャー付きのV6をもつ新しいインパラSSは、2004年モデルとして登場した。この世代のインパラは(次世代と同様に)、2004年には29万259台の販売を記録し、ベストセラーの大型セダンとなった。

ベースモデルは、布製ベンチシートで、175馬力のLA1(V6、3.4L)エンジンを搭載していた。LSは、革製のセンター・コンソールとフロア・シフト、色のついた「インパラ」の文字が施されたドアスクリプトとトランクバッジ、アンチロックブレーキ、トラクションコントロール、キーレス・エントリー、一体型フォグランプと200馬力のL36(V6、3.8L)エンジンを装備した。全てのモデルで利用できるオプションは、サンルーフ、オンスターシステム、リア・スポイラー、ビルトインされたホームリンク・システムによるドライバー・インフォメーション・センターのサービスを含んでいた。ヒーター入りフロント・パワー・シートと16インチの1990年代SSを思わせるホイールなど、全てのオプションは、LSで装備可能であった。全てのモデルはパワーウインドー、電動ドアロックと電動ミラーを装備していた。2003年、シボレーは、LSスポーツ・パッケージを追加した。LSモデルに加えて、それはフロント・バンパーの拡張、クロムの排気口などが追加された。2004年~2005年のインパラSSは、過給機付きのL67(V6、3.8L)エンジンを搭載した。それは240馬力あり、以前ポンティアック・グランプリGTP、ビュイック・リーガルGSとポンティアック・ボンネヴィルSSEIにも搭載されていた。

たとえ車両が「本当のSS」でなくなって価格が安くなったとしても、軽量スーパーチャージャー付きのセダンは、1990年代モデルと比較して遜色ない加速力をもっていた。

[ 2009/11/11 18:01 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Chevrolet Impala 1963 0'50"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevrolet Impala 1963 Don_t be a menace to Grandma_s impala.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・インパラ(Chevrolet Impala)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されている自動車の車種名。現在、日本では正式発売されていない。

1960年代前半のモデルは、ローライダーと呼ばれるカスタムのベース車として日本、アメリカで人気が高い。

3代目 (1961年~1964年)
1957年に「ベルエア」に2ドアの「インパラ・パッケージ」が登場したのと同様、1965年のインパラに4ドアの「カプリス・パッケージ」が登場。インパラ以上に高級感のあるスペシャリティー・4ドアハードトップであった。この「カプリス・パッケージ」は1966年に2ドアも登場しに独立した。シボレーの最高級フルサイズは「カプリス」に変わったが、「インパラ」は「ベルエア」のように低級化はせずいままでと同じように生産された。

1958年から1966年までの間にインパラは1300万台が生産され、1965年には年間100万台が売れた。1961年に登場したインパラSS(スーパースポーツ)がその牽引役となり、ノーマルのインパラに比べて次のようなチューニングが施された。

* 排気量348立方インチ(5.7リットル)V8エンジン(最高出力305, 340, 350馬力)
* または排気量409立方インチ(6.7リットル)V8エンジン(最高出力425馬力)
* 強化スプリング&ショックアブソーバー
* 焼結合金製ブレーキライニング

[ 2009/11/12 18:21 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

SS Chevelle TV Commercial Ad 1970 1'05"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーSS Chevelle TV Commercial Ad 1970 1970 SS Chevelle TV Commercial Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・シェベル (Chevrolet Chevelle) は1964年から1977 年にかけて製造された中型自動車であり、この間、ゼネラルモーターズ社が製造し、最も成功を収めた車の一つである。

初代 (1964-1972)
シェベルは、1964年にデビューした。モデルは、経済的なファミリーカーから、パワフルなクーペ、コンバーチブルまで多岐に及んだ。そのうち、マリブは、当初からシェベルのラインナップでも最上クラスに位置し、1977 年以降、シェベルの名はマリブに引き継がれた。 シェベルのシャシーは、GMのAプラットホームを改良したものをベースとしており、好評を博したモンテカルロにも流用された。シェベルは、同サイズのフォード・フェアレーンに対抗することを意図して開発されたが、当初はシボレーが芳しい販売実績を上げていたシボレー・ノバとして販売される予定であった。 1966年から1972 年にかけては、4ドア・ハードトップ、また、1964年から1965 年には、2ドア・ステーションワゴン もラインナップされた。ピックアップバージョンであるエルカミーノもラインナップの一部であったが、後に独自の車種として派生し、1987年まで製造された。 多くの購買者は、シェベルを経済的で、手ごろな値段のファミリーカーと捉えていた。現に、シェベルは5人乗りの家族向けの大きさで、パワーステアリング、パワーブレーキ、オートマチックトランスミッション、エアコン、ステレオなどの人気装備が整った車であった。

一方、シェベルのラインナップに、シェベルSSが加わり、このSSの発売によって、シボレーはマッスルカー市場に打って出ることとなった。1964年初頭と1965 年、シェベルはマリブSSのネームプレートを付けていた。1966年SS396の名でシリーズ化されたシェベルSSは、ハイ・パフォーマンス版として、独自のシリーズのエンジンを持っていた。327立方インチ、350立方インチ、396立方インチV8がそれである。1970年以前は、中型車のエンジンは400立方インチを越えて搭載しないことにしていたが、1968年、1969年はCOPO(Central Office Production Order)と呼ばれる販売戦略を採用していた。つまり、レース用として使用するためのディーラーへの注文として、それ以上の大きなエンジンを搭載することが可能であったのである。1970年、SS454がラインアップされたことによって、COPOは実質的に無力となった。V8-454立方インチ(7.400cc)・450馬力のエンジンの搭載はシェベルの伝説となった。1972年は 270馬力を搾り出すエンジンが搭載されると同時に、第1世代生産最後の年となった。

2代目(1973-1977)
シェベルは、1973 年、大規模なデザイン変更を経験した。コンバーチブルが廃止され、代わってBピラー以外にガラスのないハードトップ「コロナード・ハードトップ」が登場した。フロント・サスペンションはカマロをベースにしたものが採用されたが、そのスタイリングはユーザーの要望を満たすに足りなかった。1974年シェベルのネームプレートは廃され、これ以降のモデルはマリブと代わった。新しいシェベルは最上級モデルのラグナ・シリーズから始まり、SSも1973年まではマリブ・クーペとステーションワゴンに設定されていた。1974年、ラグナがSSと置き換えられ、マリブがエントリー・モデルとなると同時に、454エンジンが搭載された最後の年となった。1976年、異なるフロントエンドのスタイリングを持つラグナS3クーペが販売されたが、販売は低調であった。これがNASCARに登場したシェベルである。1978年、シェベルは生産が中止され、マリブの名を冠した車として存続した。

[ 2009/12/19 14:58 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Chevy Camaro 1967 Commercial 2'01"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevy Camaro 1967 Commercial First Chevy Camaro Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。名前の由来は古いフランス語で“友達”の意味。カマロは現在5代目まで存在し、日本には2代目以降正規輸入が続いている。

初代(1967年-1969年)
初代カマロは1967年に発売された。GM Fボディ プラットフォームを用いられ、駆動は全てFR(フロントエンジン・リアドライブ)。エンジンは直列6気筒もしくはV型8気筒で、排気量は3.8Lから7.0Lであった。シートは全て2+2、ボディは2ドアハードトップとコンバーチブルが設定された。グレードはハイパフォーマンスモデルのZ28・RS(ラリー・スポーツ)・SS(スーパー・スポーツ)の3種類。また、1967年に販売されたモデルのみ三角窓を装備し、1969年にはサイドのプレスラインやフェンダーアーチなどのボディパネルの変更、そしてレースを目的とした425PSハイパワーエンジンが、この年限りのオプションとして登場する。このエンジンを搭載したモデルは69台製作されたことが記録されているが、サーキットではフォード・マスタングと覇を争い、1969年のSCCA(Sports Car Club of America)トランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上クラスで優勝した。初代カマロは1969年に生産終了になった。わずか3年間のみの販売であった。

備考
インディ500のペースカーに1969年・1982年・1993年の3回選定されている。

[ 2010/01/03 16:55 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Camaro Z28 Commercial 1978 0'30"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevy Camaro 1967 Commercial 1978 Camaro Z28 Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。名前の由来は古いフランス語で“友達”の意味。カマロは現在5代目まで存在し、日本には2代目以降正規輸入が続いている。

2代目(1970年-1981年)
2代目カマロは1970年2月に発売された。日本へは大洋シボレー、伊藤忠オート、GMと資本提携にあったいすゞ自動車などから正規輸入された。ボディはクーペへ変更となり、大型化された分、重量も増加した。

プラットフォームを初代と同じ、GM Fボディ プラットフォームを採用しただけでなく、途中から追加ラインナップされた3.8L V6エンジン搭載モデルを除き、エンジンなど大半のコンポーネントは初代から引き継がれたもので、典型的なスキンチェンジである。グレードは初代と同じSS、RS、Z28、それに1973年にはLTが追加される。

1974年、マスクとテールのデザインをリファインし大型バンパーを追加するなどマイナーチェンジを受けるが、折からの排ガス規制の影響で大幅にパワーダウン、最高グレードであるZ28が一時ラインナップから姿を消す(1977年に復活)。

1978年には、再びデザインのリファインが行われ、ウレタン性バンパー一体型マスクや新デザインのテールの採用に加え、全長も2.2インチ伸びて197.6インチ(5019mm)となった。

翌1979年には、それまでのLTに代わるラグジュアリー・モデルとして新たにベルリネッタがラインナップされた。またインパネ周りのデザインが一新された。

生産期間の長さとマスキー法への対応から、エンジンのバリエーションはカマロの中でも多く、
* 1970年-1972年: 6.6 L V8
* 1970年-1973年: 5.0 L V8
* 1970年-1979年: 4.1 L 直6
* 1970年-1981年: 5.7 L V8
* 1976年-1981年: 5.0 L V8
* 1980年-1981年: 3.8 L V6
* 1980年-1981年: 3.8 L V6(カリフォルニアモデル)
* 1980年-1981年: 4.4 L V8

の9種類が搭載されている。また、オプションの細分化によりユーザーの希望によって多様な組み合わせができるように設定され、コラムシフトやTバールーフなども選択できた。また、オーストラリア向けの右ハンドル車が初めてラインナップされた。

この2代目カマロは1982年に3代目が発売されるまで、カマロの中ではもっとも長い12年間にわたり販売され続けたが、{{要出典範囲|これは、段階的に厳しくなる排出ガス規制への対応が優先され、次世代型の開発が後回しとなった結果である

備考
インディ500のペースカーに1969年・1982年・1993年の3回選定されている。

[ 2010/01/04 17:19 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)

Chevrolet Camaro Commercials 1985 0'58"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevrolet Camaro Commercials 1985 1985 Chevrolet Camaro Commercials.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。名前の由来は古いフランス語で“友達”の意味。カマロは現在5代目まで存在し、日本には2代目以降正規輸入が続いている。

3代目(1982年-1992年)
ハッチバック形状のボディを採用し、エンジンに燃料噴射装置を初めて採用したモデル。この燃料噴射装置は当初はZ28のみにクロスファイヤーインジェクションがオプション(標準はキャブレター)として設定されていたが、その後、全車が燃料噴射装置化されRSの5.0LにはTBI(スロットルボディーインジェクション 170PS)、Z28の5.0L及び5.7Lには TPI(チューンドポートインジェクション 215PS及び235PS)が採用された。マニュアルトランスミッションが5速に、オートマチックトランスミッションが4速にバージョンアップされた。日本にはヤナセを通じてRS(その後スポーツクーペに改名 5.0L)、Z28(5.0LのちのIROC-Zでは5.7L)およびコンバーチブル(5.0L)が輸入された。なおコンバーチブルは輸入当初はRS(その後スポーツコンバーチブルに改名 170PS)であったが、後にZ28(215PS)に変更されている。

エンジンのバリエーションは次のとおり:
* 1982年-1986年: 2.5 L (151 cid) L4
* 1982年-1989年: 2.8 L (173 cid) V6
* 1990年-1992年: 3.1 L (191 cid) V6
* 1982年-1992年: 5.0 L (305 cid) V8
* 1987年-1992年: 5.7 L (350 cid) V8

グレードはスポーツクーペ、ベルリネッタ(Berlinetta)、RS, Z28、IROC-Z(International Race of Champions)が設定され、1987年モデルではコンバーチブルが復活している。テレビ番組『特警ウインスペクター』のウインスコードのベース車でもある。また、ひらけ!ポンキッキの楽曲「せかいのくるま」内のイメージ映像でフジテレビ旧河田町本社前からガチャピンとムックがオープンカーで同乗し、ドライブする際、カマロコンバーチブルが用いられた。

備考
インディ500のペースカーに1969年・1982年・1993年の3回選定されている。

[ 2010/01/05 17:07 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。