スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GM Cadillac CTS 0'32"

トップページGM CADILLACカテゴリーGM Cadillac CTS TrickleDownPerformanceCadillacCTSCTSVTVSpot.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
CTS(シーティーエス、Cadillac CTS)は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ社が生産し、同社がキャディラックブランドで販売しているミドルサイズラグジュアリーセダンである。CTSはCatera Touring Sedan(カテラツーリングセダン)の略称であり、カテラの後継車種である。

キャディラックは長年にわたりフロントエンジン・フロントドライブ(FF)にこだわり続けていたが、このCTSはシグマ・アーキテクチャと呼ばれる新設計のプラットフォームを採用し、フロントエンジン・リアドライブ(FR)レイアウトとしている。生産はテネシー州に新設された専用工場で行われる。

従来、キャディラックは北米市場のみに注力してきたため、その他の地域では「キャデラック車はあまりに大きすぎる」と評価されており、ヨーロッパやアジアなどの市場では販売がふるわない状態が続いていた。また、CTSデビュー当時の米国でのキャディラックオーナーの平均年齢はおよそ60歳であり、本国では「リタイヤした老人が乗るクルマ」というイメージが強かったため、より若い消費者に受け入れられる車の開発が急務であった。こういった経緯から、これまでのキャディラックよりコンパクトでスポーティなCTSが誕生した。CTSの開発にあたっては、全く新しいFRプラットフォームの設計はもちろんのこと、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでの3年にわたりテストを繰り返し走行性能を磨くなど、メルセデス・ベンツやBMWなどに代表される欧州製セダンを強く意識している。

日本仕様は右ハンドルも設定し、またオプションでカーナビゲーションを用意するなどしているが、販売は芳しくない。一方、中国では一時期、ノックダウン生産 (北米設計のキャディラックでは初めての海外生産)を行ったこともあるが、ノックダウン生産の関税の問題で米国からの輸入に切り替わった。

初代(2003年-2008年)
2001年に発表され、2003年に発売された。市販車としては、キャディラックが「アート&サイエンス」と呼ぶデザイン哲学に則った外観を持つ最初のモデルである。

エンジンは前期型では2.6リッターもしくは3.6リッター、後期型では2.8リッターもしくは3.6リッターのV型6気筒。2004年にはシボレー・コルベットと同じ5.7リッターV型8気筒を搭載した(2006年からは6.0リッター)高性能版のCTS-Vもラインナップに追加された。用意されるトランスミッションは5速AT、5速もしくは6速のMT。

2代目(2008年- )
日本では2007年10月22日に発表され、2008年1月より発売開始する。

現時点では右ハンドル車の設定はされていない。

スポンサーサイト
[ 2008/01/11 16:34 ] CADILLAC  | TB(0) | CM(0)

GM Cadillac History 1'00"

トップページGM CADILLACカテゴリーGM Cadillac History CadillacXLRVTVcommercialroll60s2006.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Cadillac(キャディラック)は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ社が展開している高級車のブランド名である。なお、日本ゼネラルモーターズでは「キャデラック」と表記されており、かつては「キヤデラック(「ヤ」が大文字)」、「カデラック」とも表記されていた。

ロールス・ロイスやリンカーンなどと並び、アメリカのみならず世界を代表する高級車ブランドとして知られる。また、アメリカ大統領の専用車として第一次世界大戦当時のウッドロー・ウィルソンから、現在のジョージ・ウォーカー・ブッシュに至るまで、長年に渡りライバルのパッカード(現在は消滅)やリンカーンとともに使用されている他、多数の国で王侯貴族・政府指導者の専用車に採用されている。

キャディラックは本国市場がメインで、輸出は事実上日本を含む東アジアと中東諸国のみだったが、1990年代後半からヨーロッパ進出を試みるようになった。また、同時期に日本やイギリス向けに右ハンドル仕様車(セヴィル)を投入し話題になった。2000年代には中国やロシアにも進出。2007年には右ハンドル・左側通行の南アフリカ共和国にも展開する予定である。

1899年にヘンリー・フォードを擁してヘンリー・フォード・カンパニーが設立されたが、フォードは経営陣との対立で会社を去り、1902年、機械メーカーの工場長であったヘンリー・マーティン・リーランドが請われて後任となった。デトロイトを開拓したフランス貴族「Antoine De La Mothe Cadillac」にちなんで社名とブランドを「キャディラック」に変更、1903年から自動車の本格生産を開始した。1909年にはゼネラル・モーターズ(GM)の設立者ウィリアム・C・デュラントの求めに応じてGMグループ入りし、以後はGMの最高級レンジを担うモデルとして生産されている。

リーランドは精密加工技術の権威であり、その指導のもとに作られたキャディラックは高品質であるだけでなく、黎明期の自動車の欠点であった部品互換性の悪さを最初に克服した自動車の一つとなった。1908年、イギリスの王立自動車クラブ(RAC)による部品互換性テストに合格して、RACから「デュワー・トロフィー」を受賞している。リーランドは第一次世界大戦中に連合軍を応援するための軍需品製作をしないGMに愛想を尽かし、リバティエンジンを製作するために自身でリンカーン社を設立した。この会社は第一次大戦後高級車を製作したが、すでに大衆車の時代でありフォード・モーターに破格の値段で買収され、フォードの経営の元で安定を得、ブランドとしてキャディラックのライバルとなった。

キャディラックの特徴として、古くより先進技術を積極的に取り入れたことが挙げられる。特に、世界初の実用的なセルフスターターの搭載(1912年)は顕著な功績である。量産V型8気筒エンジン、V型16気筒エンジン、シンクロメッシュ・ギアボックス、ウィッシュボーン式前輪独立懸架の実用化、エアコンディショニングの搭載、曲面ガラスの採用など、近代の乗用車の技術革新に大いに貢献した。

1910年代から高級車としての名声を確立していたものの、特にアメリカ経済の絶頂期でもある第二次世界大戦前から1960年代にかけてはその名声の絶頂期で、大排気量エンジンやボタン式オートマチック、巨大なテールフィン等の豪華な装備が世界中の大富豪、セレブリティの憧れの的となり、多くの映画にも登場した。

オイルショック後の1980年代以降、シマロンやアランテなどマーケットの混乱が招いたダウンサイジング化や他のGM車との部品共通化によるブランディングの失敗などでそのブランドイメージが若干低下した。

しかし2000年代以降の「エスカレード」などの4輪駆動車の導入やイタリアの宝石商・ブルガリとのタイアップ、ル・マン24時間レースへの参戦などの積極的なマーケティング戦略が功を奏し、現在はその人気を復活させた。

1910年代よりヤナセにより日本への輸入が開始された。当初より皇族や華族、政治家に愛好され、日米関係が悪化した1930年代の後半に至っても輸入が継続されたものの、1941年12月の大東亜戦争(太平洋戦争)の開戦により輸入は中断された。

終戦後は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の最高司令官ダグラス・マッカーサーの専用車として全国の一般市民にまでその名が知られることになり、その後も多くのハリウッド映画でアメリカの富の象徴として露出されたことから庶民の憧れの高級車となった。

[ 2008/01/12 16:23 ] CADILLAC  | TB(0) | CM(0)

GM Cadillac 1958 0'56"

トップページGM CADILLACカテゴリーGM Cadillac 1958 1958cadillac.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Cadillac(キャディラック)は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ社が展開している高級車のブランド名である。なお、日本ゼネラルモーターズでは「キャデラック」と表記されており、かつては「キヤデラック(「ヤ」が大文字)」、「カデラック」とも表記されていた。

ロールス・ロイスやリンカーンなどと並び、アメリカのみならず世界を代表する高級車ブランドとして知られる。また、アメリカ大統領の専用車として第一次世界大戦当時のウッドロー・ウィルソンから、現在のジョージ・ウォーカー・ブッシュに至るまで、長年に渡りライバルのパッカード(現在は消滅)やリンカーンとともに使用されている他、多数の国で王侯貴族・政府指導者の専用車に採用されている。

キャディラックは本国市場がメインで、輸出は事実上日本を含む東アジアと中東諸国のみだったが、1990年代後半からヨーロッパ進出を試みるようになった。また、同時期に日本やイギリス向けに右ハンドル仕様車(セヴィル)を投入し話題になった。2000年代には中国やロシアにも進出。2007年には右ハンドル・左側通行の南アフリカ共和国にも展開する予定である。

1899年にヘンリー・フォードを擁してヘンリー・フォード・カンパニーが設立されたが、フォードは経営陣との対立で会社を去り、1902年、機械メーカーの工場長であったヘンリー・マーティン・リーランドが請われて後任となった。デトロイトを開拓したフランス貴族「Antoine De La Mothe Cadillac」にちなんで社名とブランドを「キャディラック」に変更、1903年から自動車の本格生産を開始した。1909年にはゼネラル・モーターズ(GM)の設立者ウィリアム・C・デュラントの求めに応じてGMグループ入りし、以後はGMの最高級レンジを担うモデルとして生産されている。

リーランドは精密加工技術の権威であり、その指導のもとに作られたキャディラックは高品質であるだけでなく、黎明期の自動車の欠点であった部品互換性の悪さを最初に克服した自動車の一つとなった。1908年、イギリスの王立自動車クラブ(RAC)による部品互換性テストに合格して、RACから「デュワー・トロフィー」を受賞している。リーランドは第一次世界大戦中に連合軍を応援するための軍需品製作をしないGMに愛想を尽かし、リバティエンジンを製作するために自身でリンカーン社を設立した。この会社は第一次大戦後高級車を製作したが、すでに大衆車の時代でありフォード・モーターに破格の値段で買収され、フォードの経営の元で安定を得、ブランドとしてキャディラックのライバルとなった。

キャディラックの特徴として、古くより先進技術を積極的に取り入れたことが挙げられる。特に、世界初の実用的なセルフスターターの搭載(1912年)は顕著な功績である。量産V型8気筒エンジン、V型16気筒エンジン、シンクロメッシュ・ギアボックス、ウィッシュボーン式前輪独立懸架の実用化、エアコンディショニングの搭載、曲面ガラスの採用など、近代の乗用車の技術革新に大いに貢献した。

1910年代から高級車としての名声を確立していたものの、特にアメリカ経済の絶頂期でもある第二次世界大戦前から1960年代にかけてはその名声の絶頂期で、大排気量エンジンやボタン式オートマチック、巨大なテールフィン等の豪華な装備が世界中の大富豪、セレブリティの憧れの的となり、多くの映画にも登場した。

オイルショック後の1980年代以降、シマロンやアランテなどマーケットの混乱が招いたダウンサイジング化や他のGM車との部品共通化によるブランディングの失敗などでそのブランドイメージが若干低下した。

しかし2000年代以降の「エスカレード」などの4輪駆動車の導入やイタリアの宝石商・ブルガリとのタイアップ、ル・マン24時間レースへの参戦などの積極的なマーケティング戦略が功を奏し、現在はその人気を復活させた。

1910年代よりヤナセにより日本への輸入が開始された。当初より皇族や華族、政治家に愛好され、日米関係が悪化した1930年代の後半に至っても輸入が継続されたものの、1941年12月の大東亜戦争(太平洋戦争)の開戦により輸入は中断された。

終戦後は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の最高司令官ダグラス・マッカーサーの専用車として全国の一般市民にまでその名が知られることになり、その後も多くのハリウッド映画でアメリカの富の象徴として露出されたことから庶民の憧れの高級車となった。

[ 2008/01/13 16:17 ] CADILLAC  | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。