スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Daewoo Maepsy-na XQ 1984 0'20"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Maepsy-na XQ 1984 Daewoo_Maepsy_XQ_1984_Commercial..jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代いすゞ ジェミニのOEM販売。初代ジェミニの記事を参照してください。

スポンサーサイト
[ 2007/08/01 00:18 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans Racer 1986 0'32"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans Racer 1986 20071105143946.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/08/02 00:09 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Maepsy Hidlx 1985 (2) 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Maepsy Hidlx 1985 (2) Daewoo_Maepsy_hidlx_1985_Commercial_2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代いすゞ ジェミニのOEM販売。初代ジェミニの記事を参照してください。

[ 2007/08/04 00:23 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Maepsy Hidlx 1985 0'31"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Maepsy Hidlx Daewoo_Maepsy_Hidlx_1985_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代いすゞ ジェミニのOEM販売。初代ジェミニの記事を参照してください。
[ 2007/08/05 00:28 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Nubira 1995 1'00"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Nubira 1995 Daewoo_Nubira_1997_Commercial__4th_elements.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
大宇自動車設立以後の生産車種された1台。
後継車種はラセッティ

[ 2007/08/06 01:07 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo(Saehan) Maepsy 1982 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo(Saehan) Maepsy 1982 20071105125140.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
この頃はまだ「Daewoo」ではなく「Saehan Motor Company」だった。「Saehan Motor Company」の名前で作られた最後のMaepsyである。その後も「DAEWOO」としてMaepsyは発売される。

初代いすゞ ジェミニのOEM販売。初代ジェミニの記事を参照してください。
[ 2007/08/07 06:05 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Royal Diesel 1979 0'18"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Royal Diesel 1979 20071105125147.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペルレコルトのOEM車
レコルトE(1977-1986年)
最後のレコルトであるEは、1977-1982年のE1と1982-1986年のE2に分けられる。オペルの主力車種はより小型のカデット・アスコナになっており、C・D時代のような人気はなかったが9年間かけて140万台以上が生産された。

英国ボクスホールのヴィクターとの車種統合が行われ、1979年からボクスホール・カールトンとしてフロントエンドを変えて生産されたが、E2以降はバッジ類以外は全く同じ車となった。なお、レコルトEのチーフデザイナーは日本人の児玉英雄である。

E2はオペル輸入を再開した東邦モーターズによって若干数日本にも輸入されたが、少数輸入枠による輸入で絶対数が少ないため、価格設定がより上級のBMW・5シリーズ並みになってしまい、ほとんど売れなかった。

1986年のモデルチェンジに際して、オペル・ボクスホール共通のオメガに改名され、30年以上続いたレコルトの名は消滅した。

年間走行記録
レコルトE2の2リッターモデル2台は、南アフリカ共和国・デルタ社のスタッフの運転により、1988年5月18日から365日間に渡り、同国ケープ州(当時)でダートコースも含む路上を、大きなトラブル無く連続走行した。記録樹立にあたっては南アフリカ自動車協会の立ち会いを得、1989年5月までの最終的な累計走行距離は57万3,029kmに達した。1日あたり1,500km-1,600kmを走破した計算になる。

[ 2007/08/08 06:10 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans GTE 1986 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans GTE 1986 Daewoo_Lemans_GTE_1987_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM販売車
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/08/11 00:02 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans GSI 1989 0'32"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans GSI 1989 Daewoo_Lemans_GSi_1989_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/09/14 23:59 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans Coupe 1986 Airwolf 0'31" 

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans Coupe 1986 Airwolf Daewoo_Lemans_coupe_1987_Commercial__AIRWOLF.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/09/15 23:54 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans 1990 0'33" 

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans 1990 Daewoo_Lemans_1990_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/09/16 23:46 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Lemans 1990 (2) 0'31"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Lemans 1990 (2) Daewoo_Lemans_1990_Commercial_1.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットのOEM
カデットE(1984-1991)
最後のカデットとなったEは1984年に登場した。最大のライバルであるゴルフは1982年に「ゴルフⅡ」に発展していたし、同時期のドイツにはアウディ・100やフォード・シエラなど、いわゆるエアロルックと呼ばれる空力的スタイルの新型車が次々に登場していた。新鮮さを失ったカデットDの角張ったスタイルをエアロルックで一気に若返らせたことがEの最大の特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32と、当時の最先端の値となった。ただしその代償として窓面積が小さくかつ傾斜が強いため、室内は開放感に欠け、狭く感じられた。

機構的には先代をほぼ踏襲しており、エンジンも従来からの1196cc・1297cc・1598ccのガソリンと1598ccディーゼルがそのまま用いられた。ボディは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドア3ボックスのセダン、ホイールベースを235mm延長した3・5ドアワゴンのキャラバンがあったが、1987年にはイタリアのベルトーネが車体製作を担当した2ドアカブリオレも追加された。

1986年には高性能版のGSiが登場、空力ボディによって最高速度は203km/hに達した。当初は1796ccであったが、1988年にはマイナーチェンジが行われてフロント部分が改変された他、エンジン排気量が1400/1800/2000ccに拡大され、GSiは2000ccDOHC16バルブ156馬力となった。

1992年にモデルチェンジされる際に、オペル版も車名が「アストラ」に統一され、戦前から数えると50年以上の歴史を持つカデットの名前は消滅した。

なお、WRCへはグループAでGSiでの参戦に留まるものの、グループBが凍結されたため撤回された上位カテゴリ・グループS用のマシンとして、GSiベースの600馬力、パワートレーンを4駆化した「GSi T16 ラリー4X4」が開発され、投入するカテゴリを失うと1988年ヨーロッパラリークロス選手権に参戦していた。

[ 2007/09/17 23:40 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Leganza 1999 0'45"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Leganza 1999 DAEWOO_Leganza_commercial__beautiful_fly_away.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
大宇Leganzaは、1997年から2002年まで生産された中型セダン。
語源はイタリア語の「エレガント」と「フォルツァ」を組み合わされたもの。
型式はV100。ちなみにT100はラノス、J100はNubira

[ 2007/09/18 23:27 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Imperial 1989 0'33"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Imperial 1989 Daewoo_Imperial_1989_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・レコルトがベースの中型セダンである、プリンスの大型セダンモデル

[ 2007/09/19 23:13 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Espero Topgun 0'32"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Espero Topgun DAEWOO_Espero_Commercial_video_2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1990年から1997年まで大宇自動車にて製造販売されていたモデル。
デザインはベルトーネが担当

[ 2007/09/20 23:07 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Espero 1993 0'30" 

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Espero 1993 Daewoo_Espero_1993_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1990年から1997年まで大宇自動車にて製造販売されていたモデル。
デザインはベルトーネが担当

[ 2007/09/21 22:57 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Espero 1989 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Espero 1990 DAEWOO_Espero_1990_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1990年から1997年まで大宇自動車にて製造販売されていたモデル。
デザインはベルトーネが担当

[ 2007/09/22 22:49 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Cielo 1995 (1) 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Cielo 1995 (1) Daewoo_Cielo_1995_commercial_2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
この車はオペル・カデットがベースとなっていますが、ベクトラBにも似ているような気がします。

[ 2007/09/23 22:37 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Cielo 1995 0'30"

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Cielo 1995 Daewoo_Cielo_1995_commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
この車はオペル・カデットがベースとなっていますが、ベクトラBにも似ているような気がします。

[ 2007/09/24 22:20 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

Daewoo Cielo 1994  0'30" 

トップページGMDAEWOOカテゴリーDaewoo Cielo 1994 Daewoo_Cielo_1994_commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
オペル・カデットがベースとなっているはすのなのですが、ベクトラBにもにているような・・・

[ 2007/09/25 22:11 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Winstrom 0'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Winstrom GMDaewooWinstromcommercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・キャプティバ (Chevrolet Captiva) は韓国のGM大宇が製造し、欧州市場およびベトナムでシボレーブランドで販売している中型クロスオーバーSUVである。豪州ホールデンではホールデン・キャプティバ (Holden Captiva) 、本国韓国ではデーウ・ウィンストーム (Daewoo Winstorm) の名称で販売されている。

2004年9月のパリモーターショーでコンセプトモデル「シボレー・S3X」が、2006年3月のジュネーヴ・モーターショーで市販モデル(C100型)がそれぞれ公開され、同年夏から各国市場にて順次発売を開始した。

主に欧州市場を意識して開発された車種であり、既に同じGMシータ・プラットフォームを採用するシボレー・エキノックスが販売されている北米市場には投入されない。5人乗りと7人乗りが用意され、エンジンは直列4気筒エコテック2400cc、V型6気筒アロイテック3200ccの2種類のガソリンエンジン(いずれもホールデンから供給)に加えて、伊VMモトーリ社との共同開発によるGM大宇初の2000ccコモンレールディーゼルエンジンが搭載される。

[ 2008/01/19 15:42 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Matiz (1) 0'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Matiz (1) GMDaewooMatizCommercial2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マティス (Matiz) は韓国のGM大宇 (GMDAT) が製造する超小型車である。現在では韓国と一部の地域を除いてシボレー・マティス (Chevrolet Matiz) もしくはシボレー・スパーク (Chevrolet Spark) の名称で輸出もしくは現地生産されている。また、メキシコではポンティアック・マティスG2 (Pontiac Matiz G2) として販売されている。

2代目 (M200型)
2005年にフルモデルチェンジを実施し、二代目に移行。エンジンは3気筒800ccと4気筒1000ccの二本立て。 韓国国内では旧モデルの差別化から「オールニューマティス」と表記される場合がある。 2006年にノーマル仕様と若干外装などが異なるグレード「SE」が韓国国内で追加された。 日本では2006年にナゴヤドームで開催された名古屋輸入車ショウで初披露された。2007年には韓国内でキム・テヒがCMに出演し、CMに登場したマティスがオークションにかけられた。

[ 2008/01/20 13:52 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Matiz (2) 0'35"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Matiz (2) GMDaewooMatizCommercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マティス (Matiz) は韓国のGM大宇 (GMDAT) が製造する超小型車である。現在では韓国と一部の地域を除いてシボレー・マティス (Chevrolet Matiz) もしくはシボレー・スパーク (Chevrolet Spark) の名称で輸出もしくは現地生産されている。また、メキシコではポンティアック・マティスG2 (Pontiac Matiz G2) として販売されている。

2代目 (M200型)
2005年にフルモデルチェンジを実施し、二代目に移行。エンジンは3気筒800ccと4気筒1000ccの二本立て。 韓国国内では旧モデルの差別化から「オールニューマティス」と表記される場合がある。 2006年にノーマル仕様と若干外装などが異なるグレード「SE」が韓国国内で追加された。 日本では2006年にナゴヤドームで開催された名古屋輸入車ショウで初披露された。2007年には韓国内でキム・テヒがCMに出演し、CMに登場したマティスがオークションにかけられた。

[ 2008/01/21 13:27 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Lacetti (2) 0'32"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Lacetti (2) GMDaewooLacetticommercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ピニンファリーナがデザインを担当したセダンとステーションワゴン、およびジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当した5ドアハッチバック(オプトラ5)の3タイプがある。日本では2005年よりスズキが輸入販売しているが、2006年モデルからはセダンの販売が中止されてワゴンのみの取り扱いになっている。スズキがオプトラワゴンを取り扱っているのにはカルタスワゴンの生産中止以後ステーションワゴンを自社生産していないため、ラインアップを補完する意味であり、後継車であるものと思われる。しかし、ゼネラルモーターズがスズキの株式の大半を売却したことに伴うスズキの輸入GM車取扱の中止に伴い、2006年一杯でワゴンの取扱も中止した。

エンジンはオーストラリアのホールデンが開発した2リッターエンジンを搭載している。 同クラスの国産車とは異なりトラクションコントロールやヘッドランプレベライザー、ワゴンのみにラゲッジパーティションネットを標準装備で設定される。グレードはモノグレードで、サンルーフと本革シートがそれぞれメーカーオプションで設定される。

海外での車名
  • 本国(韓国) - 大宇・ラセッティ(セダン/ハッチバック/ステーションワゴン)
  • 米国 - スズキ・フォレンツァ(セダン/ステーションワゴン)、スズキ・リーノ(ハッチバック)
  • カナダ - シボレー・オプトラ/スズキ・フォレンツァ(セダン/ステーションワゴン)、スズキ・リーノ(ハッチバック)
  • 欧州 - シボレー・ラセッティまたはシボレー・ヌビラ(セダン/ハッチバック/ステーションワゴン)
  • 南米(ベネズエラ/コロンビア/エクアドル/チリ) - シボレー・オプトラ
  • タイ/シンガポール/マレーシア/フィリピン/インド/南アフリカ共和国 - シボレー・オプトラ
  • ベトナム - 大宇・ラセッティ(セダン)
  • 中国 - ビュイック・エクセル(セダン)、ビュイック・エクセルHRV(ハッチバック)
  • オセアニア - ホールデン・ヴィヴァ
[ 2008/01/22 13:17 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Lacetti (1) 0'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Lacetti (1) GMDaewooLacettiCommercial1.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ピニンファリーナがデザインを担当したセダンとステーションワゴン、およびジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当した5ドアハッチバック(オプトラ5)の3タイプがある。日本では2005年よりスズキが輸入販売しているが、2006年モデルからはセダンの販売が中止されてワゴンのみの取り扱いになっている。スズキがオプトラワゴンを取り扱っているのにはカルタスワゴンの生産中止以後ステーションワゴンを自社生産していないため、ラインアップを補完する意味であり、後継車であるものと思われる。しかし、ゼネラルモーターズがスズキの株式の大半を売却したことに伴うスズキの輸入GM車取扱の中止に伴い、2006年一杯でワゴンの取扱も中止した。

エンジンはオーストラリアのホールデンが開発した2リッターエンジンを搭載している。 同クラスの国産車とは異なりトラクションコントロールやヘッドランプレベライザー、ワゴンのみにラゲッジパーティションネットを標準装備で設定される。グレードはモノグレードで、サンルーフと本革シートがそれぞれメーカーオプションで設定される。

海外での車名
  • 本国(韓国) - 大宇・ラセッティ(セダン/ハッチバック/ステーションワゴン)
  • 米国 - スズキ・フォレンツァ(セダン/ステーションワゴン)、スズキ・リーノ(ハッチバック)
  • カナダ - シボレー・オプトラ/スズキ・フォレンツァ(セダン/ステーションワゴン)、スズキ・リーノ(ハッチバック)
  • 欧州 - シボレー・ラセッティまたはシボレー・ヌビラ(セダン/ハッチバック/ステーションワゴン)
  • 南米(ベネズエラ/コロンビア/エクアドル/チリ) - シボレー・オプトラ
  • タイ/シンガポール/マレーシア/フィリピン/インド/南アフリカ共和国 - シボレー・オプトラ
  • ベトナム - 大宇・ラセッティ(セダン)
  • 中国 - ビュイック・エクセル(セダン)、ビュイック・エクセルHRV(ハッチバック)
  • オセアニア - ホールデン・ヴィヴァ
[ 2008/01/23 13:12 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(1)

GM Daewoo Gentra 0'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Gentra GMDaewooGentraCommercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
2005年の上海オートショーで世界初公開され、同年9月に韓国仕様車が大宇・ジェントラ (Daewoo Gentra) として先行発売された。ただし、今のところセダンのみのラインアップとなっており、ハッチバックについては先代のカロスが継続販売されている。なお、デザインはGMと上海汽車との合弁で中国に設立された汎亜汽車技術中心(PATAC)が担当している。

海外での展開については、北米では2006年1月のロサンゼルス・モーターショーで新型が発表され、同年夏に発売を予定している。また、オーストラリアでは同年2月にホールデン・バリーナセダンとして発売され、中国ではシボレー・ロヴァ (Chevrolet Lova) の名称で同年に発売された。さらにメキシコにもポンティアック・G3 (Pontiac G3) として投入される。

[ 2008/01/24 12:59 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Tosca (2) 0'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Tosca (2) DaewooToscaCoupleTVC.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
2005年12月に韓国仕様車が大宇・トスカ (Daewoo Tosca) の名称で発表され、翌2006年1月から発売を開始した。なお、この車名は公式には"Tomorrow Standard Car"の略であるとされるが、ジャコモ・プッチーニのオペラ「トスカ」という説もある。その後、シボレーブランド版が同年3月のジュネーヴ・モーターショーで発表された(今回から欧州向けもエピカのネーミングを使用)。また、豪州でもホールデン・ベクトラ(オペル・ベクトラの豪州仕様車)に代わってホールデン・エピカとして販売される。なお、V250型はスズキへのOEM供給は行われず、スズキ・ヴェローナは2006年モデルを最後に打ち切りとなった。

基本設計は先代のものを踏襲しており、横置きFFで直列6気筒エンジン(2000ccと2500cc)を搭載する。2006年3月には韓国国内向けとしてLPGガスインジェクション方式のLPG車も追加された。なお、ディーゼルエンジンも遅れて追加される予定である。

[ 2008/01/25 12:54 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Tosca (1) 1'30"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Tosca (1) GMDaewooTosca.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
2代目(V250型、2006年)
2005年12月に韓国仕様車が大宇・トスカ (Daewoo Tosca) の名称で発表され、翌2006年1月から発売を開始した。なお、この車名は公式には"Tomorrow Standard Car"の略であるとされるが、ジャコモ・プッチーニのオペラ「トスカ」という説もある。その後、シボレーブランド版が同年3月のジュネーヴ・モーターショーで発表された(今回から欧州向けもエピカのネーミングを使用)。また、豪州でもホールデン・ベクトラ(オペル・ベクトラの豪州仕様車)に代わってホールデン・エピカとして販売される。なお、V250型はスズキへのOEM供給は行われず、スズキ・ヴェローナは2006年モデルを最後に打ち切りとなった。

基本設計は先代のものを踏襲しており、横置きFFで直列6気筒エンジン(2000ccと2500cc)を搭載する。2006年3月には韓国国内向けとしてLPGガスインジェクション方式のLPG車も追加された。なお、ディーゼルエンジンも遅れて追加される予定である。

[ 2008/01/26 12:49 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Matiz (5) CM 0'27"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Matiz (5) CM 20071105125131.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マティス (Matiz) は韓国のGM大宇 (GMDAT) が製造する超小型車である。現在では韓国と一部の地域を除いてシボレー・マティス (Chevrolet Matiz) もしくはシボレー・スパーク (Chevrolet Spark) の名称で輸出もしくは現地生産されている。また、メキシコではポンティアック・マティスG2 (Pontiac Matiz G2) として販売されている。

2代目 (M200型)
2005年にフルモデルチェンジを実施し、二代目に移行。エンジンは3気筒800ccと4気筒1000ccの二本立て。 韓国国内では旧モデルの差別化から「オールニューマティス」と表記される場合がある。 2006年にノーマル仕様と若干外装などが異なるグレード「SE」が韓国国内で追加された。 日本では2006年にナゴヤドームで開催された名古屋輸入車ショウで初披露された。2007年には韓国内でキム・テヒがCMに出演し、CMに登場したマティスがオークションにかけられた。

[ 2008/02/12 12:50 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)

GM Daewoo Matiz ④ 0'27"

トップページGM DAEWOOカテゴリーGM Daewoo Matiz ④ 20071105125124.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マティス (Matiz) は韓国のGM大宇 (GMDAT) が製造する超小型車である。現在では韓国と一部の地域を除いてシボレー・マティス (Chevrolet Matiz) もしくはシボレー・スパーク (Chevrolet Spark) の名称で輸出もしくは現地生産されている。また、メキシコではポンティアック・マティスG2 (Pontiac Matiz G2) として販売されている。

2代目 (M200型)
2005年にフルモデルチェンジを実施し、二代目に移行。エンジンは3気筒800ccと4気筒1000ccの二本立て。 韓国国内では旧モデルの差別化から「オールニューマティス」と表記される場合がある。 2006年にノーマル仕様と若干外装などが異なるグレード「SE」が韓国国内で追加された。 日本では2006年にナゴヤドームで開催された名古屋輸入車ショウで初披露された。2007年には韓国内でキム・テヒがCMに出演し、CMに登場したマティスがオークションにかけられた。

[ 2008/02/13 12:28 ] GM DAEWOO | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。