スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

General Moters Series 1'00"

トップページGMカテゴリーGeneral Moters Series CM GMExceedingExpectations.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ゼネラルモーターズ (General Motors Corporation,NYSE:GM) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本社を置く企業で、2006年時点で世界最大の販売台数を誇る自動車メーカーである。アメリカのビッグスリーの一角。略称は「GM」

1908年9月16日に、ウイリアム・C・デュラントがミシガン州フリントで組織した持株会社がゼネラルモーターズである。ビュイック・モーター(1903年創業)の経営を1904年に任されたデュラントは、社長としてビュイックを全米有数の自動車メーカーにした。デュラントはゼネラルモーターズ創設後、1908年末にオールズモビルを買収し、翌年にはキャディラック、エルモア、オークランド(後のポンティアック)などを買収してGMの一部とした。その後もミシガン州周辺のトラックメーカーを次々買収するが、1910年には買収費用により100万ドルの負債を抱えたデュラントはGMの支配権を失い、バンカーズ・トラストが会社の支配権を握った。

デュラントはその後シボレーの創立(1911年)に関わり、GMの株を買い戻して1916年には社長に返り咲き、シボレーを翌年GMの一部とした。彼の背後には1914年に最初の投資を行って以降1950年代までGMに関与し続けたデュポン社の社長ピエール・S・デュポンがいた。

1920年にピエール・デュポンはデュラントを追い出してGMの実権を奪い、アルフレッド・スローンの経営によって現在に繋がる経営基盤が確立され、政争に揺れたフォードを抜いて世界最大のメーカーとなった。商品方針は「どんな予算でも、どんな目的でも」。このために複数のブランドを所有し、北米では最下段にシボレー(1990年からサターンがシボレーとは別にベーシックブランドとして登場した。また、ジオというブランドが最下層として存在した時期があった)、最上段にキャディラックを位置付け、巧妙なマーケティングと、それに直結したスタイリング戦略で衆目を引き続け、業界シェアナンバー1であり続けた。消費者はGMの提供する上級ブランドに魅せられ、GMの金融サービスによるローンやクレジットで高額のブランド車を買うようになった。GMはこうしてクレジット商法を拒んだフォードを突き放した。

1920年代から1930年代にかけてGMはバス製造会社イエローコーチを買収し、グレイハウンド社の創設を手助けした。またGMは1936年に石油会社スタンダード・オイル・カリフォルニア(のちのシェブロン)やタイヤ会社ファイアストンと共同で「ナショナル・シティ・ラインズ」を創設し、1950年までに全米各地の路面電車会社や電鉄会社を買収し、これをバス運送に置き換えていったが、これは後に自動車関連各社による鉄道縮小の陰謀として非難を浴びた。(Great American Streetcar Scandal、その正確性についてはパシフィック電鉄を参照)

GMは航空機製造に関心を示し、1930年にフォッカーの子会社アトランティック・エアクラフト・コーポレーション・オブ・アメリカを買収しゼネラル・アビエーション部門とし、1933年にはノースアメリカンを買収してノースアメリカンを存続企業としたが、1948年に株を公開し、これ以降航空機には関わっていない。

また初期のフォードは1つの車種を世界中で生産したが、GMは初期から各々の地域毎に多種多様な車種を供給し、そのために南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど世界中に生産拠点を設けた。1925年(大正14年)のアジアを視野に入れたフォード社日本進出に続き、1927年(昭和2年)から1941年(昭和16年)まで、大阪に日本法人日本ゼネラル・モータースを設立。シボレー車のアジア向けノックダウン生産および、販売サービスをおこなった。昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独壇場だった。

ドイツではGMはオペルを1931年に子会社とするなど活発な投資を繰り広げ、ドイツでの自動車製造を利益の大きな重要事業とみていた。ナチス台頭後はオペルはGMの支配を離れ、GMはイギリスの子会社ヴォクスホールなどを通じ戦車など軍用車両を製造して第二次世界大戦下で連合軍を支えたが、一方でオペルはナチスの欧州侵攻を支え、GM首脳グレアム・K・ハワードやジェームズ・D・ムーニーらはナチスに個人的に深くかかわり、ムーニーは戦争前にヒトラーから受勲するなどしている。

戦後、1950年代にはGMはアメリカ最大の会社となり、1953年には社長チャールズ・E・ウィルソンはアイゼンハワー政権の国防長官となった。1955年12月末には、GMはアメリカで最初に年10億ドル以上を稼ぐ企業となった。

1970年代以降、石油ショックによって小型車の需要が高まると、それまでアメリカ国内で開発して来た小型車(コーヴェア、ヴェガ等)をオペル、いすゞ等の開発協力を得たモデル(『Tカー』、『Jカー』等)に代替し、また、1984年にはトヨタ自動車との合弁会社『NUMMI』で小型車を生産するなどして、国際化を推進して行った。一方、1990年代前半は、アメリカの好景気を受けてフルサイズSUV・ピックアップトラックなどの販売が好調だったため、高い業績を維持していた。

しかし、近年では原油価格の高騰によるガソリンの値上げなどの影響で収益源の大型車を消費者が敬遠し燃費の良い小型車やハイブリッドカーにシフトする傾向にあり、またGM自体に小型車開発のノウハウが蓄積されてなく(例えば北米市場でのサブコンパクトカーの開発および生産は、かつてはスズキに、現在はGM大宇に行わせている)、この分野で日本車に水をあけられてしまい、そのため販売面で苦戦が続いている。また、過去の従業員の退職年金や医療費負担なども財務を圧迫し、格付け会社からは社債を「投資不適格」にランク付けされてしまった。この影響で、2005年10月中旬には系列の大手部品メーカーデルファイが経営破綻してしまった。このため、自動車ローンの金利優遇や、社員向け販売の価格での一般販売などで在庫処理を図っているのが現状である。

2005年10月になって、資本提携していた富士重工業の株式をトヨタへ売却した。2006年3月には、スズキの株式の大半を売却、いすゞ自動車の株式の売却などにより、資本の集中による経営改善を試みている。2006年7月には大株主投資会社トラシンダからルノー=日産アライアンスとの提携を推奨され協議に入った。これはトラシンダを率いる米投資家カーク・カーコリアンの意向といわれている。しかし、当初よりリチャード・ワゴナー会長以下GM首脳部にはその意思はなく、同年10月に交渉は終了した。売却資産は特別利益になっており、今後、急激な販売減による損失を相殺できた時点より反騰、経営は改善の方向に向かうと考えられる。ただし、今のところ肝心な販売高は回復しておらず、その建て直しが急務となっている。

1915年(大正4年)創業の梁瀬自動車が、輸入代理店として、GMのビュイック、キャディラックの販売を開始。ビュイックはビウイク号、キャディラックはカデラツク号だった。のち、シボレー号も販売開始。シボレーは当初よりシボレー(名訳である)。

1925年(大正14年)、フォード社が日本進出に進出、神奈川県横浜市に組立工場を開業した。GMは1927年(昭和2年)、大阪市大正区鶴町に日本法人日本ゼネラル・モータースを設立し、組立工場でのシボレー車のノックダウン生産と販売をおこなう。1941年(昭和16年)まで操業。フォード同様、日本だけでなく中国などアジア全体を視野にいれた進出だった。日本における影響は大きく、全国に渡る自動車販売サービス網を構築し、以後の自動車販売業界はここから発展したものである。昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独壇場だった。

1936年の自動車製造事業法施行により、国産メーカーのみに大量生産が許され、発展の余地がなくなり、1941年太平洋戦争開戦の年に日本から撤退。第二次世界大戦後、再びヤナセが日本市場の販売代理店を長期間つとめる。

現在、日本法人は日本ゼネラルモーターズ (GMJ) とゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン (GMAPJ) の2社がある。2006年より、恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿)から品川シーサイド(東京都品川区)へ本社を移転した。

GMはスズキの株式を20%取得していたが、2006年にその持ち株比率を20%から3%へ大幅に引き下げた。合弁企業CAMIオートモーティブ(カナダ)での生産や、スズキのGM大宇への出資は引き続き行われる。一方でスズキが行っていたシボレー・クルーズの生産やシボレー車の輸入については打ち切りが決定している。

  • 富士重工業→資本提携解消。保有株式の一部をトヨタ自動車へ売却。
  • フィアット(イタリア)→資本提携解消
  • いすゞ自動車→資本提携解消(のち保有株式の一部を伊藤忠と三菱商事が取得)。ただし業務提携関係は維持。
    • トヨタ自動車 - カリフォルニア州での合弁事業(NUMMI)、燃料電池車の開発など。
    • BMW、ダイムラー - ハイブリッドシステム「2モードハイブリッド」の3社共同開発。
    • アフトヴァズ(ロシア) - ロシアでの合弁事業(GM-AVTOVAZ)。
    • ボスホス - オートバイメーカー。自社製のV型8気筒エンジンを供給。
    • カノン - 同上。フォード・モーターとともに自社製エンジンを供給。
    スポンサーサイト
    [ 2007/11/30 17:27 ] GENERAL MOTERS | TB(0) | CM(0)

    General Moters 1958 1'12"

    トップページGMカテゴリーGeneral Moters 1958 1958GM.jpg
    blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
    ゼネラルモーターズ (General Motors Corporation,NYSE:GM) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本社を置く企業で、2006年時点で世界最大の販売台数を誇る自動車メーカーである。アメリカのビッグスリーの一角。略称は「GM」

    1908年9月16日に、ウイリアム・C・デュラントがミシガン州フリントで組織した持株会社がゼネラルモーターズである。ビュイック・モーター(1903年創業)の経営を1904年に任されたデュラントは、社長としてビュイックを全米有数の自動車メーカーにした。デュラントはゼネラルモーターズ創設後、1908年末にオールズモビルを買収し、翌年にはキャディラック、エルモア、オークランド(後のポンティアック)などを買収してGMの一部とした。その後もミシガン州周辺のトラックメーカーを次々買収するが、1910年には買収費用により100万ドルの負債を抱えたデュラントはGMの支配権を失い、バンカーズ・トラストが会社の支配権を握った。

    デュラントはその後シボレーの創立(1911年)に関わり、GMの株を買い戻して1916年には社長に返り咲き、シボレーを翌年GMの一部とした。彼の背後には1914年に最初の投資を行って以降1950年代までGMに関与し続けたデュポン社の社長ピエール・S・デュポンがいた。

    1920年にピエール・デュポンはデュラントを追い出してGMの実権を奪い、アルフレッド・スローンの経営によって現在に繋がる経営基盤が確立され、政争に揺れたフォードを抜いて世界最大のメーカーとなった。商品方針は「どんな予算でも、どんな目的でも」。このために複数のブランドを所有し、北米では最下段にシボレー(1990年からサターンがシボレーとは別にベーシックブランドとして登場した。また、ジオというブランドが最下層として存在した時期があった)、最上段にキャディラックを位置付け、巧妙なマーケティングと、それに直結したスタイリング戦略で衆目を引き続け、業界シェアナンバー1であり続けた。消費者はGMの提供する上級ブランドに魅せられ、GMの金融サービスによるローンやクレジットで高額のブランド車を買うようになった。GMはこうしてクレジット商法を拒んだフォードを突き放した。

    1920年代から1930年代にかけてGMはバス製造会社イエローコーチを買収し、グレイハウンド社の創設を手助けした。またGMは1936年に石油会社スタンダード・オイル・カリフォルニア(のちのシェブロン)やタイヤ会社ファイアストンと共同で「ナショナル・シティ・ラインズ」を創設し、1950年までに全米各地の路面電車会社や電鉄会社を買収し、これをバス運送に置き換えていったが、これは後に自動車関連各社による鉄道縮小の陰謀として非難を浴びた。(Great American Streetcar Scandal、その正確性についてはパシフィック電鉄を参照)

    GMは航空機製造に関心を示し、1930年にフォッカーの子会社アトランティック・エアクラフト・コーポレーション・オブ・アメリカを買収しゼネラル・アビエーション部門とし、1933年にはノースアメリカンを買収してノースアメリカンを存続企業としたが、1948年に株を公開し、これ以降航空機には関わっていない。

    また初期のフォードは1つの車種を世界中で生産したが、GMは初期から各々の地域毎に多種多様な車種を供給し、そのために南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど世界中に生産拠点を設けた。1925年(大正14年)のアジアを視野に入れたフォード社日本進出に続き、1927年(昭和2年)から1941年(昭和16年)まで、大阪に日本法人日本ゼネラル・モータースを設立。シボレー車のアジア向けノックダウン生産および、販売サービスをおこなった。昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独壇場だった。

    ドイツではGMはオペルを1931年に子会社とするなど活発な投資を繰り広げ、ドイツでの自動車製造を利益の大きな重要事業とみていた。ナチス台頭後はオペルはGMの支配を離れ、GMはイギリスの子会社ヴォクスホールなどを通じ戦車など軍用車両を製造して第二次世界大戦下で連合軍を支えたが、一方でオペルはナチスの欧州侵攻を支え、GM首脳グレアム・K・ハワードやジェームズ・D・ムーニーらはナチスに個人的に深くかかわり、ムーニーは戦争前にヒトラーから受勲するなどしている。

    戦後、1950年代にはGMはアメリカ最大の会社となり、1953年には社長チャールズ・E・ウィルソンはアイゼンハワー政権の国防長官となった。1955年12月末には、GMはアメリカで最初に年10億ドル以上を稼ぐ企業となった。

    1970年代以降、石油ショックによって小型車の需要が高まると、それまでアメリカ国内で開発して来た小型車(コーヴェア、ヴェガ等)をオペル、いすゞ等の開発協力を得たモデル(『Tカー』、『Jカー』等)に代替し、また、1984年にはトヨタ自動車との合弁会社『NUMMI』で小型車を生産するなどして、国際化を推進して行った。一方、1990年代前半は、アメリカの好景気を受けてフルサイズSUV・ピックアップトラックなどの販売が好調だったため、高い業績を維持していた。

    しかし、近年では原油価格の高騰によるガソリンの値上げなどの影響で収益源の大型車を消費者が敬遠し燃費の良い小型車やハイブリッドカーにシフトする傾向にあり、またGM自体に小型車開発のノウハウが蓄積されてなく(例えば北米市場でのサブコンパクトカーの開発および生産は、かつてはスズキに、現在はGM大宇に行わせている)、この分野で日本車に水をあけられてしまい、そのため販売面で苦戦が続いている。また、過去の従業員の退職年金や医療費負担なども財務を圧迫し、格付け会社からは社債を「投資不適格」にランク付けされてしまった。この影響で、2005年10月中旬には系列の大手部品メーカーデルファイが経営破綻してしまった。このため、自動車ローンの金利優遇や、社員向け販売の価格での一般販売などで在庫処理を図っているのが現状である。

    2005年10月になって、資本提携していた富士重工業の株式をトヨタへ売却した。2006年3月には、スズキの株式の大半を売却、いすゞ自動車の株式の売却などにより、資本の集中による経営改善を試みている。2006年7月には大株主投資会社トラシンダからルノー=日産アライアンスとの提携を推奨され協議に入った。これはトラシンダを率いる米投資家カーク・カーコリアンの意向といわれている。しかし、当初よりリチャード・ワゴナー会長以下GM首脳部にはその意思はなく、同年10月に交渉は終了した。売却資産は特別利益になっており、今後、急激な販売減による損失を相殺できた時点より反騰、経営は改善の方向に向かうと考えられる。ただし、今のところ肝心な販売高は回復しておらず、その建て直しが急務となっている。

    1915年(大正4年)創業の梁瀬自動車が、輸入代理店として、GMのビュイック、キャディラックの販売を開始。ビュイックはビウイク号、キャディラックはカデラツク号だった。のち、シボレー号も販売開始。シボレーは当初よりシボレー(名訳である)。

    1925年(大正14年)、フォード社が日本進出に進出、神奈川県横浜市に組立工場を開業した。GMは1927年(昭和2年)、大阪市大正区鶴町に日本法人日本ゼネラル・モータースを設立し、組立工場でのシボレー車のノックダウン生産と販売をおこなう。1941年(昭和16年)まで操業。フォード同様、日本だけでなく中国などアジア全体を視野にいれた進出だった。日本における影響は大きく、全国に渡る自動車販売サービス網を構築し、以後の自動車販売業界はここから発展したものである。昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独壇場だった。

    1936年の自動車製造事業法施行により、国産メーカーのみに大量生産が許され、発展の余地がなくなり、1941年太平洋戦争開戦の年に日本から撤退。第二次世界大戦後、再びヤナセが日本市場の販売代理店を長期間つとめる。

    現在、日本法人は日本ゼネラルモーターズ (GMJ) とゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン (GMAPJ) の2社がある。2006年より、恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿)から品川シーサイド(東京都品川区)へ本社を移転した。

    GMはスズキの株式を20%取得していたが、2006年にその持ち株比率を20%から3%へ大幅に引き下げた。合弁企業CAMIオートモーティブ(カナダ)での生産や、スズキのGM大宇への出資は引き続き行われる。一方でスズキが行っていたシボレー・クルーズの生産やシボレー車の輸入については打ち切りが決定している。

  • 富士重工業→資本提携解消。保有株式の一部をトヨタ自動車へ売却。
  • フィアット(イタリア)→資本提携解消
  • いすゞ自動車→資本提携解消(のち保有株式の一部を伊藤忠と三菱商事が取得)。ただし業務提携関係は維持。
    • トヨタ自動車 - カリフォルニア州での合弁事業(NUMMI)、燃料電池車の開発など。
    • BMW、ダイムラー - ハイブリッドシステム「2モードハイブリッド」の3社共同開発。
    • アフトヴァズ(ロシア) - ロシアでの合弁事業(GM-AVTOVAZ)。
    • ボスホス - オートバイメーカー。自社製のV型8気筒エンジンを供給。
    • カノン - 同上。フォード・モーターとともに自社製エンジンを供給。
    [ 2008/01/08 17:07 ] GENERAL MOTERS | TB(0) | CM(0)
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    コミュニティ・ツール
    ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。